一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。
2012-07 の記事

災害は突然やってきた

 気温も暑いがオリンピックも熱い!!

何て呑気な事を言っている場合じゃない2日間でした。

 本日メールや電話などをお掛け頂いた皆様、通じずにすいません。大元の電話の機器が雷で壊れたそうです。

 昨日は小牧や栄辺りも豪雨が凄かったみたいですね。この地域や上前津辺りは「ちょっと大粒だな」と感じる雨が1分位あっただけでした。

ちょっとした夕立で「もうちょっと降ってくれれば涼しくなるのに〜」と、空を見ていたら西図書に出掛けた息子から「迎えに来るか!傘を持ってきて〜!帰れない〜」という電話が入りました。

「何を甘ったれたことを・・」と思いつつ、何だか叫ぶような声だったので、はいはい傘ね・・・と出掛けようとすると、さすがにクラ君も「何を息子は甘えとる?」と笑っていました。

所が学区を抜けて浅間町の交差点からワイパーが効かないし、前が見えない。滝のような雨で、道路から図書館の玄関に入るだけでもびしょ濡れになりました。息子には「このまま自転車を置いていけないから、小降りになったら帰っておいで」と傘だけ手渡しました。

 帰りに浅間町をさけて、1本西側の通りに出ただけで小降りの雨。昔から南北に雨の通り道があるのは聞いていましたが、こんなに違いがあるなんて想像もしませんでした。

そこで名駅方面にハンドルを切ったら、恐ろしい光景が・・・名駅方面に上から下から雷が同時に発生して一つになりました。上よりも下からの雷が太いこと!そこだけ真っ黒な景色に鮮やかな稲妻の光。「う〜っわ、怖っ」とつぶやき家へ戻ると

「電話もネットも通じない!日曜日だから故障への連絡も出来ない=」と真っ青になったクラ君の顔が・・・うちみたいに土日も関係なく仕事をしている人に、メールは命です。

「ええ?!雷バスターも使ってのに!何で?」と動揺。

「データー送信(図面)が・・・」しかも今のコピー機はPCの信号でコピーもファックスも実行するタイプなので図面の打ち出しも無理・・・

「災害は予期せぬ所から突然に」「人生は山あり、谷あり、まさか有り」

朝からNTTさんには同じような電話ばかりでなかなか回線が繋がらず。最初は「夕方にいけるかどうか解りません」というお返事でしたが、さすがに企業登録がなされているので「お仕事でお使いですね」と後から「午後1番でお伺いします」と対応して頂けました。

まずはホッとしましたが、さすがにメールもネットも電話さえ使えない。コピー機も・・・となると仕事が全く出来なくて・・・今は設備カタログもネットですし、シリアルナンバーが有効にならないと使えないソフトもあるのでお手上げです。

 ずっと忙しかったから「休みなさい」って神様が言ってくれたんだよ。と慰めると「う〜ん、復旧した後は倍の地獄が待っている〜」と遠い目で空を見つめていました。
「もうジタバタしても直らないから開き直るわ!」と打ち合わせへ・・・

こんな事ってあるのね〜という2日間でした。


Posted at 2012年07月31日 00時31分28秒  /  コメント( 0 )

道路との違い

 友人と電話をしている際に、昨夜のブログの内容に関して疑問を頂きましたので答えたいと思います。「何故、道路で地鎮祭はないのか?」でした。

するどい!!(笑)
一番の違いは「念」です。

 家に居る時って「煩悩」が入ったり、炸裂する事って有りませんか?

例えば「宝くじに当たりますように〜!」とか「〇大学に合格したい!」っていうのが煩悩です。

 それと、もう一つ「祈り」=(念)です。

例えば「親の病気が治りますように」とか「子供が欲しい」とか・・・

例え仏壇や神棚に手を合わせなくても、自分の大切な誰かが重い病気や事故に会えば、何かをしていても布団に入っても、心が締め付けられるはずです。これが祈りです。

 祈りは無垢であると共に、一番強烈な念でもあります。
これが家や土地の記憶になると感じています。それをニュートラルな状態にするのが地鎮祭の役目だと思います。

ましてや元の持ち主ではなく、新たにこの土地で生きて行こうとする方だって多いはずです。もしかしたら元の持ち主が良くない考えや行動をしたかも知れません。そういった意味も含めて、結界を張りお払いと祈願を捧げるのです。

 では、道路は?誰も住んでいません。
(ダンボールやブルーシートの方という突っ込みはしないで下さい)
でも不幸な出来事があったりすれば、花などで皆さん慰めようとするはずですし、不思議に良くない事が起きる場所があるはずです。
でも、個人所有でない限り工事の度に神主さんに頼むなんて出来ません。

しかしながら、日本列島改造時代に大きな国道や橋などは当然神主さんが来ていたはずです。昔の新聞の記憶で曖昧ですが・・・道路開通の時、特に高速道路やダムの建設などは必ずお払いや祈願など意外に神事は行われています。

こんな回答ですが、納得は頂けましたでしょうか?

今回「道路は?」と聞かれた時に、思わず「いい所を突くな〜」と納得した質問なので書き込みました。面白い質問があれば、みなさんもメールを下さい。


Posted at 2012年07月20日 17時16分34秒  /  コメント( 0 )

触らぬ神に・・・

 今日は普段の業務的だったり日常的な・・という書き込み内容からは離れると思います。

 先日ニュースで流れた「那智の滝」にロッククライミングした〇〇者3人ついて、ここでちょっと考えて欲しいと思ったからです。

触らぬ神に祟りなし。それと「お礼参り」です。

この言葉って聞かれた事のある方、もしくは日本人なら必ず一度は聞く言葉ですが、本当に肝に銘じて欲しいと思います。

通りがかりの神社などで「願掛け」(お願い事)などをしたら必ず「ありがとうございます」や「お陰さまで」とお礼を申し上げること。これが出来なければ、安易に願い事なんかしない方が良いです。

 建築に関して申し上げれば、無宗教、無信心でも地鎮祭を行う方は多いと思います。

「効果あるのかな?」という事よりも神様へのご挨拶は大切です。「暫くうるさくしますが、ご辛抱下さい」と挨拶をお願いします。
工事の無事完成は勿論の事「家内安全」の意味合いも含まれて居ますが、一番は土地を掘り返す為の挨拶です。

 ここには詳しく書けませんが、本当に神様を怒らせると「怖い」と感じた経験はあります。そういったご家族や個人にお会いした事がありますが「罰当たり」って、こういう事を言うんだな。と、不思議な納得をした事があります。

今回の那智大社への暴動(?)とも言える、くさび(ごめんなさい、専門用語を知りません)を打ち込んだり、登ったり・・・どうも残念な事に3人のうちの一人は、ここ愛知の春日井の公務員で、こういった川の源流や聖域で排泄を目的とした行為の為に登山をしているという話を聞きました。さすがに唖然とします。市民にルールを守ってもらう指導をする立場の人間が、モラルが無さ過ぎるて驚くばかりです。

 人が大切にしているものや場所、「神域」や「恐れ」は勝手に他人が判断して、勝手な行動をとったりしてはいけませんし、個人的な名誉を求め、利用してもいけません。手痛いしっぺ返しが待っていると考えたほうが間違いないです。

 知らずに聖域を侵した場合であれば「ごめんなさい」も通じますが、今回の出来事(事件)に関しては、神様にとことんお灸を据えて頂きたいと思いました。那智大社って確か戦勝祈願(?)や国の変成を祈願する場所で、概ね命がけの願掛けだったから、人間が安易に考えると怖い場所だったはずです。

 建築も地鎮祭だけが神様と関わる行事ではなく、刀剣の鍛冶屋と同じく、元々神様と一緒という考えが大きかった仕事です。今は随分とそういった感覚も薄れていますが、家屋に関わっていると不可思議な出来事に出会う事も多々あります。

それを振り返って考えてみると、こんなに凄い場所で愚かな行為を行おうと考えただけでも、大胆というより馬鹿の極み。古い小さな井戸を埋めるだけでも神経を使うし、水って竜神様の関係なので滝の様な清流であれば===考えるだけでぞっとします。

どの宗教とかでなく、其々に個々が大切にされている数多の神々を、自分が想うように大切にして欲しいと思います。



 


Posted at 2012年07月20日 16時47分12秒  /  コメント( 0 )

目処がつく

 今日は「あつ”〜〜〜い!!!」と、叫んだ方は一杯いますよね?(00)

そんな中、別にホットなお話が入りました。こちらは「ほっ」とした、という内容ですが、現在計画中の住宅の土地がやっと動ける所まで進行しました。

 国との境界線の立会いがなかなか進まず・・・・う==ん、と頭を抱えていました。これをクリアーしてからも、まだ県と市の立会いが残っていたので、確認申請が行えませんでした。

これが、やっと今月一杯までに行え、お盆には確認申請が行えるであろうという目処がついたようです。測量士さんからご連絡を頂き、やっとお施主様に「良い報告」が行えました。クラ君のほっとした顔が久しぶりに見れました。

 最長4年覚悟と某所からアドバイスを頂いたときは、震災関係などもあって「国も大変だから」と思いつつ、やはり心配でした。春過ぎに何とか国の立会いが済み、後は地方自治体を残すのみという具合でしたが、それから既に3ヶ月が過ぎ、お客様の顔を浮かべると「早く」という気持ちで一杯でしたが、本日やっと良い報告を上げることができました。

それでも立会いが完了したわけでは有りません。

もう少し・・・もう少しですが、目処についての連絡を頂き、胸をなでおろした本日です。


Posted at 2012年07月17日 22時46分35秒  /  コメント( 0 )

免許偽造?

さすがに昨夜は名古屋も凄い雨でした。

 窓を開けておくと涼しい風が入るので、全開にしていたら「ド!ド!ド!ドー!!」っという響きが!もはや「バシャバシャ」とかではなく、ま・さ・に・ドバ〜〜〜!!

 慌てて吹き抜けのジャロジーや子供部屋の窓を閉めに階段を駆け足で上がると!!!
「ww !!!(((うわ〜)」

同じく窓を閉めに来た、白っぽいパジャマの祖母・・・暗闇にパジャマだけが浮かんで見えて思いっきり叫んじゃいました。お互いに「ビックリするでしょー!!(怒)」と詰りあい。

心臓が縮み上がりました。

今朝になってニュースを観ると、九州が凄いことになっていて驚きました。
本当に水の被害って、後が大変で・・・心から同情を申し上げます。

さて、もう一つ気になるニュースが有りました。

 1級建築士免許偽造が3件。これにて、11万人の免許取得者の調査をするそうです。

時折「先生と呼ばれたかった」「憧れがあった」と偽造されるのはお医者さんや教師関係だと思っていましたが何故設計?

どう考えても、図面一つを例にとっても「誤魔化しようが無い」と思うのですが・・・事務所登録出来たって、さすがに・・・逆にどうやって書類を出したのか気になりますし、受け取った側も実績書類のや積み立てポイントのチェックをしていなかったのでしょうか?

まあ、行政に徹底的に調べて頂いた方が有り難いですね。医師と建築は洒落になりませんし、調べて頂いたら、依頼するお客様の安心にもなりますからね。

工事関係はたま〜に耳にします。つい最近まで全然違う業種に就いていたのに、この道何年とか言って内装関係や工務関係を請け負っているっていう内容です。

この道何年は聞いていて許せませんし、柱や壁の躯体をなぶる事は許せない行為ですが、法律で決められた金額の範囲であれば、昨日は素人でも法的には攻められません。合法なんです。

 でも、全く見ず知らずの人間に「良心の呵責はないの?」といきなり声を掛けたら、こちらが危ない人になってしまうので、ぐっと我慢です。
でも、きっと、公の場所でこういった話が出来る人がルールを守れるとは思いません。こういった事も、何らかの取り決めを行政で規制して頂いたら、お客様にとってはいい事になると考えます。


Posted at 2012年07月12日 23時04分54秒  /  コメント( 0 )

七夕

 涼しい風がそよそよと・・・気持ちがいいですね。今夜は七夕なんですね。

 子供が大きくなると、七夕っていっても月日の中の1日にしか感じませんが「七夕だねー、今夜は雨かな?曇りかな?」という事ぐらいしか思いません。

昨年は綺麗に晴れた夜だった記憶がありますが、七夕は天気が悪いですね。

街にいると街灯がうるさくて、金星や北斗七星、さそり座とオリオン座位しかはっきりと見えません。山の中にいると、今度は星がまたたき過ぎて「怖い」と思うのは何故でしょう?

 小学校2年生くらいまでは、お正月とクリスマス以外に七夕は「一生懸命に(自分の)欲を短冊に書く」という熱いイベントだった気がします。('∀`)

 たまたまこの2年生の時だけ、信じられない位に晴れて、こんな名古屋の真ん中でも「天の川」がはっきりと見えたんです。本当に奇跡が起こったように、家族で「うわ〜!凄い」って首が痛くなるまで見上げた思い出が有ります。

さて・・・欲にまみれた小学生時代の短冊の内容です。

運動音痴の友人が「自転車の輪っか(補助輪)なしで走れますように〜」→うんうん、そうだね
勉強が苦手な子が「オール5が取れますように」→ 九九覚えろ!(当時は小学校1年で学習)
超貧乏な家の子「お父さんに会いたい。お母さんが楽になれますように」→(゚´Д`゚)゚頑張れ
貧乏な家の子「超大金持ちになって大きな家が欲しい」→まずは宿題を片付けなさい
天体の好きな子「新しい星を見つけて自分の名前をつけたい」→あ〜、好きだもんね〜!

印象に残っているのは、すっごく頭のいい子だけれど、どこか痛かった子
「僕は誰でも仮面ライダーになれるベルトを発明して、V3に変身して、お母さんに怒られたら戦います」→爆笑!・・・みんな「ウルトラマンになってもお母さんの方が強いし怖いよ」っていう意見でしたね。

でも、考えたら変身はできなくても、こんなに科学が進むなんて考えてもみなかった時代ですよ。
カーテンや絵の具の大道具の前で怪獣と戦う映像でなくて、リアルな背景で放送出来る時代。

お母さんと戦う!って書いていた子は、今は立派に親の会社を継いで頑張っているし、天体が好きだった子は、やはりそういった機関へ就職して海外で頑張っているらしい。

 子供時代のたわいも無い短冊への願い事も、意外に人生を決める大切なプロセスかも知れませんね・・・
この年齢になって短冊に願い事を書くのなら・・・

「疲れが溜まりませんように」「髪が抜けませんように」「ルンバが欲しい、出来れば嫁が欲しい」・・・

40代中頃・・・夢の欠片さえ見当たりません。はい・・・


Posted at 2012年07月07日 23時06分48秒  /  コメント( 0 )

節電と街灯

市外での現場が落ち着き、図面関係が忙しいクラ君です。

ここの所、雨が凄いですね。先日は久しぶりに前が見えず、車の運転をしていても怖かったです。

久しぶりに東京から友人(元々名古屋人)が来ましたが「昨日は涼しくて、今日は暑い。京都と名古屋は湿気が高いから、温度だけなら32度でも我慢が出来るけれど・・・これは〜」と・・・ご愁傷様です。

 東京はやはり節電が進んでいるようで、街灯が殆ど消してあるそうです。名古屋みたいに明るくないとこぼしていましたが「それよりも暗かったのが嫁さんの実家。ビックリした!」

それは・・・知多半島の辺りなら当たり前では?と突っ込む気にさえなりませんでした。

「日本だからまだ安心して歩けるけれど、NYのハーレムなら身ぐるみ剥がされる位に東京は暗いよ。」と話していましたが、比べる基準が違う!しかもハーレムは節電じゃなくて、信号以外の街灯電球が盗まれて節電は関係ない・・・(T . T)

ただ、東京は新大久保以外にも、色々な国籍毎の町が幾つかまとまり始めているそうで「夜は近寄りたくない場所が増えた」そうです。

まあ、身の安全は自分で守らないといけないという事ですね。


Posted at 2012年07月05日 00時26分45秒  /  コメント( 0 )