メインメニュー

レクチャーで一番反響があったのは…


画像『日本とは違うイタリア・フィレンツェのアウトレット』




あなたの魅力を最大限に輝かせるブティックS-TWOです。

過日のレクチャーでも、最も皆さまからの反響が大きかった内容をRosyな日々をご覧の皆様だけに…お教え致します。


今や…どこにでもある…

4.アウトレットとユーズドショップ

巷に出回る、アウトレット、ユーズドショップについて。
溢れんばかりの沢山の商品、アウトレットと聞いた瞬間からお得感が頭に入りますし、ファストファッション同様、素敵なイメージモデルのショッピング風景などでその様に演出しています。
洋服は同じラインの色違い、サイズ違い、差別化出来ないもの、どれもオシャレの上級者向き、
オシャレに時間とお金をかけ、ある種の月謝を払ってからでないと着こなしが難しいものが多く、安く買った?と喜ぶあなた、物の価値を知らなければ、価値以下の物を手にしているかも?
アウトレット商品はあれが定価、ごくたまに目玉商品がありますが目利きでなければ見つけられません。
アウトレットでオススメはランジェリーや家庭用品。

ユーズドは特に50代になったら要注意。人として外見、中身も深み?劣化が進みますがそこにユーズドで古さが加わるとどうなるか?を想像して下さい。洗練や清潔感に欠けること。
装いはあなたを表すパッケージ。
歳を重ねて清潔感こそがエレガントさにつながります。
エレガントさの反対は下品、不潔である事。




あなた自身をプロデュースできる、任せられるプロを持つ。
自分の人生観(.なりたい自分)を理解してくれるショップやお店、美容室、エステサロン、などパーソナルコーディネーターを1人持つ。
これ、勘違いしやすいのですが…
販売員さんではありません。
古きヨーロッパの貴族社会では一家に数人の専属コーディネーター(デザイナー)がいました。
社交パーティーがあれば、参加するメンバーに合わせた装いを提案。
社交界での政略結婚、駆け引きの勝敗も分けるほど。
ヨーロッパのメゾンやサロン、ブティックは未だにこの傾向があり、ファッションだけでなく、ヘアメイクを始め靴、ランジェリーなどトータルでアドバイス、相談出来る方々がおり、親子代々受け継がれています。
その点、日本はまだまだ発展途上だと感じます。



この頃ではお買い物同行してなるビジネスもありますが、ファッションマナー等、信頼できるショップやサロンが少ないことの現れでもあります。

海外でのデパートの位置
大衆が行くところ、とりあえずや時間がない時に買う場所。
日本のようなステイタス感はなく、全く位置付けが違います。


ファストファッションやアウトレット、大手ユーズドショップ、いずれもイメージ戦略で素敵な外人モデルやお得感満載で消費者の心をくすぐっています。



最後までお読み頂きましてありがとうございます。



ユミ^_−☆

Posted at 2016年02月02日 14時28分08秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧

トラックバックURL :
http://cplus.if-n.biz/5003111/trackback/0464077
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*