メインメニュー

『Rosyな日々…洗練された女性の女性の色 気』


画像『同じ薔薇なのに色でこんなにも印象が違う事を教えてくれるのです』


こんにちは!


『いらっしゃいませ♪』


日差しが明るく…こんな日は戸外へとお出かけしたくなりますねf(^_^)


今日もブログにお越し下さいましてありがとうございます(*^.^*)


昨日のブログでは長沢節さんの『男目線』からの女性の(本の)お話しを致しました。


『男目線』と言う言葉から想像するのは『女性の色気』かなと私は思うのですが…

メーカーの担当の方々と以前お話しした時の事です。


色気と言うと私達女性はあまり良いイメージをもたないのです。


ファッションならば『セクシー』や『妖艶さ』所作ならば『甘ったるい喋り方』などと即、結びつけてしまうからだと思うのです。


女性が考える『色気』とは露出の多い服装だったり、メイクや態度だったり。


しかしながら、男性が考える『色気』とは髪型や手指の動き、或いはその日の装い、そこから始まる想像こそが『色気』に通ずるらしいのです。


なので…すでに見えてしまっているものには『色気』を想像する事は少ないのだとか。


男性がロマンティストと言われるのもこの想像力から来るもののようです。


マニッシュなパンツスーツやシャツカラーの方が男っぽい中に女性らしさを感じたりする事が『色気』。


男性ウケを狙うあまりに露出に走ると…すでに男性の想像力はそこで途絶えてしまい、興味も湧かなくなるとの事…。


仕事をして感じる事は…
いくつになっても女性が素敵にきれいでいるためには…『男性の力』は大きいと感じます。


やはり女性ばかりでは遠慮もなくなり、昔から『姦しい=かしましい』と言いますから(笑)


やはり男性がいると女性は何とはなしに『おしとやかに』なるようです。



いくつになっても『エレガンスを忘れない女性』として…媚びる事ではない美しさを身につける事の大切さ‥。

これこそが本当の
『モテ女』なのかも知れませんね(^-^)/


ユミ(^-^)v

Posted at 2012年06月27日 17時01分27秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*