中野駅南口から徒歩0.5分。歯のことでお悩みでしたら西原デンタルオフィスへ!
メインメニュー
院長のつぶやき

医歯薬獣秋リーグ

 2017年11月3日・5日
今のシーズン次男が所属するラグビー部、3男が所属するサッカー部とも秋のリーグ戦真っ只中です。

3日は3男のサッカーの試合の応援に行ってきました。現在歯学部のサッカー部は11人ギリギリの部員数で、今回は1勝できればいいなと思っていたのですが、予選リーグ4チーム中なんと3戦全勝を果し、奇跡の1位決勝トーナメント進出です。
5日は次男のラグビーの応援です。こちらはというと現在1部リーグに所属していますが、1勝3敗と残留が厳しい状態です。さらに前十字靭帯損傷で再手術をしなければいけない状況になってしまいました(;O;)ただ全体的にみると、医学部は6年生まで全員出場し活気があるのに、歯学部は6年生はすでに引退し、成績不振で休部者も多く、まさに歯科界の縮図を表しているようです。
こんなことではいけない!みんなでがんばりましょう!!


Posted at 2017年11月06日 19時29分56秒  /  コメント( 0 )

救歯会外来講師講演会

 2017年10月8日
今年度2回目の標記の講演会が、日本の歯科界の大御所である金子一芳先生をお招きして開催されました。

御年86歳になられるという事ですが、すこぶるお元気で歯科医療に対する情熱は全然衰えを知らず、敬服する限りです。懇親会では、黒田先生から金子先生の誕生日を祝ってのケーキの差し入れもあり、瓜二つの両先生がケーキ入刀の共同作業を行われる大変珍しい光景を目の当たりにしました(^_^;)


Posted at 2017年10月10日 10時33分50秒  /  コメント( 0 )

日本大学医療系同窓会学術講演会

 2017年10月7日
年に一度、日本大学の医療系5学部(医学部、歯学部、松戸歯学部、薬学部、獣医学科)の交流の場である標記の講演会が開催されました。

今年の共通テーマは「国際協力」で、日本大学学長の大塚先生の挨拶の後、各学部より1名ずつの演者の先生が発表します。 歯学部からは医療人間科学分野の中島教授から、本学とラオスとの画像を用いた遠隔医療システムのお話がありました。発展途上国への医療協力は先進国における義務の一つといってもよいでしょう。


Posted at 2017年10月10日 10時00分41秒  /  コメント( 0 )

救歯会外来講師講演会

 2017年9月10日
九州より河原英雄先生をお招きし、標記の講演会が開催されました。

河原先生は、九州の歯科界のドンまたは、サファイアインプラントの先駆者、審美歯科の大家、額咬合学会の元会長としてお名前は存じ上げておりましたが、御講演をお聞きするのは今回が初めてでした。現在は、福岡の診療所は息子さんに譲り、大分の無歯科医村地区で保険医として再開業されているそうです。 歯科医のみでなく、患者さんも喜びを分かち合う歯科医療を求めて診療にあたっていらっしゃる先生の歯科医療へのポリシーが伝わってくる大変素晴らしい講演でした。こんな面白い講演を聞くのは何年振りだろう…


Posted at 2017年09月11日 09時51分58秒  /  コメント( 0 )

全国歯科大学同窓会学術連絡会

 2017年8月26〜27日
上記の2日間にわたり、全国28校ある歯科大学の同窓会学術関係者が、年に一度一同に集う会が博多の福岡県歯科医師会館で開催され、それに参加してまいりました。

各大学間の情報交換と、同窓会学術事業及び、歯科医師の卒後研修におけるあり方について話し合うのを目的としています。何か新しいことを始めるのは、各大学の同窓会間の垣根があるため難しいとは思いますが、有意義で合理的な研修制度が確立し、歯科界が明るい未来になるように努力したいものです。懇親会は明太子でも有名な「稚加栄」という料亭で執り行われ、各校の学術関係者との親睦を深めあうことが出来ました。


Posted at 2017年08月28日 09時43分44秒  /  コメント( 0 )

気まま車旅:南紀&北陸編

 2017年8月11日〜17日
長い夏休みを頂き申し訳ございませんでした。今回もその休みを利用して南紀から北陸に渡る車旅に出かけました。

  スターヴィレッジ阿智        熊野那智大社         那智大滝
直接東京から南紀に向かうのはちょっとしんどいと思い、中間地点の長野県阿智村の富士見台高原にある「天空の楽園」という星空が綺麗に見えるという施設を訪れました。残念ながら当日は天気が悪く実際の夜空は見ることが出来ませんでしたが、プロジェクションマッピングによるショーを観て飯田に宿をとりました。
翌日は和歌山県那智勝浦町にある熊野三山の一つに数えられる熊野那智大社とその傍らにある那智大滝を訪れました。間近で見る滝は思ったより雄大で荘厳です。またここは熊野古道でも知られる石段を積み上げた小道があり、マイナスイオンの中いい汗をかいてきました。

   熊野古道              橋杭岩             串本海中公園
次の日は南紀白良浜に向かう途中に、南西に40個程度の岩が850mにわたり一列に並び、まるで橋の杭のように見える橋杭岩や、水族館・海の中が見える海中展望塔・船底1mがガラス張りになっている海中観光船などがある串本海中公園に立ち寄りました。本州最南端だけあってテーブルサンゴや熱帯魚が綺麗です。

 南紀白良浜              円月島               千畳敷

 アドベンチャーワールド       イルカショー             有馬温泉金の湯
午前中には延長640mにわたる真っ白な砂浜が広がる白良浜に到着し、今年初めての海水浴を満喫しました。翌日は近くの真ん中に穴が開いている円月島や、大岩盤の千畳敷を観光し、アドベンチャーワールドを訪れました。パンダの親子やイルカショーなどを観賞しその後北陸までの中間地点にあたる、神戸に向かいました。途中日本三名泉にも数えられる有馬温泉の金の湯で旅の疲れを癒し三宮に宿をとりました。

 智恩時                天橋立小道              靄の中の天橋立
翌日、神戸から日本海に面する天橋立に向かいました。宮津湾と阿蘇海を南北3.6劼乏屬討觝十で日本三景にも数えられる美しい光景です。南端の付け根には文殊信仰で知られる智恩時があり、そこから橋を渡って北側に美しい松並木の小道が続きます。南側からの景観を望みたいと天橋立ビューランドにロープウェイで登りましたが、生憎の雨模様で靄がかかり2時間粘りましたが諦め、次の目的地の若狭和田浜に向かいました。

 若狭和田浜             リベンジ天橋立             東尋坊
和田浜は子供たちが小さい頃よく来たビーチで、遠浅でなおかつ沖のほうの島にも渡れるお気に入りのところです。なんでも昨年国際環境教育基金が認定する「ブルーフラッグビーチ」にアジア初で選ばれたそうです。天気は回復しお昼過ぎまで海水浴を楽しんでいましたが、どうしても天橋立の景色が見たく、また展望台まで戻って昨日のリベンジを果しました。文殊山の山頂(南側)からの景観は龍が天に上る姿に見えることから、飛龍観と呼ばれているそうです。そこから最終宿泊地の富山に向かう途中に東尋坊からの水平線に沈む夕日を観賞してきました。

  富山城              廣貫堂資料館           環水公園スターバックス
 富山城は神通川の川の流れを防御に使い水に浮いているように見えたことから、「浮城」の異名をとったそうです。また、富山の薬売りという有名な言葉を作り出したという廣貫堂資料館にも立ち寄りました。また、環水公園内にあるスターバックスは周りの美しい景観の中に佇んでいる事から何でも「世界一美しいスターバックス」といわれているそうです。
渋滞を避け早めに東京に向かい約2000劼砲よぶ7日間の車旅は幕を閉じました。


Posted at 2017年08月18日 17時55分05秒  /  コメント( 0 )

瑞浪

 2017年7月26日
今年の1月に父も他界し、実家を継いでいる弟が家を建て直すことになり、荷物の整理等で岐阜に帰郷しました。

確か私が小学校のころに父が建てた診療所兼自宅です。だいぶ老朽化も進み、子供二人の弟家族が暮らしやすいように建て替えるとのことです。少し感慨深いものはありますが、岐阜を捨てた身としては致し方ないと思います。実家に帰ったついでに、生前父とよく回った瑞浪高原カントリークラブで、家内と5年ぶりくらいにゴルフをしてきました。スコアーはともかくとして、在りし日の父の姿を思い浮かべてのラウンドでした。


Posted at 2017年07月29日 17時37分50秒  /  コメント( 0 )

日大歯学部同窓会講演会

 2017年6月18日
本日は、標記の講演会が、母校の大講堂で開催されました。
現在同窓会の学術委員を務めており、今回はその担当という事でお手伝いをしてきました。

本講演のテーマは歯内療法という事で、根管治療の難症例の対応を日大の非常勤講師の鶴町先生より、コロナルリーケージに関してを阪大の臨床教授の木ノ本先生よりお話して頂きました。どちらも大変興味深くためになるお話で、当日お集まりになった100名近くの受講者の先生方も満足されたことでしょう。同窓会の学術事業も益々充実した企画を考えていきたいと思いますので皆さん奮ってご参加ください。


Posted at 2017年06月19日 09時48分17秒  /  コメント( 0 )

チビの春リーグ

 2017年6月4日
3男が所属する我が母校のサッカー部の春リーグ入れ替え戦がありました。

現在3部リーグに所属していますが、リーグ戦1勝4敗1引き分けの5位となり、4部リーグ2位の帝京大学との試合です。結果は期待むなしく0−2で敗北、来年度4部リーグに降格してしまいました。まだ2年生なので、新1年生も加わったチームを立て直し、3部リーグ昇格を目指して頑張って欲しいものです。


Posted at 2017年06月05日 17時00分46秒  /  コメント( 0 )

みちのく車旅

 2017年5月3日〜7日
今年もゴールデンウィークは毎年恒例の気まま車旅に出かけました。

        仙台城跡              松島          平泉中尊寺
まずは仙台入りし、伊達政宗で知られる伊達家の居城である仙台場跡地を訪れました。もう天守閣は存在しませんが、仙台の街並みが一望できる場所です。次に訪れたのは、日本三景の一つに数えられる松島です。ここは松島湾内外に260余りの様々な形をした島があり、とても美しい景観です。その後、天台宗東北大本山である平泉の中尊寺に立ち寄りました。なんといっても平安時代の美術、建築の粋を集めた金色堂は圧巻です。
 
      北上展勝地          小岩井農場          小岩井農場1本桜
平泉を後にし、みちのく三大桜名所の一つに数えられる北上川沿岸にある北上展勝地を訪れましたが、残念なことに葉桜となっていました(;O;)初日はそこで宿をとり、2日目は早朝より岩手山麓に位置する小岩井農場に向かいました。標高が高いせいかちょうど牛舎の前のソメイヨシノは満開の見頃を迎えていましたが、かの有名な1本桜は3分咲きという所です。ただ岩手山を背景にしたその佇まいは必見です。

     十和田湖            乙女の像
次に向かったのは青森県と秋田県にまたがる十和田湖で、峠からの眺望が大変美しい湖です。湖畔には高村光太郎作のブロンズの乙女の像が建っています。

     阿修羅の流れ         雲井の滝              酸ケ湯温泉
十和田湖畔の子ノ口から焼山までの14kmの区間に広がる奥入瀬渓流は、その間にいろいろな見どころが散在し、マイナスイオンいっぱいの中トレッキングしてきました。その後、豪雪地帯で有名な八甲田山系の酸ケ湯温泉でその日の宿をとりました。酸性度の強い乳白色のお湯は旅の疲れを癒してくれます。

      弘前城天守           桜のトンネル          弘前ねぷた
翌日は弘前公園内にある弘前城を訪れました。ここも桜の名所なのですが、ソメイヨシノは葉桜のトンネルとなっていました(^_^;)弘前のねぷたは青森野と違って、台座が付いているのと、後ろ絵があるのが特徴だそうです。

    深浦千畳敷          不老不死温泉           男鹿半島入道崎
帰りは日本海側から戻ろうという事で、深浦千畳敷を通り不老不死温泉に向かいました。ここのお湯は鉄分を含む濃茶褐色で、露天風呂は海岸沿いにあり気持ち良い景観です。そこから秋田入りし、日本海に突き出た男鹿半島の先端、入道崎まで足を運びました。

   角館武家屋敷通り       青柳家 武家屋敷          田沢湖
ここ角館は武家屋敷等の建造物が数多く残されており、「みちのくの小京都」とも呼ばれているそうです。また、街並みを彩るしだれ桜もみちのく三大桜の一つですが、残念ながらここも葉桜となっていました。近くにある田沢湖に立ち寄り、その日は新潟村上に宿をとりました。
翌日は連休最終日という事もあり、午前中に新潟を立ち東京に戻ってきました。今回も約1,800劼亮嵶垢任靴燭、体力の続く限りまた日本探索に行きたいと思います。


Posted at 2017年05月08日 21時28分13秒  /  コメント( 0 )

前へ |  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  | 次へ