一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

最悪な週末

 先ずは豪雨でお亡くなりになられた方、ご家族の方々に哀悼の意を表します。

色々と数字がおかしい。一地域で1000mm1800mmの雨量って・・?思わず目が点になりました。

この地方は通常三重県で雨量が多いのですが、今回は岐阜。愛知県は岐阜の恩恵を受けて生活が成り立ってるので言葉を失いました。

 流石に郡上の知り合いは、早々に避難していました。それでも普段は目にしない地域の名前がニュースで流れていました。昔堤防が決壊した地域にも親類がいるので「大丈夫?」と声を掛けると「長良川が決壊しない限り大丈夫」と昼間は余裕でしたが、流石に夜になったら慌てたみたいです。

家自体盛り土で1.5m位高くしてあるという昔からの知恵も使っていたので、幸い何とも無かったとの事ですが、四国みたいに日本で一番降雨量が少ない地域で1000mm超えるとなると想定外も想定外でしょう。

まだ、こちら(岐阜)では大雨警報が出ているので、気を付けて欲しいと願います。

通常であれば「七夕」だなー、雨だなーというのが例年ですが。今年は天の川がひっくり返ったような天気で怖かったですね。テレビを視ていたら、ベランダの水をコップで掻き出しているお子さんが映っていました。

 こういった場合、ドレーンの掃除が大切だと実感します。また屋根の雨水が樋からベランダに流れ込む場合もあります。場合によっちゃ、樋をぶった切って、バケツを交換しながら排水した方が効率的です。焼け石に水としても、2階に寝る場所が確保できるだけでもその後が違います。

こういう災害時には躊躇すると命取りになる事が多くて胸が痛みます。

東海豪雨の後も、灯の消えた街はゴーストタウンのようで怖かった事を思い出します。復旧に1年。場所によっては2〜3年かかりました。

早く復旧が進む事を祈ります。

Posted at 2018年07月09日 17時44分21秒

 
トラックバック一覧