一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

役所という所は意外にも・・・

 また国会でモリカケが始まり、内容などで「陳情」とかありますね。それについてです。

うちの事務所も、ここに引っ越す以前に財務局から土地を購入しました。うちが購入したと聞いた友人も物納物件などに興味を持ち、何人かはそれを購入しました。

財務局でなくても、地方の入札(払い下げ)などを目にされた事があると思います。新聞や広告でもあります。今はネットが主流ではあります。

こういった物件は・・・余り触手が動かない物も多いのですが、まれに「いいね!」という物件もあります。そういった事に素人として突入した経験or身近な意見ですが、時間が経っているので今がどうかは知りません。という事で参考程度でお願いします。

 国家公務員がお身内にいらっしゃる方には「あるある」なんですが、例え家族でも重要な案件に関わっている場合は、おっそろしく口は重く、しゃべりません。ですから他人であれば、ほぼ皆無です。そこを前提に読んで下さい。

財務局で払い下げなどを購入の際に、やたらルールが厳しい事もあり、通常不動産屋に依頼される方も多いです。が、個人でも買いたいなどの強い意志を持ち、熱心にルールや方法を質問すると懇切丁寧に教えてくれます。

足げく通い、顔見知りになれば相手も人間です。忖度はしてはくれませんが、ざっくりと何月頃に来ると新しいのが出るよ程度の事は教えてくれます。今はこういった払い下げ物件も銀行で融資が受けられますが、昔は銀行では不可。一緒にどこへいけば借りられるか?知恵を絞って考えて頂けた方もいます。

 少し前の話ですが、友人が個人で登記しようと法務局へ出かけると、新築の場合は書士さんに頼んでと言われたそうです。まだ漢数字で登記をしなくてはならない20年ほど前は、自分でできました。うちのそうですが、他の設計士さんもご自身で登記された方は多いです。

そういう表示登記などで必要なのは、完了検査の葉書なんですが、中には工務店とトラブり(といっても施主に非はない)嫌がられせで完了の証明を出さないという最悪の事がありました。

はっきりといえば「もっとお金を〜」です。契約以上金額を変更なしの物件で支払う必要はなかったので、当然支払い拒否。今みたいに完了検査済証がきっちりと必要でなく、当時は元請の証明で表示登記。なんですが、設計士が不在(工務店内)。設計施工の分離発注でなかったので、他に証明を書いてくれる人がいなくて登記ができない。

しかも、期限までに引き渡しを受けないと融資が受けられず。さあ、困ったという事で、何度も法務局に通い、事情を話すうちに、最後は上の人まで話が伝わり、融資リミットぎりぎりの前日に本登記完了。通常1週間程度はかかる流れを優先して3日で終えてくれたそうです。

 非情にレアなケースですが、やはり根気よくお願いするという行為も大切です。勿論、本人に非が無いという条件付きですけれど。

 色々とお役所仕事だとか言われる立場では有りますが、モリカケでも個人でも、人の熱意と信念は必要ですし、役所にお勤めの方も鬼じゃない。ただ国民の財産を預かっているので、ルールを重んじるのは仕方が無いです。それでもやはり、どこかに人情はあると信じられた出来事ですね。

Posted at 2018年05月11日 00時22分53秒

 
トラックバック一覧