一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

慶祝!令和元年!

 平成から令和へ・・・皇太子さまが天皇陛下におなり遊ばされて、感動的な日でした。

さて、クラ君ですがずっと入院しておりました。8日に退院です。

 

図面書いてます。



リハビリの様子です。

 ここからは夫婦について色々と考えさせられる事があり、馬鹿夫婦だと思われる内容なので、不愉快に感じるかも!?とか、他人の家庭に興味のない方はすっ飛ばしてください。

 実は我が家で初めて!大きな夫婦喧嘩をしました。多分クラ君と嫁と感じている論点が微妙にずれていたので、それを違うと言ってもクラ君にとっては「僕を信じていない」という事で、本当に彼は哀しみに暮れていました。同時に嫁も「違う・・・どうやって説明したら伝わるの?」と・・・

20年以上も一緒にいると、どこか安心の他に甘えもあったと思います。でもお互いに甘えてしまうのが夫婦で、お互いに言わなくても理解して当たり前の感覚があったと思います。そこは大いに反省しました。

 特に、出張でもないのに夜離れて眠る。その間に悪い事ばかりが頭を過り、クラ君と嫁にとっては本当に辛い日々でした。楽しい事を考えようと何かを話せば、タイミング悪くクラ君を怒らせるばかりの時もあり・・・話してもダメ、黙っていれば暗い顔。お互いに責める日もあり「このままでいいのかな?」と思う日も有りました。

しかし、こういった状況に「奥さんだからだよ・・・もしも結婚していない恋人とかならこんな事は無い。全てを受け止めるという、絶対に最後は自分と一緒にいるという気持ちがなければ、絶対に喧嘩は生じない」とアドバイスを受けてから、一つ一つを整理して考えました。

 その頃には薬の処置が早かったお陰で、1人では動けない状況からトイレなどには行けるほど回復をしていました。

それでも、もしも彼が病院へ来た頃のように動けない。もっと酷く、例えば脳死のように動けなかったら嫁はどうするのかな?一つ一つを頭に書き出して、出た答えは嫁にとっての半身でした。

愛してるというよりも、嫁にとっての全てであり世界でも有りました。死が二人を分かつまで一緒に居たい。その為には、この先にもっと辛い事が待っていようが、クラ君と一緒に居たい。出来る事は何でもしようと決めました。

 桜が咲くころに、クラ君が「外出届を出して、桜を見よう」と言ってくれ
 どうして僕の奥さんなのに(結婚)指輪をしないの?サイズを直ぐに直しておいで。
 
まだまだ喧嘩を繰り返しながらもお互いに距離を縮めつつ、退院の日付が決まってからは少しづつ会話が増えてきました。

 今はやっぱりお互いに必要な人だと心から思います。喧嘩を振り返ってみても、逆にこの世で一番大切な相手だと思い知らされました。

時は平成から令和へ・・・これからも、二人で手を携えて、気持ちを新たに頑張っていきたいと思います。

退院後も皆様のご支援、ご鞭撻の程を宜しくお願い致します。お見舞い頂けた方々に感謝を申し上げます。

今は仕事の事を一番に体調を整えています。またプライベートではオリンピックの事や銀婚式の事など、何だかんだと嫁を一番に気遣ってもらって、その気持ちが嬉しい日々です。

Posted at 2019年05月01日 23時38分04秒

 
トラックバック一覧