一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2017-12-11 の記事

急募について

 金額について指摘を受けまして

実はネットで募集の中に記載されている金額は、「もしもこういった中で一番基本となる金額を書いて下さい」「詳しい事は面接の中で説明をしてください」という説明でした。

例えば資格を取得したばかりで経験値が全くない
平均的に10の事をこなす必要はあるが、体力的な問題やスキルの問題で指導が必要

それに対して

この内容なら他社で何年間経験しています。
この内容自体は初めてですが、資格取得後〇年、体力もあります。
設計士として独立して何年ですが、こういった仕事に興味があり、月に〇案件ならこなせます。

など当然個々で違うと思います。

そこを、きちんと話し合い日当、月給、出来高制などに分けたいと思います。出来高制ですと当然スキルを求められますが、やりがいのある金額になります。

確かに、資格者にとっては不安な時給でしか掲載出来ていないのですが、基本は向き合ってお話をさせて頂きたいと考えております。


Posted at 2017年12月11日 22時35分29秒

広さ九州並

 寒い・・・冷える・・・最近めっきり顔の毛が白くなったクルミ部長(推定80歳)暖房の前から動きません。

 さて、相続放棄地や家屋を古いままで放置する土地が増え、その広さは九州に匹敵するとか!そういった土地には、柱などが腐っている家屋も多く危険がある場合は大変困ります。そういった事への対策に、固定資産税を更地の価格にする。更に自治体が借上げを行うなどの対策に乗り出してはいます。

が・・・

固定資産税を6倍にしたからといえ、逆に払えてしまう人もいます。払えなければ物納物件で払い下げも出来ますが、払えちゃったらどうるの?ずっとそのまま?など、疑問が残ります。

 豊田市は火災(放火)を機に、取り壊しが出来る様に改定したみたいですが、名古屋はまだですね。実は昔は「どんぐり広場」としていたのです。

 私達の子供の頃、今から40年ほど前はあちこちに空き地があり、ドラえもんの世界のように土管が置いてある場所も一杯ありました。空き地をすり抜けて行くと、ここから名古屋駅はあっという間なほどです。

その所々は「どんぐり広場」でした。

子供達の公園にすると固定資産税が6分の1になり、空き地のまま管理出来たのです。所が「子供の声がうるさい」という苦情が多くなった事。実際にもめる、喧嘩になるなどの問題。加えてバブルの頃に土地の値段が倍、3倍と上がり、名古屋駅や栄にもアクセスが近いこの辺りは一気にどんぐり公園が消滅しました。

 最近は時間でのコインパーキングなどにして売る時を図ったり、兄弟で分筆分が決まるまで利益を暗分する方も増えました。

どんな方法がいいのか?分かりませんが、個人的な見解ですが・・・もし自治体が借り上げるのであれば災害に役立つ建物がいいですね。今の避難所は学校の体育館など老若男女一緒ですし・・・

災害があった時に近隣の市町村で協力出来る。緊急性の高い、例えば人工透析の方や抗がん剤の方。寝たきりの方などを建物ごとに分けて病気の相互扶助が行える物があればとても社会の役に立つと思います。


Posted at 2017年12月11日 22時20分40秒