一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

センター試験

風は冷たくとも、日差しは春の装いになってきました。雪割草のような気分です。
クラ君はセンターやら打ち合わせやらで、ほぼ朝から夜まで居ません。気がつくと一旦家に戻りご飯、一旦家に戻り10分ほどお茶を啜って業務連絡、図面、出かけるの繰り返しです。

 まあ、私達二人とも言葉には出さないけれど現在は複雑な気持で明日を待っています。

全国の受験生!というか息子!(すいません、親ばかで・・・)頑張れ!
「頑張れ!っていわれると頑張っているのに・・・と思うしプレッシャーになるから言わないで」
ごもっとも!まるで○病みたいな禁句、頑張れ!

 ここで建築に関する大学受験なんですが、結構複雑なんですよね。

例えば美術なら絶対に美術の試験があるし、理系でも文系でもペーパーテストだけです。

しかし建築は学校により美術配点が高い、美術がない(ペーパーオンリー)、15人しか入れない国立では、センター、ペーパー、美術、面接で3浪は普通。前期がペーパー、後期は論文と美術。私立も同じ学科なのに工学部と理工学部で場所が違うだけとか・・・調べているだけでも「え?こっちは?」と頭が混乱してきます。

 因みに息子の学校、本当にアバウト!「受けたいところが学びたい所」はいいけれど、3年生の進学相談で「今から美術やってもアウトだよ」と笑顔で・・・はい?・・他の進学学校が2年生で進学相談をする意味がその時に初めて理解できました。

先生のうち一人だけクラ君と同じ学校出身がいますが「僕、全く解らないんですよね。大学ってどうやって受けるんでしょうね?」・・・そりゃ、そうだよね〜。5年生に就職か進学か聞かれて、形だけ論文出せば有名大学の3年生になれるんだから解るはずもないし、5年生の卒業時点で大学までのカリキュラム終わっちゃっている学校の卒業生に進学相談は無理だよね。うん。ごめん。

 しかしながら有難いのは、成績が良いから「東大へ行け」とか、成績が悪いから「私立へ行け」という強制は一切無く、本人の希望に沿ってしかアドバイスを行わない点です。他の進学校は結構先生の意見が中心で、予備校と同じ感じだとは聞きました。

愛知県で有名な公立の一つでは、東大京大は進学相談に乗るし、かろうじて名大。それ以外は勝手にやってね・・・」
子供が学校の名誉だけのロボットなんて、私達の時代と変わらないなーと思っていましたが、考えれば受験戦争という指導をされた世代が先生として一番脂が乗っているんですね。

 受験は水物・・・当日のコンデイションや会場の状態など雰囲気もあります。自信満々だったはずの子がセンターを落としたり、クラ君みたいに「バイオリズムが最高だったから」という変なテンションで合格を勝ち取る人もいます。

設計を希望する全ての子が、希望通りの学校に進めるとは限りませんが、うちの息子を含め明日は決戦の第一歩。うざいと思われたり調子を崩すといけないから、怖くて声を出せませんが、どこの父も母も全力を出せるように祈っています。

 中学受験の前夜みたいな緊張感が急に胸に広がってきました。何も出来ない、手助け出来ませんが、心は「笑顔で帰ってきますように」と願っています。まず、明日は文系のテスト。明後日はメインの数学などの理系。静かに結果を待ちたいと思います。

Posted at 2015年01月18日 01時17分00秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*