中野駅南口から徒歩0.5分。歯のことでお悩みでしたら西原デンタルオフィスへ!
メインメニュー
2017-05 の記事

中野区民歯科健診

中野区にお住まいの方は、無料または¥200負担で以下の区民歯科健診を受けることが出来ます。ただし、歯科医師会に所属している指定医療機関のみになりますのでご注意ください。さらに詳しい内容がお知りになりたい方は、各健診項目をクリックしてください。

・5歳児歯科健診
年度内に5歳になられる幼児の方が対象となります。5月1日〜11月30日の期間に実施され、希望の方は保健指導やフッ素塗布も行うことが可能です。実施医療機関に電話でお申し込みの上、区から配布されたご案内と母子手帳をお持ちの上受診してください。

・妊産婦歯科健診
中野区で母子健康手帳交付時にご案内が配布されます。そこに掲載されている実施医療機関にお電話でお申し込みの上、母子健康手帳持参でご来院ください。実施期間の制約はなく、産後1年までは無料で健診可能です。

・成人歯科健診
中野区にお住いの35歳〜75歳の方はどなたでも受診可能です。平成29年6月1日〜平成30年2月10日までの期間に中野区保健所区民健診担当までお申し込みになり、実施医療機関まで電話でご予約下さい。当日は、区から送付されてきた「受診票」と、「受診券シール」を持参のうえ、ご来院ください。昨年お受けになった方は、自動的に受診券が送付されてきます。この健診の実施期間は平成29年6月1日〜平成30年2月28日です。
なお、唾液検査を行うため、飲食・歯磨きは受診2時間前までにしてください。場合によっては¥200の自己負担金が生じることがあります。


Posted at 2017年05月24日 11時53分53秒  /  コメント( 0 )

みちのく車旅

 2017年5月3日〜7日
今年もゴールデンウィークは毎年恒例の気まま車旅に出かけました。

        仙台城跡              松島          平泉中尊寺
まずは仙台入りし、伊達政宗で知られる伊達家の居城である仙台場跡地を訪れました。もう天守閣は存在しませんが、仙台の街並みが一望できる場所です。次に訪れたのは、日本三景の一つに数えられる松島です。ここは松島湾内外に260余りの様々な形をした島があり、とても美しい景観です。その後、天台宗東北大本山である平泉の中尊寺に立ち寄りました。なんといっても平安時代の美術、建築の粋を集めた金色堂は圧巻です。
 
      北上展勝地          小岩井農場          小岩井農場1本桜
平泉を後にし、みちのく三大桜名所の一つに数えられる北上川沿岸にある北上展勝地を訪れましたが、残念なことに葉桜となっていました(;O;)初日はそこで宿をとり、2日目は早朝より岩手山麓に位置する小岩井農場に向かいました。標高が高いせいかちょうど牛舎の前のソメイヨシノは満開の見頃を迎えていましたが、かの有名な1本桜は3分咲きという所です。ただ岩手山を背景にしたその佇まいは必見です。

     十和田湖            乙女の像
次に向かったのは青森県と秋田県にまたがる十和田湖で、峠からの眺望が大変美しい湖です。湖畔には高村光太郎作のブロンズの乙女の像が建っています。

     阿修羅の流れ         雲井の滝              酸ケ湯温泉
十和田湖畔の子ノ口から焼山までの14kmの区間に広がる奥入瀬渓流は、その間にいろいろな見どころが散在し、マイナスイオンいっぱいの中トレッキングしてきました。その後、豪雪地帯で有名な八甲田山系の酸ケ湯温泉でその日の宿をとりました。酸性度の強い乳白色のお湯は旅の疲れを癒してくれます。

      弘前城天守           桜のトンネル          弘前ねぷた
翌日は弘前公園内にある弘前城を訪れました。ここも桜の名所なのですが、ソメイヨシノは葉桜のトンネルとなっていました(^_^;)弘前のねぷたは青森野と違って、台座が付いているのと、後ろ絵があるのが特徴だそうです。

    深浦千畳敷          不老不死温泉           男鹿半島入道崎
帰りは日本海側から戻ろうという事で、深浦千畳敷を通り不老不死温泉に向かいました。ここのお湯は鉄分を含む濃茶褐色で、露天風呂は海岸沿いにあり気持ち良い景観です。そこから秋田入りし、日本海に突き出た男鹿半島の先端、入道崎まで足を運びました。

   角館武家屋敷通り       青柳家 武家屋敷          田沢湖
ここ角館は武家屋敷等の建造物が数多く残されており、「みちのくの小京都」とも呼ばれているそうです。また、街並みを彩るしだれ桜もみちのく三大桜の一つですが、残念ながらここも葉桜となっていました。近くにある田沢湖に立ち寄り、その日は新潟村上に宿をとりました。
翌日は連休最終日という事もあり、午前中に新潟を立ち東京に戻ってきました。今回も約1,800劼亮嵶垢任靴燭、体力の続く限りまた日本探索に行きたいと思います。


Posted at 2017年05月08日 21時28分13秒  /  コメント( 0 )