一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

受験と家相

 朝、センター試験への会場に1本で行ける駅まで息子を送った。いつもの駅からだと乗換えなどの混乱を避ける為だが「いいよ、別に・・」というけれど、せめて駅まで送らせて欲しいと・・・
1日12時間以上は机に向かっていた日々も、笑っても泣いてもあと僅か。

帰りの車のラジオから試験場に入る子供達の様子や、子供から「腕時計を忘れたから」と再度駅まで戻った母のツイが読まれていました。幸い我が家はそんな事はなかったけれど、急に緊張しました。センター目標8割。受験の度に我が家では「人事を尽くして天命を待つ」が繰り返されます。

娘は娘で色々な試験が続き、こちらも「疲れた」と言いながら勉強。本日も明日もテストがあり、せめてもの慰めは夕飯に好きな物を作ってあげる事と仕事を頑張るしかありません。息子には「鰤大根」娘は「マッシュポテトのクリームグラタン」変な組み合わせの夕飯でした。

 さて受験の時期になると、各雑誌などで「勉強」をメインにした家相のページが増えます。

有名な先生方が多いとは思いますが話し半分以下で考えたほうがいいですよ。ただ、勉強しやすい間取りというのは存在しますし、動線(導線)はあります。でも、やっぱり地の条件に大きく左右されますし、その子が生まれ持った運命もあります。また勉強ができるから素晴らしい人生が確定している訳ではありません。

 家相は基本的に建築主の運勢を見て判断しないと、何とも言えません。画一的なテンプレートで決めた家相の間取りは平均的な間取りです。絶対に良いとは言えないのです。いつも、ここで申し上げるのですが、建築と家相の両方をきちんと勉強しないと融合できないのです。

こういった場合、希望の間取りを占い師さんに判断してもらうのではなく参考程度にされた方がベターだと思います。・・・が、時々とんでもない能力者にも出会う事もあります。それは認めます。もうお亡くなりになった方ですが、心臓が掴まれる程、結婚が決まる日まで、しかも交際していないクラ君の名前や娘が10代で交通事故に会うなど何もかもが当たっていた事もありますが、そんな人は後にも先にもたった嫁の生まれた日に名前を決めてくれた人と合わせて二人だけでした。

建築は予算もありますから、家相に振り回されない計画を立てるのが一番かと考えます。 

Posted at 2015年01月16日 23時17分14秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*