シエスタはリフレクソロジー、 フットトリートメント、女性のお客様限定ボディトリートメントで注目の腸セラピー、男性のお客様にも人気のヘッドセラピーなどの施術メニューに加え足がとても快適な手作りインソールも人気です。
メインメニュー
2019-12 の記事

血液を温めるには?

体の中を整えて冷えない体を作りましょう。
前回は、全身を巡る液体となる血液、リンパ液が温まると
基礎体温が上がり冷えにくくなるお話をしました。
そして【血液、リンパ液を温める】=【血液、リンパ液の流れを良くする】となります。
それではまず始めにすることは
ストレッチ
何故ストレッチは必要?
それは人間の体は機能的にできている反面
多くの関節があり血流やリンパの流れが滞る原因にも
なってしまうからです。
股関節、肩関節、肘関節、手首、膝関節、足首、手足を動かす関節
有らゆる関節を意識したストレッチが
冷えない体作りには不可欠です。
★ 関節の可動域を意識する
股関節、肩関節、手首、足首など可動域が大きい関節は
可動域を充分活かした大きな動きのストレッチが有効です。
肘関節、膝関節など一定方向にしか曲がらない関節は
そのポイント部分がしっかり伸びたり縮んだり
するストレッチが有効です。
★ ストレッチする関節に意識を集中
体の動きと脳は密接です。
だらだら動かすのではなく
今動かしている関節は股関節!と意識する事で
脳は敏感に情報をキャッチして有意義なストレッチができます。
★ 呼吸がとても大切
ストレッチはゆっくり行います。
早く回数を多くしてもあまり効果的ではありません。
大きな呼吸を繰り返しながら動かすと可動域も広がります。
※呼吸は鼻呼吸で行います。
風邪、インフルエンザが流行るこの時期ウィルスが進入するのを
止めてくれるのは鼻呼吸です。
大きな呼吸は内蔵のマッサージにもなるので
血流を促す大きな役割にもなります。

Posted at 2019年12月12日 19時04分44秒

冷えを溜め込まないコツ

日に日に寒い日が増えてきました。
冬は防寒から着る物も多くなり肩が
こりやすいですね。
女性にとって冬のお悩みと言えば
冷え、むくみ、肩こり、踵のガサガサ
これらに共通する原因があります。
それは【血液の冷え】です。
寒い=防寒する それも大切なポイント
特に足元には冷気が溜まります。
顔や体はぽかぽか火照っていても
足元は想像以上に冷えています。
足先だけではなく
足首、ふくらはぎ、膝までの冷え
対策が大きな効果を発揮します。
湯船に浸かって体の芯から温めても
寝る頃には寒さを感じる。という
お客様が結構いらっしゃいます。
そこでおすすめしたい【血液を温まる】
体を巡る全身の血液は何故冷えるのでしょう。
人間の体は血液の他に重要な水分となる
リンパ液が血液と同じく全身を巡っています。
リンパは病原を食い止めてくれたり
免疫力を発揮してくれたり
大きな仕事をしてくれます。
でも流れが悪いと充分な働きが
できず疲れやすかったり
体調が優れなかったりします。
血液は心臓の動脈から送り出された大量の
血液が体の各細胞に酸素と栄養を
運び届け、体に不要な二酸化炭素や老廃物を
回収する静脈(細い血管)で循環しています。
血液もリンパ液も液体です。
冷たい液体と温かい液体
全身を巡る液体がどちらなら
冷えないか?
そう考えると答えはひとつ。
温かい液体に覆われている体は
冷え知らずになれるということです。
体内を流れる血液、リンパ液が
温かい=血液、リンパ液の流れが良い
という結論になります。
次回は私がおすすめする【血液の温め方】についてお話します。

Posted at 2019年12月11日 19時29分45秒