一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

デザインビルド

 寒い・・・もう少し経つとクラ君は時々、嫁は他県へ暫く常駐しますがこの寒さに耐えられるな?カイロに温めて貰いながら頑張ります。
 
 さてデザインビルドってご存知ですか?設計施工が一体型となったと考えれば良いと思います。

国土交通省が推奨している形は、基本的に設計と施工は別会社にして下さいという形です。コストダウンや馴れ合いを避けるためです。しかしながら、工務店の受注やハウスメーカーさんなどは表面上の形はデザインビルドです。

うちの場合はお客様の希望ですね。中にはご自分の親戚の関係から入札参加もあれば、キッチンなど身内がお勤めされている会社への分離発注(施主配給)もあり、これという方法は決まっていません。勿論、デザインビルドの形式ですと、今までのうちの会社が発注した施工実績です。

 RCならここが上手、鉄骨なら、木造でも伝統家屋ならここ、といった具合です。メリットは時間的な余裕や、金額的な問題がある場合、何とかしてよ・・・といったお願いが出来る事ですね。

デメリットは、お客様が知らない工務店などを紹介されるので最初の頃に不安を感じる事でしょうか?それは仕方が無いのですが今の所はその法がスムーズです。

 そこで「設計士不要論」が出てくる場合もあります。デザインならデザインを勉強すれば出来るから設計免許がなくても出来る。そりゃ出来ますよ。イメージだけなら(笑)という話です。

ただプロットの段階で、どこに柱を通して、どうすれば吹き抜けなどで天井が落ちないか?という理論を持ちながらデザインできるのであれば・・・関係がないのなら大学で建築科も必要ないし、試験も必要がない。物理を理解する必要も科学も必要がないのです。

そして何より、雨が漏ろうが、屋根が落ちようが、建築士だけが責任を取るシステムを廃止すればいいのです。工務店のように、再度会社を立ち上げたり出来る。このシステムを廃止すれば納得します。設計士なんか免許がなければ知識があってもただの人になってしまうのですから、同じ様に刑事罰を与えるのなら全ての設計士が納得するでしょう。

 何でも簡単に必要不要を、設計免許のない、ある意味影響力の強い立場の人がポンと書いてしまうのは疑問でした。最終的に何をチョイスするかはお客様ですから、何も言えない事も本当の事です。今夜はつらつらと、自分が疑問に感じた事を書いてしまいました。

Posted at 2015年01月12日 01時50分55秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*