一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

立秋

 クラ&嫁  ただいまーです。2日早く梅君が事務所に戻り西区のリフォーム現場へ・・・

東京は暑かったですよー。今朝も8時の時点で渋谷38度・・・今日の夕方、家に到着して10分後に落雷と大雨のお出迎えでしたが、お陰さまでこの時間は涼しく扇風機の風がひんやりしています。明日は立秋で大安。リフォームの現場も引渡しです。

 梅君が入所してくれたお陰で、交代交代で出張に出かけられ事務所不在が無くなり助かっています。クラ君は長期で不在が許されないので、存在に助けられていますね。梅君は昨日初めて完了検査証を受け取りました。よしよし!

 今回の出張には設計を目指す高校生が研修というより職業体験に来ました。将来本当に設計を目指していいのか?自分で考えるためですから、出来る事といえば本当に検査対象の建物の鍵を開け閉めして脚立を運ぶだけなんですが・・・

しかし、この暑さ・・・に、閉めっぱなしの部屋は熱気でサウナ状態。一瞬で腕の毛穴からも大粒の汗が流れ落ちてきます。手拭いが3〜4本、タオルが2本。午前中だけで汗が絞れるほどです。水分が1リットル必要。これが1日に午前と午後。

 大変だったと思いますよ。一応は絶対に無理をしないで!と厳命しました。プロではないので、気分が悪くなったら離脱する事!これだけは守ってほしいと2日間様子をみました。
でもさすが!若いですね。元気でした。

「設計は椅子に座ってデザインをしている仕事でなく、暑い寒い日も現場でコンクリート打ちを見守ったり、大工さんの仕事を見て学んだりと現場で知る知識も多いから、この暑さを乗り越えてそれでも志が萎えなければ向いている」「設計は医者と同じ、知識だけでなく体力も気力も充実していないと続かないよ。お医者さんだって手術で12時間とか立ちっぱなしで細心の注意を払って人を救うでしょ?勉強が出来るだけじゃなれない仕事だよ」と伝えると頷いていました。

 今回こういった事を受け入れたのは、親御さんからの相談もありましたが将来の設計士を育てる事も大切な仕事だと考えたからです。梅やうちの息子が設計の免許に合格の暁は、一人でも同年代で支えあう人が多い方が、一人親方の多い業界で心強いと考えたからです。

 しかし、やはり多くの建築科の学生さんは「コンペで○○賞を取った」から「図面は下請けで自分はゼネコンで指示を出して大きい建物のデザインをやりたい」
これ、カフェなんかでよく耳にする会話なんですが・・・図面が書けないのに、どうやって間違いを指摘するのかな?などと疑問が湧きます。何でも仕事は大変ですが、好きで有る事と覚悟を持って挑戦して欲しいと願います。・・・あ、うちの息子はスーパーブラックホール職業という認識ですから心配していません。

東京では既に鈴虫の声を聞きました。暑くても空には入道雲。秋は近づいていますね。

Posted at 2015年08月07日 23時57分37秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*