一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

AIと住宅と主婦

 いやー、もうすぐトランプ大統領が来日されますが、そんな時にNYでテロ・・・勿論お亡くなりになった方には哀悼の意を捧げます。小さなお子さんも犠牲になった事は大変痛ましい事です。

しかしこのタイミングですと、東京の方は警備がきつくなって大変でしょうね。交通規制などを考えるとタクシーや車での移動、物流関係の方はうんざりだと思います。クラ君も近々東京へ行く予定ですが、日付がぶつからなくて助かりました。ついでに安藤さんの展示会へ六本木まで足を延ばす予定だそうです。

 さてAIの登場により、住宅にも変化が生まれそうですね。
こういった事になるとパソコンが普及し始めてからの住宅の計画変化を思い出します。

これからはデザインの多様性は今まで通りとしても、暮らし方に因る多様性を提案していく時代になってきたと感じています。AIは一人暮らしならば便利だと思います。また高齢者のご夫婦や病気などで手足が痛い方なども便利だと思います。

「電気を点けて」テレビのチャンネルなど・・・でもね、子供や若い人に必要かな?将来50歳を過ぎたら今の70代くらいの筋肉量しかなくなるんじゃないのかな?もしかすると、補助機械が進歩するから、そんな心配しなくてもいいのかな?

洗濯物をたたむ機械まで販売されていますが、それをどういうスペースに置くのかな?その機械がもっと進歩して、たたむ〜片づけるまで出来たらまた間取りを考えんきゃいけないのかな?

 嫁の立場としては、掃除のAIだって埃は捨てなきゃならないし、雑巾がけのAIも交換しなきゃならない。洗濯だって大きなかごに入れて置けば勝手に分類して洗って乾かして片づけまでやって欲しいが、結局埃捨てや洗濯機本体の洗い(洗濯機を洗って黒カビや洗濯洗剤のカスを流す事)は結局は主婦という生暖かいロボットみたいな存在がお膳立てをしなきゃ成り立たない。

男性は無邪気にAIを喜ぶと思いますが、女性はどれ以上が便利なのか?疑問が残ります。
一番はお手伝いさんを雇える御主人様がベストでしょうが・・・入籍記念日に旦那さんをデイスってる場合じゃないですね。はい。

うーん、AI中心の住宅か?昔ながらの住宅に極端に分かれていくかも知れませんね。

Posted at 2017年11月01日 22時53分33秒

 
トラックバック一覧