メインメニュー
2014-07-31

『Rosyな日々…人生を学...


画像『ガブリエル・シャネルの生涯を沢山の裏付けを元に書いた本。数年の時を経て出版された待望の日本語訳』


こんばんは。


『いらっしゃいませ。ブティックS-TWOのユミです^_−☆』


暑さが本格的になり、夏バテや夏風邪をひいたりする頃です。
美しさは健康からです。くれぐれも
体調管理に充分気をつけて下さいね。
今宵もブログにお越し下さいましてありがとうございます。


スマホ、パソコンでも読書出来る時代。活字離れも取り沙汰されている昨今。
デジタル苦手な私は図書館や本屋さんこそが落ち着く場所であったり。
その昔、母が余りに沢山の私の部屋の本に『これ、どうするの?』と。
私の性格なのか、図書館で借りた本を返す時に無性に寂しくなり、やはり本屋でまた買い求めたりで財産が増えて。


図書館にはあらゆるジャンルの本が…歴史物、政治、経済や専門書など。
図書館にある全ての本を制覇するまでにはどれくらいの時を要するのだろうか?と考えたり。


例えば小説なら誰かの生き様を模したストーリーに時折、想像を超えて妄想に。



人生経験の少なかった昔、そんな誰かの人生模様を読みふけり、いつしか自分の知識に。


同じ小説を今、読むと全く違う見解になり、やはり若かった自分を再認識。



読書は年齢問わず、活字離れもあり意識的にすべきだと。


ただ、若い頃に読んだ本の色々、感動や共感、今とではまるで違う事、それは若い頃に読んだ本はスポンジが水を吸収するが如く、自分自身に確実にインプットされる様に思います。


以前、海外の本屋さんで見つけた
ガブリエル・シャネルを描いた人生本『シャネル』
あまりに分厚い本に英語力を問われるのは間違いなく、買っても宝の持ち腐れになるのは目に見えていたので…日本語訳があればと。


欲しいと願っていたら、『出逢いは必然』見つけちゃいました。


画像でもおかわりの様に表裏が黒、まるで聖書みたいに本のページの端っこがゴールドで…。
最終ページに記された参考文献の多さ。いかに正確にシャネルの人生を伝えようとしたのかが見て取れます。


以前に読んだシャネルの生涯にあった言葉
『翼がないのなら、翼を生やしなさい』
物事がうまくいかない時、人は何かのせいにしがちですが…この言葉に私は沢山の勇気を頂きました。
それは『自分を諦めない気持ち』


またエレガントさやエレガンスについても。


今から10年近く前に仕事でお目にかかった、かつてシャネルの広報をされていた事があるフランスの女性にこう聞かれた事がありました。
『あなたはシャネルと言うブランドが好きなの?それともシャネル自身なの?』と。

そのインパクトある質問、今だに昨日の事の様に覚えています。


そんな色々を思い、めくるページが楽しみになりました。


読んで活かす。
そんな一冊になるように。


それは自分の人生を豊かに過ごすための術。



すぐには翼は生えないかも知れませんが…人生で起きる色々、ラッキーとハッピーがどちらからやってくるのかがわかる、大空から眺める鳥の様に見渡せたらいいなぁなんて。



そう、笑顔とポジティヴ。
これがラッキーとハッピーを吸い寄せます。明日も素敵なオシャレを伴って。それがあなたのスタイル。
きっと良い事がありますよ。


皆様、明日も素敵な一日になりますように。


ユミ*(^o^)/*

Posted at 2014年07月31日 02時31分03秒  /  コメント( 0 )  /  トラックバック( 0 )