シエスタはリフレクソロジー、 フットトリートメント、女性のお客様限定ボディトリートメントで注目の腸セラピー、男性のお客様にも人気のヘッドセラピーなどの施術メニューに加え足がとても快適な手作りインソールも人気です。
メインメニュー
2018-03-01 の記事

疲れない靴選び

足の形は皆んな違うのに売っている靴は23僂箸24僂覆病長サイズで選ぶしかありません
足囲の目安としてE,EE幅広タイプはEEE一般的に3Eと呼ばれるものなどがありますが
靴のデザインやメーカーによっても様々です
そこで疲れない靴選びのポイントとなるのが
〃つ譴厚みがしっかりしている
地面から受ける衝撃を吸収してくれる靴底は大切なポイントです
私はスニーカーはもちろん、靴底に厚みが欲しいパンプスやブーツなど少しヒールのある靴にもインソールを入れて履いています
今ではインソールなしで靴を履くと裸足で歩いているような気持ち悪さを感じるほど
インソールは快適に過ごせる必須アイテムです
踵を覆う部分が固くしっかりしている
柔らかい靴は足がグラグラと不安で負担が大きく腰、膝を痛める原因にもなります
踵が安定しないと全身のバランスを取ろうと余計な力が入るので
歩いているととても疲れる、長い間歩けない状況になりやすいです
7い諒屬靴ある
靴の爪先と踵を両手で持ち靴を反らした時に爪先が柔らかく反るものが理想です
数年前に厚底ブーツが流行りましたが返しがないのでズルズル引きずるように歩いていると
女の子をよく見ました
血行が悪くなり脚が太くなる原因にもなる歩き方です
しっかり足首が返る歩き方ができるには靴の爪先の返しが大切なポイントです
ど広=楽な靴は間違い!
足が靴の中で余裕があると履いた瞬間は[楽で快適]と感じますが
実際歩いてみると、靴の中で足が前滑りして指にタコができる原因になります
長く繰り返すと外反母趾を引き起こすことにもなり兼ねません
足の親指が一番長いタイプ、人差し指が一番長いタイプと色々タイプは違っても
大切なポイントは靴の中で指がしっかり動かせる事です
その為には足幅が最も広い部分(足囲) ※親指の付け根の丸い関節と小指の付け根の丸い関節
この足囲がしっかりガードされて指が前滑りしない靴を選びます
ここでもオススメしたいのはインソールです
市販の靴で足囲がピタッとガードしてくれる靴に出会うのは難しいので
ご自分の足に合ったインソールを入れると足取り軽く快適に歩けます

只今キャンペーン中☆☆☆\12000 ➡\9600

Posted at 2018年03月01日 19時02分49秒