中野駅南口から徒歩0.5分。歯のことでお悩みでしたら西原デンタルオフィスへ!
メインメニュー

ゴールデンウィーク後半

 2018年5月4日〜6日
ゴールデンウィークの後半は長男の結納に九州に出向きました。

行きの飛行機から見た富士山は大変美しく、さすがに「日本一の山」と言われるだけあるなと感じました。結納の会場は博多でしたが、少し前入りして熊本まで足を延ばしました。

熊本城は2年前に起きた熊本地震の復興中とのことで訪れるのをあきらめ、阿蘇に向かいました。阿蘇山の火口を観ようと中岳の頂上を目指しましたが、生憎の有毒ガス発生と風向きのため規制があり残念ながら火口底まで見ることが出来ませんでした。しかしながら山頂下の草千里の景観や、100m程の均整のとれた火砕丘の米塚など火口までの道はドライブコースで、眺めも良く訪れた価値はありました。

阿蘇山は南北25辧東西18劼砲よぶ世界最大級の外輪山を持つ活火山で、380㎢の広大なカルデラ地形を形成しています。阿蘇山の北側に位置するの大観峰からは、根子岳、高岳、中岳、杵島岳、烏帽子岳の五峰(阿蘇五岳)の雄大な景観が一望できます。

その日は満願寺温泉に宿をとり、次の日近くの杖立温泉の中を流れる杖立川に各地から集められた鯉のぼり3500匹が泳ぐ「鯉のぼり祭」を見学したのち天草に向かいました。天草までは1本道で渋滞もあり時間がかかってしまったためイルカウオッチングのみして博多の帰路につきました。なんでもここには100頭前後の野生のイルカの群れが3〜4群ほどいるそうです。

Posted at 2018年05月09日 12時10分58秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*