中野駅南口から徒歩0.5分。歯のことでお悩みでしたら西原デンタルオフィスへ!
メインメニュー
院長のつぶやき

お墓参り

 2019年9月14〜16日
敬老の日を含む3連休に何も予定がなかったので、久しぶりに京都にある西原家先祖代々のお墓にお参りに行きました。

初日は滋賀県の琵琶湖の畔にあるホテルに宿をとりました。琵琶湖は日本最大の湖で、景観はまさに海です。翌日「近江の厳島」と称される琵琶湖に鳥居が浮かぶ白髭神社にお参りし京都に向かいました。

途中、比叡山延暦寺に立ち寄りました。ここは平安時代に最澄によって開かれた天台宗の総本山であるとともに、浄土宗の法然、浄土真宗の親鸞、臨済宗の栄西、曹洞宗の道元、日蓮宗の日蓮など各宗派の開祖を輩出している「日本仏教の母山」と称されています。
その後まだ時間の余裕があったので、比叡山から京都の奥座敷に佇む貴船神社に立ち寄り貴船川の川床で昼食をとったのち、大谷本廟に向かいました。

ここには父の代に実家の島根県から引き墓しここに移した西原家の先祖代々のお墓があり、久しぶりの供養となりました。お参りの後、名古屋まで向かい一泊しました。

翌日、熱田神宮に参拝した後、名古屋港水族館に立ち寄り、イルカのショーやイワシのトルネードショーを見学し、帰路に着きました。


Posted at 2019年09月17日 11時28分51秒  /  コメント( 0 )

救歯会例会発表

 2019年9月4日
私が所属する、スタディーグループでの年1回の発表の順番が回ってきたので、「根分岐部病変への対応」という演題で発表してきました。

今回はスライドのサイズが4:3から16:9になってから、初めての例会です。写真の構成や大きさなどの勝手が違うため戸惑いながらの発表でした。日々の臨床でたびたび遭遇する根分岐部病変の処置とその経過に関する内容でしたが、やはりプラークコントロールとメインテナンスは大切です。ただ、力によって足をすくわれることもあり、経過観察によって様々なことが勉強になります。


Posted at 2019年09月06日 10時45分17秒  /  コメント( 0 )

救歯会サマーセミナー

 2019年8月30日〜9月1日
上記の期間、我々のスタディーグループの恒例のセミナーが開催されました。
今年度は山中湖から千葉の会場に移っての最初の開催です。

場所は移っても内容は同じで、丸1日暗い部屋に閉じ込められて、40名程度の会員の全員発表です。今年のテーマは「私のコーヌスクローネ」で、それぞれの先生がコーヌスに対する思い入れを発表しました。最終日の午前中は、コーヌスの良さを再認識するディスカッションと、黒田先生の総括で幕を閉じました。大変有意義な3日間ですが、さすがに還暦には堪えます(^_^;)


Posted at 2019年09月02日 09時45分49秒  /  コメント( 0 )

全国歯科大学同窓会・校友会学術担当者連絡会議

 2019年8月24日
標記の会が日本大学桜門会館で開催されました。

全国の歯科大学28校の学術関係者が、年1回一堂に会して情報交換したり、これからの学術関連事業の在り方を話し合います。今回で35回目になりますが、日大が主幹で1年間準備を重ねてきました。私は当日のディスカッションの座長を任され何とか無事に大役を済ませることが出来ました。今後は大学同士がもっと連携しあい、若手歯科医師が手軽に勉強できる環境作りを目指したいものです。


Posted at 2019年08月26日 10時22分36秒  /  コメント( 0 )

能登

 2019年8月3〜4日
3男がデンタル1回戦で敗退し、早めに九州から帰ってきたので、この土日を使って親子3人で能登までぶらりと旅に出ました。

朝早くに東京を発ち、能登島の先端にあるアットホームで静かな八ヶ崎海水浴場でのんびりと海につかり、その日は七尾の和倉温泉に宿をとりました。

ちょうどその日は「石崎奉燈祭」というお祭りが近くで開催されていました。これは、高さ15m重さ2tもあるキリコ(奉燈)を100人の男衆で担ぎ、独特の掛け声とともに大漁及び五穀豊穣を願って6基の奉燈が街を練り歩くという壮大で威勢の良いお祭りです。担ぎ手の子気味良い動きとその迫力には圧倒されます。
翌日は、輪島の朝市まで足を延ばし、そこから金沢駅に向かう途中に鳴き砂で有名な琴ヶ浜や、砂浜を車でドライブできる千里浜に立ち寄りリフレッシュし東京に帰ってきました。


Posted at 2019年08月05日 19時36分53秒  /  コメント( 0 )

お盆

 2019年7月15日
土曜日の夕刻、迎え火を炊きご先祖様の霊を家にお呼び致しました。
迷うことなく辿り着いてくれたでしょうか?

仏壇に手を合わせるとき、本当は今ある自分に感謝の念を持つことが大切だと言われていますが、お願い事ばかりしてしまう私が恥ずかしいばかりです…
来週の日曜日は所要があるため、参議院選挙の期日前投票も済ませました。小さな一票でも、自分の意思を示すことが大事だと思います。


Posted at 2019年07月16日 11時40分18秒  /  コメント( 0 )

救歯会外来講師講演会

 2019年6月2日
我々のスタディーグループで外来講師を招いて年1回行う、標記の講演会が本日開催されました。

本日の講師は、金子先生が率いる火曜会のメンバーの一人でもある、川崎市開業の須貝昭弘先生です。講演内容は小児期から成人までの咬合育成と、要介護高齢者の咀嚼嚥下に至るまでの対応という幅広い分野のお話でした。さすが火曜会に所属する先生だけあって、自分の症例の経過からの分析に基いた処置方針と経過には脱帽です。


Posted at 2019年06月03日 09時48分27秒  /  コメント( 0 )

応援

 2019年5月6日
大型連休最終日は、3男が所属するサッカー部の関東医歯薬獣リーグの試合の応援に行ってきました。

現在まで2敗を喫しており、今回負けると4部に残留できるかどうかの瀬戸際の状態です。今日の相手は医科歯科大学でお互い良い試合をしていましたが、残念ながら残り2分の所で失点を許し、負けてしまいました。部活が出来るのも今年1年なので、サッカーを思いっきり楽しんでほしいものです。


Posted at 2019年05月07日 12時53分36秒  /  コメント( 0 )

車旅〜第3弾〜

 2019年4月28日〜5月4日
今回は長いゴールデンウィークになり皆様にはご迷惑おかけしましたが、平成最後で令和最初の車旅に中国地方に出かけました。

行きに、父と母が眠る実家近くのお墓にお参りし、最初の訪問地の白川郷にある合掌造りの里に訪れました。18歳まで岐阜で暮らしていましたが、ここを訪れたのは2回目です。豪雪地帯の歴史と人々の知恵を感じる建物です。その日は、石川県の片山津温泉で宿をとりました。

2日目は鳥取砂丘&砂の美術館を訪れました。ここも2回目の訪問になりますが、以前は砂の美術館が無かったので楽しみにしていましたが、全世界から集まった砂の彫刻家による砂像にはどれも目を見張るものがあり、大変美しく感動しました。

次の日は瀬戸内海に浮かぶ小豆島にフェリーで渡り、1954年に戦争の悲愴さを描いた映画「二十四の瞳」の舞台になった岬の分教場や、満潮時には海水で隔たりがあるが、干潮時に水が干上がり陸続きになる「トンボロ現象」が見られるエンジェルロードを訪れました。

4日目は、四国高松まで渡り、江戸時代より人気があった「こんぴら詣で」と称されている金刀比羅宮にお参りしました。令和になっての初詣です。ただ、1368段の石段を登り下りするのは大変で、麓のうどん屋で食べた讃岐うどんの味は忘れられません。午後には瀬戸大橋を渡り呉まで足を延ばし、明治以降の日本や呉の軍艦製造の技術と戦争の歴史を開設展示してある「大和ミュージアム」を訪問しました。

次の日は、朝早く松島・天橋立と並ぶ日本三景の一つとなっている宮島の厳島神社を訪れました。干潮時は鳥居の下まで陸続きになり歩いて行けるそうですが、訪れたときは満潮に近く、海の中に雄々しく佇む朱の鳥居と本殿は一見の価値ありです。午後は原爆ドーム、平和記念公園、原爆資料館を訪れ、つくづく人間の愚かさや戦争の悲惨さを痛感しました。

6日目は宿をとった赤穂市にある、忠臣蔵で有名な大石神社や、大石内蔵助邸長屋門、赤穂城跡を見学し桑名に向かいました。なんでもうちの祖先は討ち入りに参加した四十七士に手を上げず岐阜の地まで逃れてきた大石の家来だったそうです(*_*;

午後にはその日の宿をとる桑名まで向かい、長嶋リゾート近くにある「なばなの里」を訪れました。ここは光のトンネルやイルミネーションで有名ですが、花まつり「ベゴニアガーデン」が開催されており、イルミネーションに勝るとも劣らずの美しさでした。
次の日、渋滞を避け早くに帰宅し、全行程2300劼砲よぶ車旅は終わりました。これだけ休むと7日からの仕事が…


Posted at 2019年05月06日 17時32分53秒  /  コメント( 0 )

救歯塾セミナー

 2019年4月21日
今年も黒田先生と我々のスタディーグループ救歯会が主催する救歯塾セミナーが、50余名の参加者の中いよいよ始まりました。

第1回目は私が担当を任され、欠損歯列の診断、キーワードと下顎遊離端欠損義歯の設計を学びます。いつものように少人数制のチュートリアル方式でグループ討論を行い、気づきから問題点を探ります。年間7回の2年コースでコーヌスクローネをマスターしてほしいものです。


Posted at 2019年04月22日 10時57分59秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ