一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

地鎮祭

先日18日の地鎮祭の写真です。


無事に良き日を迎えられておめでとうございます。

さてさて、その後は東京、リフォームの打ち合わせと日々が早く過ぎていきました。毎年、この時期になると年末まで余裕を感じる暇がありません。有難い事です。

ところで、消費税について「どうなの?」と思う事があるんですが

有識者会議というものが在りました。3%に上がる前もありましたが、会議室を出たら「増税」の結論。5%の時も「総理の判断」といいつつ会議が終わったら「増税」今回も茶番劇だと思っていましたが、つい最近まで10月に総理が判断????

ここで問題があります。
前回までの増税は3月31日までの契約で無税というか旧税率でした。今回は「10月の判断なのに契約は9月末日までに結ばないと3月以降の引き渡しは8%となります。10月の契約ですと3月末以降の引き渡しは8%。昔ながらの建て方の家ですと工程がタイトになります。

正直に建築業界は本当に迷惑です。多分、引越し関係の業者さんも迷惑でしょうが、もしかすると3月一杯までにお金を払えばいいのかな?

2月3月は内装業者が確保が難しいのです。通常期、閑散期の仕事を確保する為に賃貸業者やローコストのハウスメーカーさんと「他の仕事よりも先約」という契約をしている方が多いんですよね。特にクロス関係。

そうなると、閑散期の1.5〜2倍位の高値を提示しないと業者の確保ができない事が多いのです。誰でも「稼げる時に稼ぐ」という心理が働くのは仕方がありません。ましてや、増税で上がるとなると、前回の5%増税の時のように施行後1年で約30%が倒産していた過去を知っている業者なら、特にその傾向は強くなると予測されます。

結論的には「クロスが貼れないと完了検査が受けられない」→引渡しが遅れる
ましてや検査員」だって数が決まっています。3月15日位を最終リミットで考えないと、その後の抵当から融資実行まで全てグダグダになるか心配です。

もう契約が終わっている方は心配はありませんが、子供の関係で「入学式」までにというのは、少し大変かも知れません。もういっそ、4月とか5月の方が引越料金が3月の半分以下になるので、ゆっくりと引き渡された方が気持にも余裕が出来るかも知れません。

 8%か〜〜〜〜〜、私生活も面倒ですね。手持ちの郵便切手に1円を足して「41円」「62円」と貼っていました。仕事も面倒だから、3日前から「2900円なら2987円」「3900円なら4017円」と暗記して臨みました。

初めての消費税体験に、1円玉パニック。8%・・・ん〜、面倒です。

消費税上げるなら、所得税なくしてください。老人、子供の控除も結構な削られ方をして増税しているんですから・・・所得税を無くすだけでも、購買意欲は上がるから税収は増えると思うんですけれどね〜〜〜〜。20代から死ぬまでに最低4回の増税に立ち会うとは思いませんでした。

Posted at 2013年09月23日 00時23分10秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*