メインメニュー

『Rosyな日々…120回目の誕生日』


画像『すっかり忘れていた誕生日…友人からのハッピーバースデーにびっくり』



こんにちは(*^^*)


『いらっしゃいませ。ブティックS-TWOのユミです(^_−)−☆』


本日もブログにお越し下さいましてありがとうございます。


15周年記念&第10回チャリティパーティーでの色々。
ふと気付いたら今日は25日(・・;)
と言うか朝イチ友人からのハッピーバースデーコールにすっかり忘れていた自分。


以前から『ユミさんっていくつなの?』よく聞かれる質問に…
『120年生きてるの』と平然と。


若いとか老けてるとかとかく日本人は『若い』と言う言葉に執着しがち。


エレガンスの王道…

品格を感じさせる装い、振る舞い。


それは国や地域関わらずロイヤルファミリーと言われるその国を代表する王室や皇室の方々をご覧になれば一目瞭然。



むしろ『若い』と言う表現とはかけ離れた『落ち着きや重厚感』こそがエレガンスであるような。
エレガンスにおいて『若い』は『未熟』とも取られかねないのだから。

既婚、未婚にとらわれず、レディやマダムである事こそが一人前の女性。



年齢を重ねて『若い』とはバイタリティやエネルギッシュである事だと思うのです。


45歳を過ぎたらマイナス5歳を目指す…それはある種、『生きの良さ』に。



う〜ん、これがなかなかどうして難しいから困ったもの。


近眼がいつしか近くも見えなくなって来て(≧∇≦)


そう、若作りではなく等身大の自分を受け入れつつ、努力を惜しまない。



これこそがアンチエイジング。

たとえるならば愛車がヴィンテージカーであるならばオーバーヒートするほどの急加速など無理は禁物な事はだれにでもわかるように
常日頃から小まめに大事にメンテナンス。


私を始め大抵の女性は自分の老いに気づかないものだから…

30代から時計の針は止まっている様な。
ある日、ちょっとした事でガッツリ落ち込むほどの現実に出くわし
自信喪失。


ここぞと言う時のため、いつも何事腹八分目。


面白い事にファッションも人生も頑張り過ぎた時ほど露呈するのが年齢。

それは先ほどのヴィンテージカーのメンテナンスに今どきの車のオプションのカーアクセサリーをつけてもしっくり来ない事に類似しています。

そして、常々身体もきちんとメンテナンスをしていないとここぞと言う時にオーバーヒートでリタイヤ。



そんなこんな…
これも自分に言い聞かせつつ。


もう、若い=未熟では通じない年齢となり、やはり目指すはエレガンス。


それは女性にとって一番素敵で
凛とした姿。


昨日までの人生に感謝しながら今日からの自分に更なる目標で進化し続けながら。



そう、
この仕事をする様になり、女性はみんな『さなぎ』の様だとつくづく感じて。
それは経て来た時(年齢)に関わらず、いつでも羽ばたける可能性を秘めていると言う事。


美しい羽がやがて開く時、それは人それぞれ。
それには日々、自分を愛おしみ、大切にする事。


素敵な羽を広げて…ラッキーとハッピーが待つ、まだ見ぬ世界への旅立ちを。
今日もその羽を広げるための一日で有る事を忘れずに。
ラッキーとハッピーのスパイラルに乾杯。



ユミ(^_−)−☆

Posted at 2014年06月25日 15時35分10秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧

トラックバックURL :
http://cplus.if-n.biz/5003111/trackback/0433522
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*