メインメニュー

『Rosyな日々…少し先を見据えて…』


画像『この冬のノコ・オーノから発売されるコートに付属のファー。見ているだけでまだ先の冬が楽しみに…』



こんにちは(*^^*)


『いらっしゃいませ。ブティックS-TWOのユミですV(^_^)V』

時折、小雨がパラつく土曜日となりました。本日もブログにお越し下さいましてありがとうございます。



ちょうど一週間前は15周年のパーティー。月日の経過は早いものですが私の心の余韻はまだまだ昨日の事の様…
感動は心にしっかりと焼き付く反面…時と言うものは容赦なく過ぎて行くことを感じます。


特に30代から40代の方々にお話したいのが…この『時の流れ』です。


若い頃はいずれ、そのうちにと先延ばしにしてしまう事が多くあります。
それは若さから来るもの。

『私はまだ30代だから、まだまだ時は沢山あるから大丈夫』と言う自負。
『若い=残された人生も沢山ある』と言う勝手な思い込み。



先のパーティーでもブログをナレーションして頂きましたが…
私の友人が人生これからと言う時にあの震災で亡くなり感じた事が『時は誰にでも平等でありながら不平等でもある事』でした。

それは一日は子供であれ、大人であれ、国籍人種問わず24時間なのです。
しかしながら命における時は決して平等ではない事を友人の死から学びました。


決して安価とは言えない私のお店のお洋服達。


『いつか私が仕事が上手く行ったら絶対にユミさんのお店でお洋服を買いたいです。』
と嬉しいお言葉を頂く事も。


『そうね、じゃあ頑張って買えるようにね』と私。


いつか…
そのうちに…

この仕事についてから幾度となく聞いてきたその言葉。



それは私自身の人生においても何度も言った言葉。



いつかやろうと思う事の大半は後半の人生でもなされる事などないと。


今のままの自分では今までと何ら変わりない事を誰よりも私自身が知っているから。


女性にとって『装い』はなりたいと思う自分に向けての第一歩。


一流と言われる場所やモノ、人に触れた時に自分の中に流れる、心地よい風を感じた時の様に、いつもより良い環境は女性を魅力のレベルもスキルもアップさせることができる魔法。


『装い』がもたらすイメージ。



安価なパッケージからどれだけの中身を想像するのでしょうか?
本人を知る前にジャッジが降る事ほど悲しい事はないと。


見るからに良さげなパッケージならば、更に中身に期待する様に。


例えば、『素敵なワンピースですね、あなた良く似合うわ』と言われたならば、そのワンピースを着た時、『装い』に見合う自分になる為に更に素敵になろうと努力を重ねている自分。

この知らぬ間の努力が明らかに自分を変えていく魔法。





たかが洋服、されど。
『装い』で人生が変わるなんて信じ難い事だと思うけれど。


少し先を見据えた時…
その時の自分が明らかに今の自分よりは魅力的でありたい…
そう願わない人はいないと思います。

先延ばし…
少し先を見据えたら…その伸ばした時間が疎ましく思える。


『時間は誰にでも平等であり、不平等』だと私は思うから。


土曜日。
明日は日曜日…明日にするとしましょう。
そのうちに何事、山積みに。
ラッキーとハッピーが煌めく人生のために…
皆様。
時間は平等であり不平等…有意義な時を過ごしましょうね(^_−)−☆



ユミf^_^;

Posted at 2014年06月28日 18時26分08秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧

トラックバックURL :
http://cplus.if-n.biz/5003111/trackback/0433722
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*