中野駅南口から徒歩0.5分。歯のことでお悩みでしたら西原デンタルオフィスへ!
メインメニュー
2013-04 の記事

ラグビー日大フェスタ

 2013年4月29日

今日は次男の所属するラグビー部の交流戦が日大稲城グランドで行われました。相手は本部ラグビー部の1年生と、歯学部ラグビー部です。さすがに1年生とはいえ本部のラグビー部は強く、歯学部も医学部も1トライもできませんでした。その後、医学部対歯学部の試合はオールデンタル2連覇の歯学部は強く、惨敗してしまいました。昨年1部リーグ優勝を果たした医学部ですが、2部リーグの歯学部に負けがっくりきたことでしょう。もっともっと練習して強くなて欲しいものです。


Posted at 2013年04月29日 19時12分42秒  /  コメント( 0 )

関東医歯薬獣春季リーグ

 2013年4月28日

今日から長男の所属するサッカー部の春季リーグが始まりました。会場は東京歯科大学稲毛グランドで、初戦の相手は自治医大です。現在日大歯学部は4部リーグに所属していますが、何とか3部に昇格したいものです。前半は2対0で折り返したのですが、後半終了間近に1点追いつかれ、ロスタイムにさらにPKで1点追加され同点で終了を迎えました。本人たちは敗戦の様な気分だったことでしょう。しかしながら、新入生も入り、部員の人数も増えこれからが楽しみです。いずれにしろ、楽しくサッカーが出来る事が何よりです。

帰りにはちょっと東京スカイツリーに寄り道。ほとぼりが冷めていて、もう1時間待ちくらいで展望台まで登れるかと思いきや、甘かった…5時間待ちということで「ソラマチ」を探索して、夕食の食材を購入して帰りました。やはり、ゴールデンウィークと東京の人口をなめてはいけない(;O;)


Posted at 2013年04月29日 09時32分23秒  /  コメント( 0 )

チューリップフェスタ

 2013年4月27日
今日からゴールデンウィークが始まりました。今年は息子たちのクラブの試合もあり、東京近郊でのんびり過ごすこととしました。

まず初日は、千葉県佐倉市にあるチューリップフェスタというところに行ってきました。チューリップの見ごろは少し過ぎて、半分以上のものはもう散ってしまっていましたが、50種類以上におよぶ品種があり、満開の時期に行ったらさぞかし綺麗だった事と思います。園内では¥1.000で球根採り放題という企画もあり、ビニール袋いっぱいにいろんな種類の球根を掘ってきました。来年きれいな花を咲かせることが出来るでしょうか?

帰りには嫌な予感はしたのですが、「酒々井アウトレットも近いよね!!」と家内に言われ連れて行かされました。本当はそれがここに来た目的だったのかもしれません(*_*;
オープンしたてでゴールデンウィーク中だったのでかなり混んでるんではないかと心配したのですが、駐車場も待たずに入れ意外と空いてました。でも、こんなにアウトレットばっかり作って大丈夫なのかな〜


Posted at 2013年04月27日 21時56分59秒  /  コメント( 0 )

歯周病と全身疾患

 2013年4月26日
[歯周病がある関節痛患者は関節リウマチと診断される可能性が高い]


歯周病と関節リウマチ(RA)や抗CCP抗体との関連が注目されている。未診断・無治療の関節痛患者を対象に、歯周病の合併がその後の治療などに及ぼす影響について調べた前向きコホート研究から、歯周病を有する患者は有さない患者と比べて関節炎の活動性が高く、後にRAと診断され、メトトレキサート(MTX)治療を導入される可能性が高いことが示された。4月18日から20日に京都で開催された第57回日本リウマチ学会(JCR2013)で、京都大学附属病院リウマチセンターの橋本求氏らが発表した。

 対象は、2011年5月以降に同センターを受診した、診断未確定で抗リウマチ薬・ステロイド未投与の関節痛患者98人(平均年齢56.0歳)。歯科口腔外科で臨床評価を行い、歯周病あり群と歯周病なし群に分けた。

 98人のうち、歯周病ありと診断されたのは69.0%で、歯周プラークのPorphyromonas gingivalis(Pg菌)陽性は62.7%だった。プロービング(歯周ポケットの深さ測定)時の出血も、歯周病あり群で有意に多かった。

 歯周病あり群(68人)と歯周病なし群(30人)とを比較すると、腫脹関節数(SJC)(2.5対0.9、P=0.013)、DAS28-ESR(3.68対2.64、P=0.010)、SDAI(13.5対7.9、P=0.003)が歯周病あり群で有意に高かった。抗CCP抗体については2群間で有意差はなかった。

 次に、経過観察中にMTX治療導入に至った割合について、歯周病あり群と歯周病なし群で比較したところ、初診後8カ月のMTX治療導入率が歯周病あり群で有意に高かった(Log-Rank検定、 P=0.013)。

 Pg菌陽性群とPg菌陰性群で、経過観察中のMTX治療導入割合を比較したところ、2群間で導入率に差は見られなかった。

 橋本氏は、「抗リウマチ薬やステロイドの投与を受けていない診断未確定の関節痛の患者において、臨床的歯周病を有する患者は有さない患者に比べて関節炎活動性が高く、後にRAと診断され、MTX治療を導入される割合が高いことが示された。また今回の研究では、歯周病やPg菌の有無と抗CCP抗体との関連は認められなかった」とまとめた。


Posted at 2013年04月26日 15時13分35秒  /  コメント( 0 )

救歯塾セミナー

 2013年4月21日

 今年もいよいよ塾長の黒田先生と我々のスタディーグループが主催する救歯塾セミナーが始まりました。毎年異なるテーマで年間7回開催します。今年のテーマは「難症例に取り組む(欠損歯列に強くなる)」です。受講者は昨年を超え60名以上となり大盛況です。リピーターとして受講して下さる先生方も増え、10名程度のチュートリアル方式で行うグループ討論では、白熱した意見も飛び出し、若手歯科医師のやる気を感じます。患者さんに信頼される歯科医がどんどん育ってほしいものです。


Posted at 2013年04月22日 09時01分48秒  /  コメント( 0 )

54歳

 2013年4月2日
とうとう54歳の誕生日を迎えてしまいました。
子供のころは誕生日というと、ケーキが食べられプレゼントももらえるウキウキのおめでたい日でしたが、この年になると…

ただ今回は少し違いました。仕事から家に帰ると珍しく3人の息子たちがそろっているではありませんか。そしてテーブルの上にはネクタイの包み紙が…「おめでとう!」と言ってくれました。シャンパンもケーキもないテーブルでしたが、何よりうれしい出来事でした(;O;)
昨年の父の日には家内が裏で糸を引いてプレゼントをもらいましたが、多分3人から自主的にプレゼントをもらうのは初めてで、自分のためにネクタイを見立て買いに行ってくれたことを頭に浮かべると、涙の出る思いでした。
家内からは「幸運の蛙」のピンブローチをもらい、最高の記念日になりました。じじいになるのもまんざらではない(^o^)


Posted at 2013年04月03日 09時55分10秒  /  コメント( 0 )