一級建築士事務所 クラ設計での設計、現場、その他日々の出来事をご紹介致します。 住宅の新築、改装、耐震改修や店舗設計その他、日々新着情報を報告していきたいと思います。 クラ設計の現場は随時見学OKです。新築、耐震改修、リフォーム等、ご希望の時期や工程を事前にご連絡いただければ、こちらからご案内させていただきます。是非お気軽にご連絡ください。

板倉の打ち合わせ

本日のクラ君は埼玉へ現況調査へ出掛けています。寒くないか、少し気がかりです。

 週末に、千種区で建築予定の板倉の家ですが、なかなか国土交通省からフィールドバックが来なくて、お客様も直接ご連絡を入れて確認されたそうですが「まだ予定は決まっていない」との事。既に3ヶ月。
国も忙しいとは思いますが、民間は待たされても国の土地と違って税金負担などがあります。もう少し迅速であると助かります。国との境界線が決まらないと、建築確認が出せません。

今回一番ダメージを負っているのが測量士さん。
責任感から「胃が痛い」って・・・そうりゃ、そうです。

お客様との相談の上、工務店とどこまで木材を加工していくか?事前準備に費やすことに決まりました。ただ、自然乾燥とはいえ、加工してから、どこまでの期間を加工した建材を保管しておくか?という調整を行います。

季節的に梅雨が来ます。いくら暴れる率が低いといえど、保管期間中に板の反りなどロスがあれば工務店さんの責任なので、その辺りの判断ですね。上手く調整がつけば、返って現場での作業が早くなるので何とか調整で上手く工程を進ませたい所です。

 ただ・・・もし真夏に建前になったら・・・板倉は屋根が掛かるまで2日3日かかります。規模にも因るんですが、前回山の上で気温38度越え。・・・で、屋根が掛かったら・・棟梁が1日調子が悪くなっちゃって、慌てた事があります。

出来れば、現場の大工さんの為にも、せめて6月には建前を行いたい!
12月ギリギリで出来上がる位なら、もうお正月は越したほうが良いし・・・

千種区の現場への願いは「早く、返事だけでも欲しい」です。

Posted at 2012年03月26日 13時34分41秒

 
トラックバック一覧