一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

水戸記2−弘道館

 電車までの時間が余り、というか急いでバーガーを食べて向かうは水戸の学び舎である「弘道館」を見学してきました。水戸駅北口から歩いて5〜10分の位置です。

呼ばれた気がする(幻聴)そうです。



先ずは門をくぐると屋根についての説明があります。

やはり東北の大震災であちらこちらと崩れたみたいで、修復の過程の説明看板なども見かけました。



内部の写真撮影はNGという事です。こちらは玄関の写真です。当時の学生の賑わいが聞こえてきそうです。こちらは徳川慶喜将軍が大政奉還にあたり4か月蟄居を命じられて過ごした場所だそうです。美しい長持ちが展示されていました。

裏の八卦堂や孔子廟も見てきました。




 やはり徳川というか日本は古来より教育を大事にしてきた民族なんだなという感想です。徳川家が全国に造った、こういった学び舎の説明もありました。名古屋も明倫ですね。

 今は普通に無料の公立小学校ですが、戦前や戦後直後に明倫へ通ってるとなると超お金持ちです。うちの町内にもお一人そういうお年寄りがいらっしゃいましたが、学校の話の中で「明倫」とお答えになった方に「・・おーーー!・・凄い。よく通えたね」と感嘆の声が上がっていました。

田中角栄さんが通っていた高等小学校ですら、高額な学費が必要だった時代。徳川の設立した学び舎は、私塾で優秀で先生からの紹介か、武道なら紹介なし(身分は必要ですが)で入塾可能だったそうです。午前は勉学、午後は武道。汗を流す板場もあります。充実した施設だったと想像ができます。

 何より、日本人が大事とした大道は間違っていないから、それを大切にして生きる。という言葉に心が打たれました。

Posted at 2018年04月29日 02時41分34秒

 
トラックバック一覧