一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
つぶやき

梅君はもうすぐ休暇に入ります

 さて、事務所は・・・ぼちぼち忙しくなってきました。
商業施設(ビル)の基本設計も、形が決まって来ましたが、修正で忙しく( ゚Д゚)見積もりもずんずん集まり・・気が付くと「あれ?忙しい?」という感じです。

6月に入ると梅君が受験の為に週3日専門学校へ通います。

6月最後の週は1週間の休暇を与えましたので、上手く仕事をこなしながら休みに入り、受験に向けて頑張って欲しいと願っております。


 という理由で、当然忙しい。学科に合格すれば実技(図面)が入るから、また出勤を調整しなくてはならない。絶対に合格して欲しい。落ちて来年もなんて・・・怖いなぁ・・・

 ここへ来て友人たちの何人かは住み替えや建て替えが始まりました。50歳を過ぎ、子供達が独立して2人きりになり広い部屋が不要になった&ここらで新しい設備やサッシになれば、終生の住処になるという考えです。

とりあえず慌てていない、まだ子供達が独立目前の人からも相談(雑談程度)が入っています。3〜5年後が目途ですが、段々と手が離れ考える時間と余裕が生まれてきたのでしょう。これで孫でも出来るとまた子守に忙しくなるし(望む所ですが)今なら少しづつ考えられるというのが本音でしょうね。

うちが忙しいのを考慮してくれるという事で時間を頂いてプランニングです。ゆっくり、じっくりとです。


Posted at 2018年05月22日 23時58分36秒

役所という所は意外にも・・・

 また国会でモリカケが始まり、内容などで「陳情」とかありますね。それについてです。

うちの事務所も、ここに引っ越す以前に財務局から土地を購入しました。うちが購入したと聞いた友人も物納物件などに興味を持ち、何人かはそれを購入しました。

財務局でなくても、地方の入札(払い下げ)などを目にされた事があると思います。新聞や広告でもあります。今はネットが主流ではあります。

こういった物件は・・・余り触手が動かない物も多いのですが、まれに「いいね!」という物件もあります。そういった事に素人として突入した経験or身近な意見ですが、時間が経っているので今がどうかは知りません。という事で参考程度でお願いします。

 国家公務員がお身内にいらっしゃる方には「あるある」なんですが、例え家族でも重要な案件に関わっている場合は、おっそろしく口は重く、しゃべりません。ですから他人であれば、ほぼ皆無です。そこを前提に読んで下さい。

財務局で払い下げなどを購入の際に、やたらルールが厳しい事もあり、通常不動産屋に依頼される方も多いです。が、個人でも買いたいなどの強い意志を持ち、熱心にルールや方法を質問すると懇切丁寧に教えてくれます。

足げく通い、顔見知りになれば相手も人間です。忖度はしてはくれませんが、ざっくりと何月頃に来ると新しいのが出るよ程度の事は教えてくれます。今はこういった払い下げ物件も銀行で融資が受けられますが、昔は銀行では不可。一緒にどこへいけば借りられるか?知恵を絞って考えて頂けた方もいます。

 少し前の話ですが、友人が個人で登記しようと法務局へ出かけると、新築の場合は書士さんに頼んでと言われたそうです。まだ漢数字で登記をしなくてはならない20年ほど前は、自分でできました。うちのそうですが、他の設計士さんもご自身で登記された方は多いです。

そういう表示登記などで必要なのは、完了検査の葉書なんですが、中には工務店とトラブり(といっても施主に非はない)嫌がられせで完了の証明を出さないという最悪の事がありました。

はっきりといえば「もっとお金を〜」です。契約以上金額を変更なしの物件で支払う必要はなかったので、当然支払い拒否。今みたいに完了検査済証がきっちりと必要でなく、当時は元請の証明で表示登記。なんですが、設計士が不在(工務店内)。設計施工の分離発注でなかったので、他に証明を書いてくれる人がいなくて登記ができない。

しかも、期限までに引き渡しを受けないと融資が受けられず。さあ、困ったという事で、何度も法務局に通い、事情を話すうちに、最後は上の人まで話が伝わり、融資リミットぎりぎりの前日に本登記完了。通常1週間程度はかかる流れを優先して3日で終えてくれたそうです。

 非情にレアなケースですが、やはり根気よくお願いするという行為も大切です。勿論、本人に非が無いという条件付きですけれど。

 色々とお役所仕事だとか言われる立場では有りますが、モリカケでも個人でも、人の熱意と信念は必要ですし、役所にお勤めの方も鬼じゃない。ただ国民の財産を預かっているので、ルールを重んじるのは仕方が無いです。それでもやはり、どこかに人情はあると信じられた出来事ですね。


Posted at 2018年05月11日 00時22分53秒

カシオ〜カメラから撤退(ショック)

 カシオさんがカメラ事業から撤退!というショッキングなニュース。ええ〜〜、何で?

カシオさんのカメラは本当に写りが奇麗で、広角やハイスピードがあの小さなボデイーにぎっしりのスペック高め。特に建物の点検などは、地上から8階程度の距離でも、ベランダ側のクラックや塗装浮きもはっきりと写る優れモノ!!!ボルトの根元とかも鮮明に写るので、検査の時に大助かりです。・・・が・・・撤退・・・・・・?

ショックがでかい〜〜。

 全景も他のカメラと違い、30階以上の建物もきっちりと入るんですよ。しかも、タフ!何回落としたか分からない。

うーーーん、買い足しとこう!それしか無い。


Posted at 2018年05月10日 23時44分12秒

サブリース

 サブリースって何?という方もお見えだと思いますが、所謂一括管理で家賃保証と銘打たれている「又貸し」物件です。間に大小の違いはあれど、不動産関係か建築業を挟んで大家さんがお金を受け取る形になります。

ある意味、オーナー様方にとっては面倒がなく素晴らしいシステム。ある意味では、建築条件が外せないという、建築関係にとってはおいしいシステムです。

 日経などを読んでおられる方はこのサブリースでスマートデイズが民事再生を行ったという事をご存じだと思います。オーナー様はアッパークラスが殆どのようですが、ここで問題もあり、銀行融資を受ける際に自己資金を水増しされていた方もいらっしゃる様です。ニュースには700人のオーナー様が存在してるとの事。税理士さんや会計士さん、銀行関係の方なら自己破産すら出来ないでしょう。地獄です。

 まず簡単に言えば、30年の借上げ家賃保証は普通に破棄できます。景気の良し悪しや交通に因る路線価格の変動で、固定資産税が10年後も同じとは限りません。ましてや経年劣化や災害に因る破損や倒壊の可能性もあります。年齢によっては30年後に生きているとは限りません。
感覚的ですが5年毎周期の契約見直しで有れば、問題は生じないと思います。

今回はシェアハウスという名目でアパートが建てられたようですが、ここの図面にシェアの定義である共同リビングは有りません。交流がない場合はシェアではありませんので、そういった所への客付け(入居者募集)の依頼も出来ません。

また2500〜3000万円程度の木造建築が7000万円ほどだそうです。アパートなどは水回りの設備や扉の数が必要ですから、一般住宅よりは高いのですが・・・倍は厳しいなー

 工場組み立てなどが出来る大手さんなら6〜7割の粗利。小さな工務店さんなら3〜4割の粗利ですが、この場合は9割の粗利かな?金融庁も動いているとの事で大変な数字です。

記事が出る度に、読めば読むほど唖然とします。

いやね、本当に止めて欲しい。こういった事があると結局迷惑が掛かるのは、きちんとした方々なんですよね。法律関係や融資が厳しくなるだけで、真面目な大家さんや建築関係は辟易とするだけ。

 このかぼちゃの馬車のオーナー様には申し訳ないのですが「何で設計士に相談すらしなかった?」と突っ込みたいです。図面と仕様書を見ればデタラメな建築費なんて論破されたと思いますが、日本では海外と違って建築士より工務店に相談しちゃうんでしょうね。ただ知り合いに工務店さんがいらっしゃれば、そういった人に相談しても良かったのでは?と考えます。

もし相談料金や報告書が発生してもマックス3万程度。人生が狂う金額ではないと思います。

色々な投資の話を聞いたり計画する事はとても素晴らしい事と思いますが、無理はないか?おかしくないか?という立ち止まる姿勢も大切ですね。早く解決する事を望みます。


Posted at 2018年04月14日 23時16分05秒

っ・・・浜松ったら

 北へ南へ・・・では有りませんが、昨日は静岡県藤枝へ美容室の完了検査へ出かけていました。

前回は朝から役所巡りでしたので新幹線で出かけたのですが、場所が駅から遠くてちょっと大変でした。今回は昼から検査との事で、車で出かけました。

 途中の浜松サービスエリアにて



思わずおやつに買ったけれど、流石浜松!天晴です。

しかし、何かを思い出すクラ君。うーん、うーん・・「あ、ウナギイヌ♪」寝てない割に頭は冴えていたみたいです。年齢バレバレ(笑)

 検査は無事終了ですが、1日がかりの移動。そして本日は朝も早くから岐阜へ・・・今週は出張が多い週です。


Posted at 2018年04月11日 01時46分24秒

花見とケーキ

週末金曜日、珍しく梅君が居残りしていました。今は建築士試験に向けて土日は勉強に集中しているようなので、片づけておきたかったんでしょうね。

 先週は多治見市役所へ出かけていたクラ君。ニコリスさんへ寄り、娘のケーキをお願いしてきました。抹茶にホワイトチョコと大納言♪メッチャ美味しかったです。



来週も多治見市役所へ出かけるので「また買ってこようか?」とクラ君。嬉しいけれど、うちの娘夕飯も食べずにケーキばかりなんですけど・・・困った娘だ。口当たりが軽いからあっという間に完食しておりました。

 花見にはなかなか行けず、通りがかりの鶴舞公園の通りでパチリ。綺麗です。



 怒涛の忙しさから少し落ち着いた事務所は静かです。クラ君は明日の昼までに図面を仕上げれば嫁が観たがってた映画「空海」にお付き合い頂けるようで・・・半日でも休みが取れるとは嬉しい限りです。


Posted at 2018年04月01日 00時44分13秒

今週は・・・

 さくら満開の名古屋ですが・・・クラ君はセンター通いが続いております。

取りあえず・・・毎日。

明日は豊田です。商業施設の打ち合わせと役所へ寄ってきます。今週は+して富山にも行かなくてはならないかも・・・

 今週車の免許を取って湯気も冷めやらぬ初心者の我が子に「豊田まで送ってくれる?」
嫁は驚きすぎて鼻水垂らしそうでした。

「いやいやいや・・・怖すぎるでしょ?豊田〜岡崎辺りって事故多いでしょ?」

 こう考えると我が家の子供達も大きくなったと感慨無量。車の運転を心配する日がやって来るなんて、仕事をしていたら知らぬ間に大きくなっていました。


Posted at 2018年03月28日 00時45分42秒

外構の見積もり

 春はどこへ?といった具合ですね。八王子が雪とか聞いても、有り得ると納得してしまう私達です。

 さて週の頭のクラ君は・・・商業施設の図面図面、1日だけ昔の建てた小さなビルの調査。そして図面。ちょいとお疲れでした。

梅君は、うちが約20年弱前に手掛けた住宅の外構が古くなり、お客様から相談があったので、業者さんを伴い現場へ・・・








日焼けで随分と木が劣化しています。業者さんに見積もりをお願いすると同時に、お施主様がご自身で行った場合の見積もりと両方を考えながら提案する。やり方を幾つか考えながら頑張って!


Posted at 2018年03月22日 01時06分38秒

国会と消費税10%の後

 東京では桜の開花宣言が行われましたが、名古屋城周辺は昨日の段階でこんな感じです。



まだまだ、全然です。ただ春の季語、初カツオ。



藁はないのですが、炭火でも十分に生臭さが消え、ほんのり炭の香りが漂いました。

 さて・・・余り政治的な事については無関心なんで、ブログに書く事は少ないのですが・・・人様に「何が問題なのか?」と問われ、森友について答えました。

全文を読んだ方は理解をされているようですが、値引きについてです。

簡単に言えば、民間と同じくゴミがあったから裁判になるよりは賠償責任として引いたよ。市場原理に基づいて、売りたいけれど瑕疵が認められたから値引きしました。という事です。あと学校の認可が大阪から下りている。この点ですね。私立学校なので、営業が行えなれば責任問題が発生すると考えるとしっくりといきます。

 まあ、国の土地の払い下げは過去郵政の払い下げなど、何度も「安すぎる!」と問題になった事を思い出して頂ければご理解頂けると思います。

それと財務省の文書の書き換えは別。こちらは管轄外ですので、早くどうしたら今後に生かせるのか?内閣の責任?より、公務員法の新しい法律を作ってください。立法府なので・・・

いや、もう本当に・・・書き換え以外に何か問題あるのかな?

建築業や不動産業関係者としては、

秋の消費税10%に上がった際に、住宅などの新たな税制優遇を話し合って欲しいです。


Posted at 2018年03月19日 20時12分33秒

震災から7年

 3月11日でした。今日の名古屋はウィメンズマラソンが行われ、上小田井へ出かけようとしたら東レ愛知の前で渋滞に巻き込まれました。

今日は東北の大震災から7年。悲しみが失われる事はなくとも、段々と生きる意味を噛み締めたり、日常の中で何を主にして行動するか?など、直後とは少しづつ変化し進んでいるのではないでしょうか?

 不幸と言うのはあってはいけませんが、遭遇してしまった場合、人を強くしたり、日常の普通の日々に感謝できたりします。自分よりも年下の人を亡くした場合、泣く積りがなくとも涙が溢れ、理不尽さに感情のぶつけ所は無く、日にち薬しか立ち直るのは難しいと思います。

しかし、亡くなった方も生きたかったと思います。
残された人に出来る事は、如何に人生を楽しんだのか?冥途への土産話を一杯抱える事ではないでしょうか?大きく人様の役に立つとか、世の中を変えられなくても、小さな出来事に手を貸したり、自分なりの良かったを感じる事が供養になると考えます。

先日、火箱さんと仰る当時の陸幕長さんが、個人の判断で被災地へ自衛隊を動かして派遣した話を読みました。首を覚悟の行動だったそうですが、1万9000人が救えたそうです。本当に素晴らしい事です。

ここ名古屋も南海トラフ地震について、いつ起こるのか?分からない状態です。

 防災グッズは勿論ですが、ご自宅の中の避難経路は如何ですか?
トイレや脱衣所などの扉。荷物などが崩れてきて、扉が開かないなど予測されるトラブルはありませんか?

建物の検査へ出かけると、防火扉の前に荷物などが放置されていたりします。公団などでは、共用部分に自転車や大きな鉢の観葉植物、廊下の幅を90センチ以下に塞ぐ室外機、エレベーター前に放置自転車。特に自転車や鉢植えは危険です。

 ビルなどお客様の目に触れない所での段ボール(荷物)こういった物品放置は、地震だけでなく放火を含めた火災の危険性も増します。

もしも玄関などが歪んで外へ出る事が出来なかったら?など細かい事を含めて、日頃から「もしも」を集めておいた方がいいと考えます。


Posted at 2018年03月12日 02時47分39秒

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ