一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2012-01-06 の記事

アヤ・ソフィア

 まだ、新しいこのページに慣れていません。つい以前のパスワードを手が勝手に入力してしまったりと少々慣れるまで、こちら側に不便がありますが、頑張ります。

本日クラは事務所が多く、KURA嫁は正月明けの慌ただしさに暮れております。近年にない位に「おしょうがつ〜」を満喫したせいか、体が動かず(^^ゞ・・・年のせいもありますね。

 本日は、先ほどまで「アヤ・ソフィア」を観ていました。

美しいですね。ジャカルタの遺跡も奈良の建造物との関連性の検証というか、台湾大学の方の説明が解りやすくてよかったです。
もともと日本はシルクロードからの唐(中国)を経て大陸の多くの文化が伝わってきましたが、稲作などは南アジアの遺伝子が伝わっている。確かにタイやベトナムは悠久の時代より稲作文化ですから、その後に文化が伝わってきたとしても不思議はないですね。

むしろインドネシアのように、ゆったりとした人々が暮らす国から、建築も伝わってきたと思うと嬉しい限りです。

アヤ・ソフィア。
トルコは親日国という事もありますが、こちらも美しい文明を持ち、美しい建築に囲まれた国です。いつか洞窟のホテルに泊まりたいと思って、訪ねたい国の一つです。

やはりタイル画が美しい。宗教的な神々しさも加わって、キリスト教とイスラム教が混在している姿は画面を通しても荘厳の一言です。金閣寺とは違いますが、金や多様な色が使われている割には思い浮かぶのは日本建築にイメージが重なります。

日本には幸い多くの文化的な建築や絵画、彫刻などがあり、修学旅行などでも目にする機会が多い国です。特に名古屋から京都は30分程で着くので、子供の頃から訪ねる事も多くありました。(昔は45分ですが・・・)

そういった意味では多くの歴史的なものに触れて大人になり、自国の文化を理解でき、仏教的、八百万の神々を自然に受け止めていける土壌があります。それに加えて、他国の宗教や文化に対しても教えに関係なく訪れたり、立ち入ってその雰囲気を感じようとする民族です。

イタリアのローマへは行った事があり聖堂の誰でも入れる場所までは行きました。(奥は信者の方だけです)

息子がイタリア研修があるそうですが、キリスト関係の学校は中まで入れるそうなので、ぜひその荘厳さに触れてきて欲しいと願っています。多分、一生忘れられないのでは?と思います。

モスク関係に入った事は残念ながら有りません。(中村区にあります)

中東は渡航注意や色々な意味で訪れる事はなかなか出来ませんが、トルコは行ってみたい国。訪れてみたい場所です。

みなさんが憧れる国や場所。行ってみたい場所はどこですか?

また日本の景気が良くなって、色々な国を訪ね、感じられますようにと願います。



 
 


Posted at 2012年01月06日 23時28分19秒  /  コメント( 0 )