一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

サブリース

 サブリースって何?という方もお見えだと思いますが、所謂一括管理で家賃保証と銘打たれている「又貸し」物件です。間に大小の違いはあれど、不動産関係か建築業を挟んで大家さんがお金を受け取る形になります。

ある意味、オーナー様方にとっては面倒がなく素晴らしいシステム。ある意味では、建築条件が外せないという、建築関係にとってはおいしいシステムです。

 日経などを読んでおられる方はこのサブリースでスマートデイズが民事再生を行ったという事をご存じだと思います。オーナー様はアッパークラスが殆どのようですが、ここで問題もあり、銀行融資を受ける際に自己資金を水増しされていた方もいらっしゃる様です。ニュースには700人のオーナー様が存在してるとの事。税理士さんや会計士さん、銀行関係の方なら自己破産すら出来ないでしょう。地獄です。

 まず簡単に言えば、30年の借上げ家賃保証は普通に破棄できます。景気の良し悪しや交通に因る路線価格の変動で、固定資産税が10年後も同じとは限りません。ましてや経年劣化や災害に因る破損や倒壊の可能性もあります。年齢によっては30年後に生きているとは限りません。
感覚的ですが5年毎周期の契約見直しで有れば、問題は生じないと思います。

今回はシェアハウスという名目でアパートが建てられたようですが、ここの図面にシェアの定義である共同リビングは有りません。交流がない場合はシェアではありませんので、そういった所への客付け(入居者募集)の依頼も出来ません。

また2500〜3000万円程度の木造建築が7000万円ほどだそうです。アパートなどは水回りの設備や扉の数が必要ですから、一般住宅よりは高いのですが・・・倍は厳しいなー

 工場組み立てなどが出来る大手さんなら6〜7割の粗利。小さな工務店さんなら3〜4割の粗利ですが、この場合は9割の粗利かな?金融庁も動いているとの事で大変な数字です。

記事が出る度に、読めば読むほど唖然とします。

いやね、本当に止めて欲しい。こういった事があると結局迷惑が掛かるのは、きちんとした方々なんですよね。法律関係や融資が厳しくなるだけで、真面目な大家さんや建築関係は辟易とするだけ。

 このかぼちゃの馬車のオーナー様には申し訳ないのですが「何で設計士に相談すらしなかった?」と突っ込みたいです。図面と仕様書を見ればデタラメな建築費なんて論破されたと思いますが、日本では海外と違って建築士より工務店に相談しちゃうんでしょうね。ただ知り合いに工務店さんがいらっしゃれば、そういった人に相談しても良かったのでは?と考えます。

もし相談料金や報告書が発生してもマックス3万程度。人生が狂う金額ではないと思います。

色々な投資の話を聞いたり計画する事はとても素晴らしい事と思いますが、無理はないか?おかしくないか?という立ち止まる姿勢も大切ですね。早く解決する事を望みます。

Posted at 2018年04月14日 23時16分05秒

 
トラックバック一覧