一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

消費税増税に関して

 一部、お客様に説明をさせて頂いた内容で間違いがありましたので、訂正とお詫びを申し上げます。増税の判断は10月です。まだ決定ではありません。また9月末までの契約か?直前までOKなのかについてご説明させて頂きます。

消費税増税に伴う内容ですが、今回、オリンピックが決まった事で間違いがなく上がると思います。また、有識者会議というのをニュースで見た限り前回3%から5%に上がった時と同じ印象でした。

一応、スタンスとして「やる」為の言い訳。これで自民が選挙で負けた〜〜という流れでした。

「今回は10月に判断する」と会議後に後から流れていましたが、多くの政治家(というよりも財務の希望)の賛成意見が出た時点で、現行という事は無いと思います。10月というのは、一応世間の支持が得られやすい「オリンピック」が考慮されているとは思いますが、基本的にオリンピックなど関係なく増税ですよね?

そうでなくては約15年前の、あの景気の悪い中での増税はあり得なかったからです。

 ただ、10月の判断ですと現在通知がされた特例期間の住宅などは「どうなるの?9月末でしょ?」という疑問が湧きます。

現在は9月末までに契約を行えば4月1日以降の引渡しでも現行の5%です。

 前回の増税の時は「前日までの契約で3%」でした。
これは幾つかの工務店が夜中まで契約書を持ってお客様に呼ばれて印鑑を押していたのを覚えていますので間違いがないと思います。

勿論、途中変更や設備変更は5%の増税です。例え、水道の蛇口1つでも安いランクへの変更でも増税です。

 それでは今回は?となれば

例えば、もう建っている新築や中古住宅をキャッシュで買うのなら3月31日でも現行の5%です。(その後の司法書士さんなどの支払いは8%です)

また以前は銀行が建物が建っていない時点でも融資を実行していましたが、住宅詐欺や某倒産メーカーが先に支払いを受けてお金を回していた事件から、事前に支払う事は全て駄目になりました。当然といえば当然ですが、正直にやっている一般の方や、業者は迷惑以外何物でもないです。

 10月に契約しても3月の末まで(諸々を考えると2月末ですね)に建築終了、引渡しなら現行の5%です。確かにこの条件ですと、大きな物件や宮大工さんなどは不利ですね。ハウスメーカーさんみたいに組み立てで期間の短いものなら11月位まででも間に合うのではないでしょうか?

 建築や映画など期間を要するものは特例措置と言われても、前回のようでないと中々と厳しいでと感じます。これは徴収する側の税務署の手間や、増税後の翌年まで低い税率ですと「損」だという判断も入っていると感じます。

それでも一般の方には不親切な特例措置でしょうね。

何故なら景気が良くなるよと言われても、労使交渉の説明は1月2月(大きな会社の経験しかないので解らない所はごめんなさい)に就業時間を外して説明がなされますが、その時に大体これだけの給与だと思います。という判断が組合から説明されますよね。

ですからお給料や子供さんの進学や学費の予測などで具体的に動ける方は、殆どが年末から来年だと思います。

以上の点から、消費税は現在は9月末までの契約なら現行の5%。
建売やキャッシュ清算であれば3月末日までとなりますが、銀行の審査を受ける場合は3〜4週間前には審査書類を出していないと間に合いません。(多分、混み合うと思います)

Posted at 2013年09月08日 17時58分45秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*