一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

オリンピックの怪鳥?

 オリンピック始まりましたね。アイスホッケー残念でしたー((+_+))息子が一緒なら、ルールの解説が聞けてもう少し楽しめたのになー・・・

それで開会式に出てきた人面鳥が話題になっていますが・・・

「フケイ」という名前だそうです。平和?の時に降りて来る?

いつから解釈変わった?

 建築は仏閣などもあるので、仏教的な事も勉強はします。飛鳥時代など社会や美術の教科書でも見た事があるとは思います。あれは迦陵頻迦を思い出しますが、明確には違うと思います。
教科書で見た事があるのは、胴体がスズメやカッコウですよね?そして翼には楽器が描かれています。白では有りませんし、胴体のバランスが違います。

そして教科書のは美しい音楽や鳴き声を表しているので、琵琶や笛などが一緒に描かれています。

 仏教は鳥も多く存在しますが、白い鳥は白鳥。それに人の顔があります。白い鳥は仏様の白い心。穢れが無いという事を表現し、天上に住んでいます。

うちなどは家相も扱っているので、そういった事に興味のある方にパッとイメージして貰えるのは「孔雀明王」ではないでしょうか?人の顔はついてはいませんが、インドは孔雀が普通に身近な鳥ですから、仏教の世界でも身近な神様(毒蛇をやっつける)たっだのでしょう。

ただ名前がフケイになると余り良い意味ではなかった気がします。ハーピー(ゲームの世界じゃ可愛いけれど)それに近いのでは無いでしょうか?

 インドを源流として、中国経由で朝鮮半島と日本へもたらされた仏教ですが、その土地土地で解釈が変わるのだなという感想です。もしくは、李氏朝鮮が始まった時代に仏教禁止となったので、解釈が違うのかも知れませんね。

 何にしろ極寒の中、選手の皆様は体に気を付けてメダルを取るように頑張って下さい。一番の楽しみはレジェんト葛西選手の金メダル!これこそ本当に神様仏様〜です。

Posted at 2018年02月10日 23時16分17秒

 
トラックバック一覧