一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

18日

 ご参加の皆様、足をお運び頂きありがとうございました。

当日はお天気も良く、本当に楽しかったです。小さなお子さんも来て和みました。

 お久しぶりのお顔も拝見でき、 私(嫁)の手前味噌な生け花を水切りして直して頂いたり、嬉しかったです。

ご参加のお一人で10年程前に新築された方から「建てる時は(間取りを)大きく、大きくと思っていたが、お願いして1点失敗しました。・・・大きすぎた・・・間取りはコンパクトな方がいいね」?・・・そういえば、計画時は5坪程度小さい提案だったような・・・・

「何故かあれから良い方向へ行くようになって、よかった」という事で、建築によって、きっと色々と心にも変化があったのでしょう。嬉しい限りです。また来年も来てくださいね。

「もしも、もう1回建てるなら、今度は小さくする」(^^)わかります。

お互いのお子さんもいつの間にか高校生。月日の経つのは本当に早いですね。

N様、りんごジュースを贈って頂き、ありがとうございました。
お顔が見えなくて寂しかったですよ。昨年N様とのお話が楽しかったという事でA様が楽しみにお待ちしていらっしゃいましたよ。先急ぎ、この場でお礼を申し上げます。

 今年は空もきれいで、山竿提灯が本当に美しかった。みなさん、一生懸命に写真を撮っておられました。よかった、よかった。

PS、S市のN様へ。

多分ブログをチェックされておられると思います。今回実はメールを送りましたが、アンノウズで、届きませんでした。Y社のH様経由でお聞きしても解らず残念です。
もしかして、転勤されてしまったかも知れません。来年日本にいらっしゃったら、ぜひ、お立ち寄りください。

 昨日の日曜は大雨・・・家の中で、友人と楽しみました。知らぬ間に子供の結婚という人生の話になり、住宅の話にもなったり・・・小さな頃から知っている父の友人とも何故か家の話になったり・・・深夜まで楽しかったです。

たまたま、住宅の話が多くなり、その中で「いいよね、ここは土地も大きいから家も大きく出来る」っていう内容になりました。

 うーん。確かに買うとなったら、とんでもなく自分たちではどうにもなりません。そこはご先祖様に感謝ですが、代々土地を維持していく事は想像するよりも大変です。家の歴史でもありますし、基本的には子孫から借りているという感覚です。

家の大きさについては何とも言えません。小さいから悪いとか不便とかは思えないのです。むしろシンプル イズ ベスト みたいな感じです。

 ただ、生まれた時からこの大きさに慣れている、特に父や集まってくる叔母からしてみれば「広い」とか疑問をもった事がないのです。しかし、母や嫁は「掃除」をしなくてはいけません。毎日、毎日、面倒臭い。

家なんて、そこでの役割によって感じ方が違います。掃除をする立場からしてみたら「30〜35坪もあれば6人暮らせるでしょ?」狭けりゃ、たまにホテルに泊まればいいじゃん。と反抗してみました。確かに50〜70人が食事に来ていた時代は、この大きさが必要だったとは思う。でも今は、そんな状況にない!!!というのが理由です。(お泊りされると、まるで旅館でした)

 実は10年〜15年くらい前に、ある業者さんがお亡くなりになる前にご挨拶を頂いたのですが

「帳簿を見ると清洲の時代から、何百年も代々お世話になりました。品物が余って困るとこの家が宴席を開いて(食料品)全て買い上げてくれ、うちの生活が成り立ちました」と訪れた時に

「ああ、我が家の宴会好きは遺伝子なんだ〜」と・・・(笑)江戸の頃の家も、今思い出すと宴会向きの間取りでした。でも、戦後の我が家はお金持ちでもなければ、私の兄弟も10人は居ない。やっぱり・・・小さく建てればよかったと考える事があります。

 

Posted at 2013年05月20日 18時44分43秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*