一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2017-07 の記事

春日井にヒアリ?

 今日は東海の板倉へ出かけて、以降はずっと図面でした。

 先日から話題(?)のヒアリ、ファイヤーアンツですが、この蟻を知ったのはアメリカドラマの「CSI]でニックが誘拐されて棺桶の中に閉じ込められ、棺桶ごとベガスの砂漠に埋められた2週に渡る作品の中で知りました。このシリーズの主題歌は、ロンドンオリンピックでも披露されたザ・フーの「Who are you]です。

主任の昆虫の博士号を持つグリッソムの説明に、「あんな怖い蟻がいるんだー」という感じ。それが春日井に!!!ち・・・近い(((+_+))))ブルブル

一番怖いのは日本の緯度と変わらない中国で越冬が出来たみたいです。

 最近読んだ雑誌の中で(ちょっと忘れました)フランスの外人部隊に属していた人がヒアリについて説明をしている文章です。うろ覚えではありますが、噛まれると白く患部が広がるようです。

但し以下の事は絶対ではないと思いますので(何せ傭兵ですから一般人とは体力も違います)噛まれたら病院へ連絡して、医師の指示を仰ぐのが最善です。

5分ほど流水、石鹸で患部を清潔にした後に消毒薬を吹き付けたり副腎室ホルモンの塗り薬を塗るなどして10分くらい様子を見るそうです。30分で呼吸や汗などの変化があれば病院へ行くなどと書いてありました。うちの子はアレルギー持ちなので抗ヒスタミンなどが良いみたいです。
ベトナム軍だったかな?彼らは日本製の消毒薬ケースを持っていると書いてありました。

春日井は工業地帯ではありますが、まだ静かな所も多く、庭のある家も多い場所です。繁殖したらやはり怖いです。子供の外遊びや犬の散歩も怖いですね。

 ヒアリは電気系統を噛んでショートさせ出火する事もあるそうです。家も木造であればシロアリみたいに噛む事もあります。

以前東北の大地震が起きた時に、未来人の話が流行った時期があるのですが、そこには木造だけれども木ではない住宅が出て来ると書いてありました。そこで、ふと考えた事が液体ガラスを塗った木材の存在です。

もしかすると、これからはこういった建材の時代が来るのかも知れませんね。


Posted at 2017年07月10日 22時51分52秒

就労体験の現場実習その2

 東海の板倉で完成間近の見学をしました。

梅もOBらしく(?)なりました。お施主様も、梅たちの大OBです。ご厚意に感謝致します。





嫁も久し振りにクラ君の作品の中を見学



うちは脱衣所に可動棚をお勧めする事が多いです。便利なんですよね。


キッチン、1階。防火の関係からクロスの壁です。



キッチン、若いご夫婦に可愛らしい感じです。



もうすぐ畳が入ります。


楽しかったです。


Posted at 2017年07月06日 23時06分30秒

就労体験の現場実習その1

 3日間、実習体験の生徒さんの現場実習です。

 こちらは先日完成した新築事務所のS様、新たに倉庫が着工しました。
基礎のための掘方の様子です。








 クラ君は午前中にKOIZUMIさんの発表会へ出かけていました。



もうLEDの照明しかないそうです。


Posted at 2017年07月06日 22時59分45秒

藤井余談(四段)

 都議選が凄い事になっていますねー。名古屋だから関係ないけれど・・・

 さて、名古屋というか愛知というか、将棋の藤井四段の勝敗の方が気になります。彼、高校進学を迷っているそうですが、これだけ凄い人なら通わなくても卒業させてくれる高校は一杯あると思います。

!!!藤井四段敗けた!!!〜( ゚Д゚)〜ほえーーー  残念、きり良く30勝を願っておりました。

藤井四段ではないのですが、、大工さんや左官さんなどの世界も、本当は中学在学中に修行に入って、卒業後に本格的に仕事に入る方が良いという意見が多数です。

一番仕事に関する感性が伸びやかな時期で、体は柔らかく、高所に慣れるには旬なんですが、最近は大学を出てからという人も多く、なかなか職人さんが育ちません。また若い時期というのは叱られる事も多く、特に10代というのは叱られやすく可愛がられやすくというのもあります。

20代も半ばを過ぎると、なかなか相手も「大人だから・・」と単純に叱る事は出来ません。そこを「まだ子供だから・・・」と厳しく時に優しく指導できる年齢が10代なんですが・・・親御さんの気持ちになれば学歴という保険を否定する事も出来ません。

 門前の小僧ではありませんが、わけも解からずの状態で、親方の仕事を見るという時期もとても大切だと思います。

とりあえず来週は高校生の就業体験生が来ます。
 


Posted at 2017年07月02日 21時44分24秒