メインメニュー

『Rosyな日々…至福の時、日本人の美徳を 考えてみる』


画像『大好きなドライ・マティーニを飲みながら…』

こんにちは!

『いらっしゃいませ♪』


本日もようこそ、ブログにお越し下さいましてありがとうございます(*^.^*)


昨夜、先日のパーティーでお世話になった御礼をかねてホテルへ伺いました。


仕事がら海外へ出かける事の多い私、いつも思う事なのですが…やはり日本人の『おもてなし』の心に勝るものは他国には少ないと感じるのです。


私達、日本人はレストランへ行けば水やおしぼりが出てきて当然と思ってしまいますが…同じアジア圏でもよほどの高級レストランへ行かない限りは…そこまでのサービスにはなかなか出会えないのが現状です。


『礼節』を重んじ謙虚さや忍耐力、何より道徳心に秀でた民族であると。


海外のホテルのルームキーパーの方々も日本人の人々が使った部屋は非常にキレイであると言っているのを聞いた事があります。


人を思いやる心こそが美徳と考えるからこそだと思うのです。


しかしながら時折、街中では文句ともとれるような怒り狂うような人を見かける場面に出くわす事もしばしば。


昔から『お互い様』の気持ちを大切にして来たはずの日本人。


震災でも順序よく並び…支援物資を受け取る姿が何度もテレビに映し出されると何かの災害に合う度にマーケットやお店で奪略するような他国の人々にはこの日本人の行動が賞賛に値する事として…その国の政府から『見習うように』と指導があったりするようです。

このような場面に際し、沈着冷静に行動し、『お互い様』と相手を思う気持ちや道徳心に誇りを持つ事が上品さやエレガントさにつながっていくのだと感じます。


昨夜、ほんの少しの時間でしたが…ホテルのバーのスタッフの対応に『日本人の美徳』を思い考えた時でした。


今日も深呼吸をしながら…心地よい時間をお客様に提供出来るようにしなければ…と。


『日々…常に優しき心を持って過ごしたい』と感じた時でしたf(^_^)


ユミ(^-^)v

Posted at 2012年06月22日 12時52分32秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*