一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2012-09 の記事

木こりツアー

 今年は暦の関係から「夏が長引く」とは思っていましたが、本当に暑かったですね。うちも家族の一人が体調を崩して、昨日まで入院していました。急激な冷え込みがありますが、皆様お体ご自愛ください。

 さて今年も天竜で「木こりツアー」が始まります。10月6日にはクラ君もKURA嫁も山に入ります。ツアー参加者も結構いらっしゃるようで楽しみですね。

今回は乾燥期間が短い檜を希望しました。

12月や1月に比べて、この季節はまだ底冷えしないので有り難いですね。山の紅葉も楽しみにしています。

他にも、このページをご覧になって「参加してみたい」とご希望の方がいらっしゃれば、メールなどでご連絡下さい。

12月は「餅つき」も行われる予定です。日程や、細かい場所などをご連絡致します。

 また参加の際は、お昼に伐採場で魚を焼いたり、ぼたんの味噌汁を頂きますが、お茶とおにぎりだけはご持参下さい。よろしくお願いします。


Posted at 2012年09月25日 22時20分36秒  /  コメント( 0 )

文化祭


日曜日は息子の学校の文化祭でした。
模擬店を2つ掛け持ちしているらしく、ようやく見つけた息子はとても忙しそうで..
僕も学生のときは文化祭担当として、あれやこれややった覚えがあるので、確かに楽しくって親の相手をするのは面倒くさい気持ちは解りますが、いざ親の立場になると少し悲しいですね。

さて、本日は事務所に「お久しぶりです!」っと、12年前に設計させて頂いたお施主様が訪問されました。
ボチボチ外壁の塗りなおしを考え始めたとのことで、昔話で盛り上がりました。
途中で一度改装させて頂いたのですが、10年以上過ぎると工務店さんも廃業していたりするので、頼って頂けるのは有難いことです。


Posted at 2012年09月24日 23時11分34秒  /  コメント( 0 )

取材でした。

本日は某所で取材がありました。住宅とお施主様だけの撮影だと思っていたら「撮ってもらったよ〜」とクラ君。・・・・知っていればカッターシャツ位は準備したのに〜〜〜

 丁度、友人が住宅をどこで建てるか悩んでいる最中で、ありがたい事にうちの事務所も候補に入れてくれた様です。取材の際に、見学をさせて頂きました。取材の最中にご協力頂きました〇様、ありがとうございます。

 さて、さて・・・話は別方向からですが・・・
40代以上の世代にとっての記録は、写真以外に「8ミリフイルム」を覚えていると思います。

今みたいに音声が入ったり、滑らかな動きではなく「カタカタ」と光彩の斑な映像です。普通にサイレントムービーを想像して下さい。

 そしてこの度、富士フイルムさんが映画でのフィルム製造から完全撤退するそうです。
そこでやはり熟練の監督からは惜しむ声があるようです。今の60代前後の俳優さんが若い頃は、テイクをやり直すと「っち!・・・お前より回す(フイルム)金の方が高いんだよ!」「台詞くらい完璧に覚えろ!」とすごまれたそうです。

今の映画が面白くないのは、台詞や役どころの緊張感が欠けている点や、PCの発達に伴い、アクションに「凄み」が無くなった事でしょうね。怪我をしない速度で「殺陣」や「カンフー」を撮影して処理をする。子供の頃は「ジャッキー(チェン)が落ちて鼻を骨折!」とかいう記事が出る。

実際に映画を観て、終わるとNG集の中で担架で運ばれていく俳優達を見ると「はあ〜、凄いね〜」とため息をついたものです。

この記事の後に正倉院の屋根瓦について目にしました。大正時代に葺き替えた瓦のばら板の部分が腐っているというニュースです。天平時代の部分の約800枚近くの瓦の下に損傷は見当たらないのに、たった100年前の部分が痛むって?と驚きました。

 もしかしたら戦争があったので、主だった職人さんが居なかった可能性も捨て切れませんし、物資が不足していたかも知れませんが、何よりも足りなかったのは緊張感かも知れません。

二つの記事を読んで、時代は便利になったけれど「絶対に失敗は許されない」という覚悟を持った時代は幕を閉じたのかな?と感じ、残念な気持ちになりました。

 たかがフィルム、たかが瓦ですが、やり直しの利く時代と言うのは、案外過ごしにくいのかも知れませんね。そんな事をぼんやりと考えた1日でした。


Posted at 2012年09月12日 23時00分17秒  /  コメント( 0 )

福井県研修旅行

point2点加算!といってもお買い物ではなく、建築士の3年毎に申請するポイントです。と、いう事で研修旅行は福井県の丸岡城と朝倉氏遺跡でした。

7時15分集合。年齢的に名駅モニター前よりも「裏の壁画のとこ!」という説明でしか通じない方も参加している事が面白かったです。

 雨が心配でしたが、途中で休憩した養老インターのみで大雨が降っただけ、基本的に見学は概ね曇りで時折パラッと降る程度で助かりました。

丸岡城の写真がまだカメラに収まっていて、PCに落としていないので載せられませんが、天守閣から見る城下の景色は最高でした。重要文化財では有りますが、全部の部材が建築当時で無いという理由で国宝指定は取れないなんて残念ですね。

 へたに金などを使って煌びやかにしていない。無骨で素朴で堂々とした城の姿はただただ圧巻。
風景と言うか、空と風に溶け込んだ建物で楽しかったです。

その後は朝倉氏の遺跡へ


中国の青磁や陶磁を販売していたらしい商家の家です。


これは武家の使用人の部屋(?)だったと思います。


簡単な敷地と家の関係図です。

当然、あの頃の家相とかも興味があったので、そんな観点からも見ていましたが、京都や織田家のあった清洲、徳川家の町並みとは違うかな〜?という印象です。

 安土桃山時代の地方ですと「大らか」な印象。
もしくは???(笑)みたいな感じでした。
「この家には厠(上級武士のトイレ)、雪隠(町人用の言葉=トイレ)の跡があるけれど、こっちに無いのは何故?」とか井戸の場所関係。また、竈の位置関係は?という疑問も残りました。

町屋ですと、入り口に販売や商談場所、仏間に通り土間の中の井戸や竈、雪隠場に風が通るようになっていて、奥に作業場。ですが、江戸の長屋みたいに寝食の場所と作業場という町人、職人さんの家になっていました。

 この夏は、どこにも出掛ける事が出来なかったので、多少気分転換にはなりましたが、普段バスに乗りなれていないので、お尻と腰が痛くて・・・移動以外は歩き詰めで疲れました。

本日は夕方から無料相談もありますので、ちゃんと体力回復します。


Posted at 2012年09月09日 13時25分28秒  /  コメント( 0 )