一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

学生さんの現場見学

 千種区カナレの板倉では多くの市工芸の学生さんが見学に訪づれて頂けました。

その中の一人は朝早くから棟梁の手元を手伝いに来たりと、嬉しい限りです。



女子も多いんですね。実は先日建築士会で設計デザインの表彰を受けたのも、ここの学生さんで、しかも女性です。







パネル形式や2×4などとは違い初めて見る工法でも有り、また昔ながらの大工仕事を注文されるお施主様も減ったので、土地いっぱいに「木の香り」が漂う現場もワクワクすると思います。

 クラ君は、うちの息子と同じ年齢とは思えない程しっかりしていて「素晴らしい」と言って帰ってきました。本当に、私達も「血の繋がり」よりも「伝統の継承」を考える年齢になってきて、本気で後継者を求める段階に入ってきました。

30代や40代の前半では、今思うと青い時代です。技術や経験は最低10年あれば十分ですが、経験を生かしたり、どう変化できるには、やはり20年の歳月が必要でした。しかし、この先10年後に誰かを育てるには時間が掛かり、根気や体力が落ちます。

 今から20年後くらいまでが、クラ君が一番脂の乗る時期に入ったのかも知れません。これから消費税が上がって、仕事が減るかも知れませんが、前回の増税を乗り切った事や、クラ君にしか出来ない仕事の進め方を周囲に認められている点も、誰かを育てるには一番良い時期に来ているのかも知れません。

うちの息子も、この中の誰かと将来ご縁があって、現場を勧める仲間になるやも知れません。新しい世代が成長してるんだな〜・・・と感じます。まあ、毎年、下から生まれては来ていますが、若い時には感じずに、前しか見えずに仕事をしてきたからですね。

さて、帰ってきてからクラ君が「うちの息子に爪の垢でも飲ませたいよ。本当にみんなしっかりしてたよ。息子は感動さえしてくれない」と言っていましたが、嫁は息子の肩を持とうと思います。

生まれた時から背中に背負って、足場を移動して、土日はもれなくお仕事で、遊びに連れていけないのを夏休みとか休みには現場で納得させておきながら・・・

今更、息子と娘が「わ〜!凄〜い♪感激〜!」って、いうわけ無いじゃん(笑)(-言−)

冷静に基礎見て「○○坪?」そんな子供に育てたのはクラ君です。

Posted at 2014年03月29日 02時36分23秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*