一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2012-11 の記事

土地の評価額

 建物を建てるにあたって絶対に必要な物・・・といえば「お金」と「土地」ですね。

親御さんや自分の持っている土地に、何かを建てるのであれば、まず第一段階はクリアーとなりますが、土地から探している・・・となると結構骨が折れるものです。

 若かりし頃のクラ君と嫁も「理想通り」というよりも、2〜3年目になって、疲れてきたあたりで「まあ、ここならいいか〜〜〜」という感じで決まりました。ぴったり!と思う土地は、高くて手が出ないし、公園の前で、子供達にはいいかもというのが理由でした。

 ここの所、まめに不動産屋さんから情報を頂いている限りでは「安くなっているな〜」という印象です。特に高齢で、工場や倉庫を閉めて老後の資金にされる方。

また、相続で年を跨ぐと税金が増えるから!というのも切実な理由ですね。こちらの場合は、新年になると「もう、このまま値下げせずに」という感じにはなりますが・・・

 購入した実勢価格より、税金としての評価額というのがあります。売買を行い、名義を変更する際に発生する税金で、法務局に「印紙」として貼り付けて提出します。

以前は売買価格よりも、評価額が低かった場合が多くありましたが、最近は逆です。

 この印紙税って、結構な高額なんですが評価額に0.015を掛けます。
ですから例えば1500万の土地を買いました。自分の物とする、名義変更の際に評価額が2000万としたら、印紙は30万です。もし、評価額が低ければ1000万として15万です。

どう考えるか?
高い土地を安く買えたと喜ぶか?
ええ?そんなにお金を払うの?と驚くか、どっちかです。

単純に土地を買うときの、不動産手数料だけが必要ではなく、こういった税金や、抵当が掛かる際の抵当権の設定の印紙など、他にも必要な経費がある事を覚えておいて下さい。

 話は変わりますが、今ベネッセの調査で「大学受験の為の勉強時間」などがニュースで流れていました。1日1時間未満・・・(T_T)〜〜〜うちの息子もかな〜〜〜はははは〜

 世の中の30%の高校生が1日1時間未満らしいです。息子の学校は・・・6割って先生がおっしゃっていました。先生も「部活もあるし、仕方が無いんですよね〜」と気楽な感じ。

平均値の偏差値がそこそこ有る分、多少は安心していますが、やれって言われてやるのなら、みんな天才になってるよね〜・・・(笑)って事で、最近はしわが増えないように、怒らないように、見て見ぬ振りをしています。



 


Posted at 2012年11月26日 19時34分03秒  /  コメント( 0 )

干し柿

 今日は良い夫婦(11.22)の日なんですね。我が家は良い夫婦かは解りませんが、取りあえず、外の木枯らしの風の様な事もな(笑)仲良くやっています。



 仕事には関係がないのですが、丁度従兄弟から渋柿を頂いたので、じーちゃんと娘が「干し柿」を作りました。

昭和の頃は多くの家で渋柿や甘柿の木が植えてありましたが、今では見かける事は殆ど有りません。

戦時中の食糧不足、米との物々交換の為やビタミン不足を補う為なんですが、田舎と違って街中は(土が違うので)野菜の作付けが出来ずに、果物系の木が多かったんですね。

我が家も枇杷、いちじく、柿など季節毎に違う果実の木が有りました。
今ではスーパーでしか見ない、干し柿も「渋が甘味に変わる」という事も子供達は知らず「一口でもかじったら地獄の苦しみを味わうよ」と娘に言うと「え?どうなるの?やった事あるの?」と真っ青な娘。

「はい、小学校へ上がる前にごちゃ混ぜになっている柿の山から、知らずにかじりました。」

「試してみたら1日中、口の中を掻き毟りたくなるから」 当然、娘は NO THANK YOU 
娘は干し芋の作り方なども教えてもらったようです。最近は食の安全を求めて、友人たちも屋上菜園や畑を借りて作付けしている人が多くなりました。我が家も今年こそ!白菜か大根を!と考えていましたが、冬野菜は難しいです。何か簡単に作れる(葱などはクリアーしています)大物(?)の野菜があれば教えて下さい。

さて、今週は・・・忙しい?というより、時間が迫る内容が多くて、クラ君は大変そうでした。年末に近くなり、来年の仕事始めまでの予定をクリアーしなくてはならないので「急ぎ」「大至急」が多かったようです。明日もビルの点検に出掛けます。

12月25日に地鎮祭を控えているので、その図面も上げなくてはいけないので、夜中過ぎまで毎日頑張っています。

嫁は嫁で不動産探しです。年賀状なども気になりますが、今年も恕等の様な波の中で年末を迎えるんでしょうね。自営にとっては有り難い限りです。


Posted at 2012年11月22日 15時01分03秒  /  コメント( 0 )

移動ばかり

お久しぶりです。クラ君も移動が多い日々が続き、なかなか更新が滞っております。反省。



 週末は枇杷の家のご家族と、ショールームを回りました。なかなかご主人のお時間がなくて、出掛けられなかったのですが、何とか2つのショールームを回りました。

特にご希望の7人用食洗機とガスオーブンをご主人に確認を頂きたかったので、一段落して良かったです。後は娘さんのご希望などを伺いながら、細かく詰めていきます。地鎮祭もクリスマスに決まりました。

 でもって先週から現場や打ち合わせが続きましたので、殆ど事務所は不在の状態でした。

嫁は運転免許の更新で平針へ行きましたが・・・「さ・・・寒い」冷え方が、風が半端なく寒い。

しかも、車の免許証更新は5年なのに、何でブルーなの?ゴールドじゃないの?3年無事故無違反ならゴールドじゃないの?いつの間に変わったの?3年違反なしなら西警察じゃ無いの?久しぶりに1時間の講義を受けて、授業中に船を漕ぐ学生みたいになっていました。

 最近はコインPが増えたから、随分助かっていますが、中途半端に住宅街ですとすぐに「緑の」おじさんが紙を貼って行くんですよね〜・・・現場は大工さん優先なので(道具の関係上)、あきらかに配達の車みたいでないと、すぐに違反になってしまうんです。でも現場での時間が長いと、コインPに止め続けるのは経費上・・・無理です。

この辺りが頭の痛い問題ですね。罰金も頭が痛いし、平針まで行くのも辛い。しかも、知らない間にバスって途中で終点なんですね。以前のように、中に入ってくれないから坂を登っていたらお尻と腰の筋肉が痛くなりました。

平針から戻ると、丁度クラ君も建物検査から戻ってきた所で嫁が「バスは平針住宅までしかなくて、何か、すっごい大変だった」と報告すると「え?試験場のバス停ってなくなったの?」

 今度の免許書き換えの時に、クラ君にはぜひ市交通で行って、坂道で運動不足を感じて頂きたいと思いました。

 


Posted at 2012年11月15日 22時41分02秒  /  コメント( 0 )

稲作

実は今年の春に庭を利用して「田植え」を行いました。



良く実った稲穂は地元神社の「大嘗祭」に奉納し、残りを自分たちで脱穀したんですが・・・殆どが「強米」・・・スズメが集中してやってきた稲穂は神社、我が家の分は寄り付きもしない・・・

鳥は良く知っています。・・・ついでに今年は、紫外線の強さがきっかけで「米アレルギー」が発症したという・・・病院で「日光が原因です」と言われ、クラ君も驚いていました。稲作って、意外に楽しかったのにな〜〜、残念。

 今週のクラ君は、毎日遠方へ出かけていました。三河も何ヶ所か出かけ、役所との往復が多い週でした。また今年を振り返ると、崖地が多かったので申請まで時間が掛かった事が結構ありました。本日も某社のそういった場所の調査だったそうですが・・・

区画割が行政で行われたはずなのに、ちょっと色々とあったようで、地元の市役所へ出掛け「さ〜・・昔の事なので県庁へ行ってください」というお返事、三河の県庁へ行くと「へ〜、こちらでは答えられないので本庁へ行ってください」

 明日は名古屋城の本庁へ行きますが
「っふっ・・・次は国に聞いて判断してもらって」と言われ
国から「これは市役所の仕事でしょ?」って言われたらどうする?と嫁が意地悪な質問をすると

2〜3秒考えたクラ君
ちゃぶ台ひっくり返してくる
爆笑でした 


Posted at 2012年11月08日 20時30分56秒  /  コメント( 0 )

友人が独立した

 やっと一旦は落ち着いたかな〜?という感じです。今週も三重県を巡り、一宮、蒲郡、豊田、名古屋市内・・・と移動が多かった日々です。

年末に向かって、住宅や店舗関係の改装や修繕などが入り、あちらこちらへと移動していました。

新年を綺麗な部屋や、新しいトイレや、設備が快適になって仕事が忙しくなると良いですね。

 嫁はといえば、お歳暮の検討に入りました。特に住宅を見学の方々に開放してご協力いただいた
お客様へのお歳暮・・・・お子さんの物にするか???奥様が楽になる食料品を送るべきか?などと悩んでおります。

 そんな忙しい合間にも、今週は懐かしい人達が結構な数で事務所を訪ねて来てくれました。

その中の一人は、超一流会社を退職して「独立しました」というご挨拶。能力の高い方なんですが、役員になったら「全然現場に出れない〜」とここ2〜3年は嘆いていて(^^)ちょっとご家族の方の介護も必要になった事で踏ん切りがついて独立をしたそうです。

「これから裸一貫、頑張りますわ」

でも、今までは会社の名前で話は簡単、信用も高い。バックボーンが無くなるって、こんなに心細いとは思わなかった。ここから1年先の未来を考えられない・・・・

 まあ、家族を背負うという事は、家では言えない愚痴や本音も出ます。

「もしも、明日、食べられなくなったら?って考えた事はない?不安はない?」と自営20年の我が家に質問。

「え==・・・いつでも考えるよ。明日の事より、今日の事しか考えていない」
建築はスパンが長いので、お客さんのタイムスケジュールは別にして、毎日幾らかが入ってくる商売ではないので、小売販売とは事情も違いますし・・・

「今日が頑張れないなら、明日は無いし、その先は無い」
「あ・・・この仕事の次は予定がないな〜、少し休めるかな?という気持ちと、どうしよう?っていう気持ちと半々だったよ。最初の10年はね・・・」

今はどうなの?と聞かれ

「もう20年だよ。信用もあるし、妬まれて妨害された事もあるけれど、今までと同じ事を今日もやるだけ。何一つ変わらず、目の前の仕事に感謝して行動するだけ。それで、ここまで来たんだから、他に方法はないよ」

でも目の前で、トンビにアブラゲさらわれる様な状況があったら「動揺するけれど、どう?」 

「う〜ん、若い頃は必死だったから、あった。それは事実。今は・・・やってきた事に対して、自分たちで責任を持ってるし、顧客満足度では自信がついたから動揺はないかな。うちはオーダーメイドだから、予算がなくてもうちを気に入ってくれている人には100%頑張るというスタンスは変わらない」

「それに、縁がなかったと思ってスパッと切り替えると、不思議に他からす〜っと別の依頼が来る。タクシーの運転手さんと同じ、遠距離の人ばかりを待つより、目の前で手を上げた近場の人だって同じお客様。軒数が重なれば、うちにとっては有り難い」

友人は・・・「う〜〜〜ん」「成る程」と唸って帰りました。
「会社にいる時は、同じ意見を持っていたけれど、毎月給料で保証されてる立場では言えたが、一人となるとその考えは言葉に出来ない」、それも本音ですね。

 暫くは大変だと思いますが、せっかく自分の腕で勝負するんですから、細くとも「長く」続くといいなと願います。

 


Posted at 2012年11月02日 15時05分04秒  /  コメント( 0 )