一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

ロボの時代

 先週末に八坂神社のお祭りが終わりました。むちゃくちゃな強風で、神社の山竿の一部が折れたなんて初めて!!!高齢の義父の姉が風に飛ばされ転がり、とっさに支えた義弟は足を捻挫。散々なお祭りでしたが、最後になるやも知れぬ義父は皆が集まり嬉しそうだったのが救いです。よかった。

 さて、設計士の仕事もあと10年も経てばAIが15分程度でプランニングしてくれる時代になるそうです。構造計算も図面を入れれば計算可能になるのかな?設備も・・・まあAIが・・・

医療の世界ですら、見つけにくい胃炎と胃がん(スキルス)をAIがマーキング出来る時代になったのし、もう少しで車の免許なんて必要にならなくなるでしょうし・・・凄い時代が来るな〜

黒電話の権利金が25万(今の50万くらい)から、バブルで7万8千円。そして携帯の出現で紙切れになったように、設計士も不要の時代になっていくのかな?建築調査と点検は目視の方が早い場合もあるし、人がやる仕事のままだとは思いますが、机の上で出来る意匠、構造、設備はもしかするとAIが主流になるかも知れません。嫌な時代だな。

 建築現場もロボが活躍する時代が来そうです。清水建設さんは大阪の大学とコラボして、溶接をロボが行っていくというのを開発したそうです。人費が押さえられても開発費があるので、工事代金が安くなるとは限りませんが・・・期待しましょう。

ただ、人の足腰をサポートする機械は「どうかな〜?」と疑問に思います。これを装着すると今までの3倍程度の荷物が持ち上がるそうですが、ピラミッド建設に従事した人の遺骨を調査したグループからは、腰の軟骨が潰れた遺体が多かったという結果が上がったそうです。持ち上げるには楽でも、しょせん人の体。運べるだけ運ぶ方が結果的には負担が無いのでは?と考えます。

 コンクリートも下手をすると3Dが活躍しそうですし・・・建築は、基礎の配筋屋さんとか鳶さん達だけが残る時代になるのかもと思います。

Posted at 2018年05月22日 23時41分49秒

 
トラックバック一覧