一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2013-07 の記事

横浜

 昨日は先日リフォームのご相談を頂いたお宅で簡単な打ち合わせがありました。

ご縁というのは不思議なもので、実は・・・・以前に耐震か何かのリフォームの図面を書いた所でした。クラ君の小学校の地元で、お名前に覚えが・・・


ただ、かなり昔で、名古屋市の無料診断の依頼だったか?工務店経由だったかは定かでないのですが、住宅をチェックした際に「あ、この図面(間取り)に覚えがある」と思い出したそうです。

正直、思い出し方がマニアックすぎて、ついていけません。(笑)多分、お医者さんが患者さんの顔は忘れても、手術の傷跡を見て思い出すのと同じでしょうね・・・


 本日はクラ君は午後から横浜で打ち合わせでした。

名古屋は大雨、関東は良い天気。もろに地方からのお上りさんでした。

 しかし、他の地方ながら、洪水の所があり、関東は取水制限あり。水は命の源ですから、利根川水系でも雨が纏まって降るといいですね。

 週末が忙しかったり、半日事務所が重なると、メールなどが溜まります。帰ってきてから直ぐに特に図面や申請関係をチェックです。

その間に借りてきたけれど、忙しくて観れなかった。クマの「TED」をながら見、途中で思わず

「最低!このクマ」見た目が可愛いから借りましたが、とても20歳以下には観せられません。

 20年前まで位のNYのDTやEビレッジの歩道で座っていた人達みたいな感じのクマ。(話の中ではD.Cですが)ワシントンスクエアーの横を通ると、隣接にNYCがあるにも関わらずこんな感じの人が一杯いて「スモーク!」とか叫んでいたな〜(笑)

あから様に嫌な顔をして無視をすると「ジャ〜〜〜○!」「チー○!」「Fキン」差別用語の嵐ですわ。時々「違うことも言えばいいのに」って笑えました。

ま、こんな感じのクマでした。最後は友情や愛情で美しくまとめようと無理をしていましたが、それまでが酷すぎて笑うしか有りませんでした。昔の退廃的なアメリカがお好きな方向きです。


Posted at 2013年07月29日 23時51分56秒  /  コメント( 0 )

終戦のエンペラー

 本日は10時から地鎮祭、今まで打ち合わせでした。お疲れ様です。

 昨日は・・・ここ数日は時間に追われていましたが、何とか時間を作り「終戦のエンペラー」を観てきました。マッカーサーに告げた昭和天皇の一言が、終戦に本当の終止符を打った史実に基づいている点でも、どうしても子供達に観せたかった映画です。

今は個人の権利や人権が尊重されすぎたり騒ぎすぎでは?と思う事が多々あります。また、選挙や現在のインフラの整った環境を子供達が当たり前のように享受している。その原点でもあると思ったからです。

 実は嫁も小学校低学年の頃は、どの人にも明治から選挙権があって、誰でも今で言う女性は「高校」男性は「大学」へ通っているのが普通だと思って育ちました。身内に国家公務員が多かった家の子供なら、こういう感想を持つ人は多かったはずです。
勿論、戦後は、学校どころじゃないって事だけは知っていましたが・・・・ですから野口英世の伝記を読んだ時に「学校へ通うのに、村中でお金を集めた?」という事が理解出来ませんでした。

ですから、たま〜に遊びに行った先で、明治生まれのおじいさんやおばあさんが、新聞を読まないって変だな〜と思いながら育ちました。でも教育も選挙も、今みたいに当たり前でなく、みんなで勝ち取った権利でもあり、アメリカによって齎された権利でもあり。そのきっかけは、陛下のお言葉だったと知ってからは、若い頃に意識をしなかった皇室に興味を持っていました。

日本人として、自分達の歴史を知って欲しいという気持から家族で出かけました。

=====ネタバレもあるので、ご注意くださいね。

 映画自体は単調な感じです。余り抑揚がなく淡々とした印象です。

親日であるはずのフェラーズ准将が、昭和天皇を救う為には「3人の証言が必要」と嘘を言い、自決し損ね、絞首刑にする為だけに治療を施し生かした、東条英機の元に赴きます。

 「天皇は有罪か?無罪か?」アメリカというか連合軍は、どうしても天皇陛下を裁判にかけ絞首台に送りたかったんですね。特にイギリスにとって、まさか日本にマレーシアやシンガポールで負けるなんて思ってもみなかったし、他のアジアと違い、日本人が怖かったし気味が悪いし腹が立つ。

東条の選択は「近衛文麿」

笑えるほどベストなチョイスでした。

 近衛文麿は「天皇陛下は白でも黒でもない」「日本のあいまい」さや「精神」そして「戦争に勝者」がいない事。「中国に侵略」した事への反省。マレーシアやシンガポールを植民地としたのはスペイン、イギリス、アメリカである事。自分達がやっていた事はOKで日本は何故?責任を取らされるのか?

そして何よりも、全体を通して、原爆を広島と長崎に落とし、東京や沖縄の民間人を無差別に攻撃した事にも触れていました。昔の日本人は、言うべきことを言い、言わざることを言わない。

まさしく「グレー」
でも、そこには2000年以上紡いで来た、人でなく「日本人の矜持」や文化を感じました。

「陛下に自由などどこにもありません」この台詞も立場を思えば、ジーンとしました。

 そして戦争で多くの命が失われた事実。主な主役はフェラーズでしたし、フィクションである恋愛に目を奪われがちですが、恋人の父親の元を訪ねると、静岡の戦火で亡くなった恋人あやの位牌が・・・

しかし、父親(鹿島大佐)以外、全員が亡くなった事に涙が出ました。自分がフィリピン、沖縄で作戦を実行し、家に戻ったら、妻もあやと二人の男の子も亡くなっていた。天涯孤独となっていた事に胸が詰まりました。静かに佇む姿に武士を感じました。

 そして有名な写真のシーン。

陛下の目を見ない事。直接触れないこと。写真は指定の人が遠方から。

マッカーサーは陛下を自分側に引き込む事。日本人にとって神でも、アメリカにとっては敗戦国のトップでしか無い事を挑発するような行為に及びます。

軽〜く扱って、御付の次官を怒りで震えさせます。そして、通訳だけを残してマッカーサーと陛下と3人だけになります。この時、史実ではマッカーサーが「天皇はどうやって命乞いをするのか?」と考えていました。その為に3人になったのです。(一応は恥をかかせない為)

そして有名な
「この戦争の責任は私一人にある。私を連合軍の判断に委ねる。国民に罪は無いから助けて欲しい」となるのです。当時は台湾人も朝鮮人も日本人でしたから、当然この国にも被害が及びます。

マッカーサーも驚いたと思いますが、日本人なら理解できます。

日本人は戦闘民族です。と、同時に平和を望む民族です。武士の「武」は矛の先を止める、刀は最後の手段という意味で、一反抜いたら引かない国民性を持ちます。

しかし、長い戦い、内戦の中で収め方も決まっています。

勝者、敗者が決定した時点で、農民はすぐに田畑を耕し、商人は商いに戻ります。
「君主の首」を取るか、名誉の切腹で、責任者が排除されれば、すぐに元通りの生活に戻ります。

その後、長く江戸という平和な時代が続いても、その習性が変わる訳ではありません。

「責任者(陛下)の首で収める」というのは陛下なりの、日本人のけじめの付け方です。

何だか訳の解らないうちに涙が溢れました。余り興味のなさそうな子供達が、ちょっとだけ涙を浮かべていました。

子供達の感想は
「学校の教科書よりは面白いし、解りやすかった」
「どう?って聞かれても、特に凄いとか面白いとは思わなかったけれど、興味は持てた」
「今は深く解らない」でした。

正直でいいなー。って感じです。

いつか大人になったら日本から出て行くかも知れないし、もしかしたら海外と仕事で関わるかも知れない。その時に、あの焼け野原から日本が立ち直った。死ぬ気で頑張れば、何だって出来るという事も感じて欲しいです。

今は「平和な日本」を大切に、そして感謝して欲しいと思います。


Posted at 2013年07月28日 16時25分48秒  /  コメント( 0 )

解決

 先日やっとある測量士さんから、ある連絡を頂きました。

「やっと印鑑を貰いました〜〜〜〜」

たまたま購入した土地に関して前任者が思いっきり近隣との関係をこじらせていた場所がありまして、約2年。根気良く「購入した方には関係がない」問題を、こつこつと説明して貰っていました。

後から後から「ええ?そんな事が?!」と驚く事ばかりで「グレーゾーン」としか表現できない事に「もう根競べですね」というしか無い状況で、隣接した1軒がどうしても境界の認定の印鑑をおしてくれなかった物件がありました。

 ただ2年もの歳月となると、ちょっと相手もやり過ぎでは?と思う事も多く、全員が購入前の測量士に怒り心頭だったので、こちらから新規で測量士さんを紹介させて頂いたのですが、やっと解決との事、本当にお疲れ様でした。

もう最終手段で行政の立会いを申し込んでいましたが、場合によっては更に2年掛かるかも?と、心配していました。手続きを行ってから、割と早い段階で、お相手も折れたようで「突然、印鑑の許諾を頂きまして、気が変わらないうちにと、直ぐに現場へ行って、押してもらいました」


2年・・・週に一度は現場へ通い、会社に来いと言われれば出かけ、会社へ行けば居留守か居ないか・・・本当に怒りもせずに、粘り強く対応して頂きありがとうございました。

 もう少しで確認申請が出せる状態になりますが、法務局から書類が返ってくるのを心待ちにしています。本当にありがとうございました。


Posted at 2013年07月26日 01時31分25秒  /  コメント( 0 )

東京でした

昨日は目黒区で豪雨と聞いていたので、空が心配でしたが、クラ君が東京へ着くと晴れていたそうです。名古屋は結構どん降りでした。

お昼の打ち合わせも無事に終わり、崎陽軒のシュウマイと「東京バナナ」(?)を手土産に帰ってきました。どうも娘がリクエストしたお土産らしく「何故?来週(東京へ)修学旅行でしょ?自分で買えばいいんじゃないの?」と問い詰めると

「自分で買ったらお土産じゃないでしょ〜、楽しくないじゃん」


ごもっとも・・・娘に甘いクラ君でした。

 夕方に「打ち合わせがある?」とスケジュールを聞かれ「いや、今日は入っていないよ」と答えると「おっかしいな〜、電話が掛かってきたんだけれど、今日アポがとってあるっていう事なんだよね」

いや、東京へ行くことなんかずっと前からわかっていたし、日付確定してからは24日なんて他に予定は入れていないし、携帯にもカレンダーにもIぐーにも書いてないのは有り得ない???

携帯落としたり、PCがクラッシュしたりするといけないので、手書きですぐにカレンダーにも書き込んで3点掛けにしてあるから、どこにも書いていない時点で他の予定は有り得ないはず・・・と、帰って早々に揉めました。

その後に連絡が入らなかったので「うーん、何だったんだろう?」と気になっています。


Posted at 2013年07月24日 22時40分27秒  /  コメント( 0 )

陽吉の家にて

 蒸し暑い・・・夏休みのはずが、毎日学校へ通う子供達。夏の弁当地獄って、何かの罰ゲームとしか思えません。来年は、昼と夜の2食弁当地獄か〜・・・暑いと憂鬱さが増しますね。

 娘が「夜はともかく、昼は勉強する気にならない!」「クーラーが欲しい!」
今年は千年猛暑のはずが、先日まで中途半端に涼しかったせいか、クーラー投売りに当たりました。
現場監督経由で20台!誰か買ってください。っていう事で購入・・・

さ〜、たっぷり勉強してもらいましょうかね・・ひっひっひ〜〜〜

何て笑っていたら現場の棟梁からお電話が入ったの現場へ出かけました。明日は東京へいかなくては行けないので、夕方には行くつもりでしたが、昼から急行しました。




図面を見ながら「あ〜だ、こ〜だ」


材料の搬入もあり、忙しそうでした。頑張ってください。

しかし、暑い暑いといっても今年は秋の気配が早いですね。入道雲もそうですが、夕方の日陰が完全に秋の影になっています。トンボもギンヤンマをすっ飛ばして赤とんぼが来たので驚きました。


Posted at 2013年07月23日 21時17分08秒  /  コメント( 0 )

夏のイベントが決まり...

今年の夏のイベントが決まりました。
8月3日(土)「水窪の夏で涼もう!2013」です。
ちょっと遠いけど、参加すれば絶対楽しい!夏の思い出になります。

こちらからどうぞ→申込み



Posted at 2013年07月21日 16時59分02秒  /  コメント( 0 )

選挙ですね

 よく解らないままに1週間が過ぎました。知らない内に子供が夏休みでした。ふ〜〜

 期日前投票へ出かけて!と考えていましたが、行けず。明日は絶対に投票に行くぞ〜!という我が家です。

 子供達も大きくなって「選挙」について話をする事も出てきました。「取り合えず、成人したら選挙だけは絶対に行く事」と念を押しています。

実はクラ君も嫁も20代の頃は選挙に行けなかったんですよね。当時は「期日前投票」というのが存在しなかったんです。土日が仕事だったので記憶の中では1〜2回、個人の連休が当たった時は出かけていました。

 結婚して、やっと日曜日に普通に投票できるようになり、投票率が問題になってから「期日前」が出来て、今は必ず絶対に投票に出かけています。ですから、子供達にも「選挙は成人者の義務であり、権利である」と、意識付けしていますが、さすがにポカン?ですね。ゆくゆく解ると思います。

 今日は久しぶりに愛西市へ出かけてきました。建築中に前面道路下水管埋め立て工事が行われていたので、工事車両が入れられずに、外構工事が出来なかったんです。やっと着工しますので、その打ち合わせに出かけていました。

クラ君の近日の予定としては24日に東京で打ち合わせだという事で、1日不在です。

 嫁は6時間近く掛かって入力したエクセルが、何かの具合で一瞬で飛んで「ない!?データーがなくなった〜!」

現在、茫然自失なまま書き込みをしています。死んだ・・・目の前が真っ暗。早く入力して、27日公開の「終戦のエンペラー」を観に行くという楽しみが遠のいて行く〜〜〜。明日はもっと頑張って終わらせよ・・・でも本日はさすがに落ち込んでいるので寝ます。おやすみなさい。
 


Posted at 2013年07月21日 00時53分39秒  /  コメント( 0 )

週末

 8月に4〜5日かけて大阪で仕事があるかも・・・という事で、14日に事前調査に行っていました。まだ確定ではないのですが、他にも用事があり、13日の土曜の夜中から1泊で出かけていました。

ついでに「阿倍野ハルカス」で、お土産を買いに

こんな感じでした。人が多すぎて疲れました。




7月15日に、無事に枇杷の家の引渡しが終了しました。JISに基づいた説明も何事もなく終了しました。

引渡しが行われた日は、ささやかなお祝いをします。といっても近所に食事に行く程度ですが、子供達が二人とも試合やら何やらで居なかったので、遅めのお昼ご飯を二人でうろうろ〜とスーパーで選んでいたら・・・



解る人には解りますね。・・・・はい・・・「組み立て」の部分に食いつきました。
1個498円のビグ・ザム×2個

「おお=====」・・・じゃないよ。
「夕飯はこれが良い♪」・・・でも無い!

中身はアボガドの豆腐なのに、箱を裏返したり横にしたり・・・やたら説明に食いついて・・・
いくらパッキングされていても、そんなに振り回したら返せない〜・・・
今日はクラ君の労いだから、本人が楽しいなら私達はどーでもいいんですが・・・

「美味しかった」そうです。良かったね。

お陰でプランニングと積算がはかどったそうです。

今日は申請を提出してから中津川にて現地調査。嫁は東京の建物点検400ヶ所を纏めたり、住所から交通を確認したりと検討をしています。


Posted at 2013年07月16日 14時58分01秒  /  コメント( 0 )

職業体験

 火曜日から今日まで3日間。職業体験の学生さんが来ていました。



現場や申請について回ったり、ずっと座っているのでちょっとお尻が痛くなったり・・・
初々しいですね。将来、設計か現場系かどちらに進むのか?はまだ決まっていないようですが、頑張ってください。

 今週は、何となく気忙しい日が続いています。

陽吉の家の中間検査も本日完了!
検査機関から「今日の午後なら出来ます!」と連絡をうけて、12時前に書類。1時に検査を受けました。

琵琶の家も、もうすぐ引渡しです。

 さてさて、本日は久しぶりに一瞬気分が滅入る事がありまして・・・しかし、外の気温が高くて考える事さえ面倒・・・1日中文章入力をしていたので、疲れていたからスルーで、って(笑)

 (当時は)若かった嫁に、割と非常識な事を深く考えずに言葉にしてしまったんでしょう。でも「ええ?この年齢で、こういう事を口にする人って居るんだ〜」と、態度にこそ表しませんでしたが、思わず「きゅっ」と口の端を結んだ記憶が蘇りました。

 良い関係は築けないと感じ、一度もお店を訪ねた事はありませんでした。何故10年以上経って案内状が〜???とびっくりしましたが、よく考えれば情報はどこにでもありますから。営業に来ても縁がないな〜・・・暑つくて、ここで思考停止。

本日の嫁は「ロボコン 0点」みたいな感じでぐったりです。(40代にしか通じない)
そんな様子を笑うクラ君に怒る気力さえ湧きませんので、涼しい秋になったら怒ろうと思います。


Posted at 2013年07月12日 00時57分28秒  /  コメント( 0 )

明日は押し壁

 心配された雨も上がり、明日は陽吉の家で押し壁の工事です。



現段階は両壁を仮止めしてある状態です。明日は敷地の端まで壁が動きます。

クラ君が息子に「どや!」って説明していました。余計に蒸し暑い・・・

 ここの所は確かに忙しいので、嬉しい限りではあるんですが、ちょっとクラ君が疲れた顔をしていたので「大丈夫?」と声を掛けると大きな溜息一つ。

「は〜〜あ、無性に模型が作りたい」

心配するのは止めました。子供達も「ま、病気だと思えば」「これ位で正常なんじゃないの?」と冷たい反応でした。

明日の名古屋は不快指数89(意味が解らない)だそうです。
押し壁は、一気に梁で止めないといけないので、現場の皆さん、体調管理に気を使ってください。


Posted at 2013年07月05日 23時39分43秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ