一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

設計士の忙殺期

 今週のクラ君。ガンガンと電話が入り、隙間隙間にスケジュールが詰まっていっています。
突然「明後日まで」とか「今週中に・・」という電話。四苦八苦しながら予定をこなしています。

一つだけ助かったのは、今週に入り週末に大阪へ〜・・・元々入っていた現地調査が県内と他県であった事から「・・・全部遠い・・・全部片道2時間〜」と、真っ青になりましたが、たまたまクライアントの都合がつかず、大阪の日程がずれたので全力で図面と報告書をこなしています。

現地調査というのは建築予定地の土地の様子を確認に行くのですが、宅地や畑ならともかく、山となると・・・役所が開いている時間。地元自治会などのルールの確認。夏は蛇とかスズメバチの危険。しかも合併した市ですと役所が片道30分とかあるので結構大変なんです。

 同じ設計士仲間数人に会った際に「どう?」と聞くと「言わなくても分かるでしょ?」とか「何だろ?訳分かんない位忙しい」とか「パン、パンのパンパン」です。寝不足の目ですね。

住宅などは固定資産税の関係で、計画段階で入居は正月過ぎが多いのです。ですから完了検査は予約で一杯一杯。もう殆ど空きがありません。完了検査の書類に追われると同時に、この時期は来年建築を考えられている方のプランなども増えます。また、役所関係は3月までなので、公共の建物調査や検査もボリュームが厚くなります。

 お互いに「手伝って」「面白いね〜、この時期にそんな冗談言えるなんて(殺気)」「ヒマな設計士を探す方が難しいわ!」と叱られたそうです。良い友達関係でした。(すっとぼけ)

友達といえば、先日クラ君の同級生が久しぶりにテレビに出ていました。独立当初、住宅検査専門で行くといい、挨拶を受けた時に「下手をすると建築から恨まれるけれどよく覚悟したな」と送り出した方ですが、相変わらず欠陥住宅などの番組で引っ張りだこの様です。根性は本当に立派です。

設計士の仕事の内容は様々ですが、役所が閉まるまでの1か月。怒涛の年末へ突入です。
 

Posted at 2017年11月29日 01時56分03秒

 
トラックバック一覧