一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

現場での放火って

やっとこさ名古屋に戻ってきました。

週明けの名古屋駅での水の映像を観て慌てた、慌てた。娘の学校へ電話を入れると「通常授業」  家へ電話をしている最中に息子の方は「9時出校」のメール。

 傍に居なかったので状況が飲み込めず、クラ君と嫁の心はプチ修羅場でした。

帰りは御殿場SAで駿河湾を見ました。晴れていてとても綺麗で3日前の騒動なんて信じられませんでした。

さて、関東では多摩市の建築中の現場の放火について、何となく話しになったんですが・・・
一様に「工務店真っ青だね」

 いくら契約で3000万4000万という世界だとしても、お金は銀行に会社の土地を根抵当に入れて借金をしながら建材を仕入れたり、人費を立て替えたりという会社が殆どです。利子もきっちり取られます。とはいえ、計画通りの引渡しなら利子なんて痛くも痒くもないはずです。(買うお客様の負担ですから)

しかし、こういった場合は「罹災証明」が出れば、解体の廃材は無料ですが、調査が終わるまでは罹災証明が出ない事。また本当に放火魔なのか?保険目当ての便乗犯罪か?確定をするまでは保険金が下りないのです。工務店は泣きっ面に蜂でしょう。待っているお客様も楽しみにされていたでしょうが、場合によっては建売の場合は契約破棄もあり得るでしょう。そうなると工務店だけは負債となって、可哀想な状況に追い込まれます。

大手さんなら大丈夫でも、地元の工務店主導でしたら場合によっては倒産に追い込まれるかも・・・真面目に家に火を付けるな!と思います。

Posted at 2014年09月28日 01時11分55秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*