一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2017-09-17 の記事

Jアラート

 昨日は朝ご飯を食べなきゃ・・・と、ぼ〜っとしながらニュースを観ていたら「Jアラート」

 画面が切り替わり「窓のない部屋に」というアナウンスを聞き「ん?」と思った建築関係者は多かったはず。アパートやマンションなどの集合住宅ならば、例えばトイレや共通の廊下などがあると思いますが、基本的に個人住宅でどこに逃げればいいの?と考えました。

建築基準法で彩光があるので、窓のない部屋なんて無理です。小屋裏(ロフト)とかになりますね。
大体日照権で揉める事もあるのに、何をアナウンスしているのかな〜と冷めた目で放送を聞きました。最近の住宅は2重ガラス窓が多いというか、基準ですね。網入りですと飛散防止の効果が高いです。子どもの頃は薄いガラスが多いので、戦時の名残で飛散防止に障子や習字用の紙を貼ってあったり、ガムテープを貼ってあったお宅も見かけました。

今ならおしゃれな飛散防止を兼ねた商品も多く販売されていますし、目隠しタイプの物を貼っておくと普段から安心ですね。

 Jアラートについてですが

 先日娘が新潟に居た際にもJアラートが鳴ったのですが、娘の友人は飛び起きて「え〜〜!!キャー」というかギャー!という感じだったそうです。・・・娘?寝てました(笑)お腹の中でも生きているのか不安になる程のタイプ、生まれてからも全く動かずに寝ていましたよ。はい、そんな子です。

兎に角Jアラートに全く気が付かず、友人の叫び声が続いてたから起きたそうです。で・・・寝た。嫁の個人的な感想ですが、消防車位に「カンカン・・・」と鳴らないと気が付かない人が多い気がします。昔の空襲警報や鐘じゃないとビックリもしないな〜。寝ていたら・・・クラ君はこの程度の音じゃ起きないと思います。ま、男性って赤ちゃん泣いていても殆ど起きない人が多いでしょうね。


Posted at 2017年09月17日 01時21分11秒