彩彩は「手作りお弁当・お総菜日本一」を掲げ、唯一無二のお店を目指しています。冷凍食品(フライなど)は一切使用せず、肉、野菜は全て100%岩手県産か国産のものを使用する徹底ぶり。もちろんお弁当の付け合わせの漬けものですら手作りのものです。そんな店で起こったあれこれ、取り組みや、店長の考えなどをつづるブログなのです。
メインメニュー
2012-02-07 の記事

奇跡の人ふたたび

それはもう少しで店じまいだなと思っていたころ・・・
そうそれは午後6時23分ごろの出来事だ・・・

ふと外を見ると

80歳くらいだろうか・・・

どこかで見覚えのあるその女性(やえちゃん)は自動ドア越しにじっとこちらを見ていた。

そしてニヤリとするやいなや、まだ開いていない自動ドアをつきやぶらんとするがごとく

手押し車ごと勢い良く入ってきた。

(・・・その勢い・・手押し車いらないんじゃないのか・・・)

やえちゃん「オッス!!」と今度は穏やかな笑顔でこちらに挨拶をしていただいた

店長「いらっしゃいませ・・・ど・・どうも」

明らかに動揺した店長は次の瞬間 お総菜を陳列していた棚を目視で確認

店長「ま・・まずい、今日はそれほどおかずが残っていない・・・」
  「このままやえちゃんが全部買うといきなり閉店しなければいけなくなるぅ」
  「なにより今からくるお客様にお売りするものがなくなってしまうぅ」

店長がぜいたくなことをつぶやいている間にもどんどんおかずをカゴに放り込むやえちゃん。

そうこうしている間に、5人ほどのお客様が狭い店内にどやどやお越しいただく!!

店長「あぁ・・・やえちゃんが全部買っちゃったらこの人たちの分のおかずがな〜い」

普段ならやえちゃんをありがたがる店長もまんべんなくお客さまに売りたいという根性が露呈

やえちゃんはそのカゴを地面にほっぽらかして、お菓子を物色

するとあろうことかあとから入ってきたお客様がその「やえちゃんカゴ」を物色

レジまで持ってくるではないか・・・

店長「果たして売っていいものか・・・」

そう考えるよりもレジのピッという小気味のいいスキャン音が店内に響く

振り返るやえちゃん・・・

やえちゃん「それは売りものではございません」

するとそのカゴを物色していた数人がすばやく退店

少し気まずかったがスキャン後だったため限定1名に販売する店長

その後ジュースや菓子類など多岐にわたりお買い上げいただく

その後やえちゃん座って世間話・・・


30分経過・・・


1時間経過・・・


入ってくるお客様はいるものの、

もぬけの殻となった店内で談笑するやえちゃんと店長を見て・・・

・・・退店・・・退店・・・退店・・・

よく聞くとやえちゃんはめっちゃ有名人。

芸能人じゃないけどその世界じゃ知らない人はいないとか

寒い店の外のおかたづけをしていた店長・・手袋は必須

「店長ぉ!ちょっと店ちょお!!」

店内で呼ぶ声

あわてて駆けつける店長

大事な写真を見せていただく・・・

手袋をはずす・・・・

やえちゃん午後8時過ぎにようやくご帰宅・・・

手袋が片っぽ無いことに気づく店長

店の内外全部探しつくす店長

どうしても無い・・・帰り自転車なのに・・・

そういえばやえちゃんのかばんの横に手袋置いたっけ!!



やえちゃん、店長の右手袋持ち帰る


Posted at 2012年02月07日 22時02分54秒  /  コメント( 0 )

店頭写真公開

今日はほがらかにあたたかい盛岡でした。

2月から心機一転、店頭をリニューアルしましたので画像でご覧下さい。



どうです?間口せまいでしょう?奥行きはけっこうあるんですがね。
この程度のせまい店に400人以上の方が毎日来てくださっています。ただただ感謝感謝。

店頭で日本一をうたっているのは、我々の覚悟であります。

盛岡にお越しの際はその覚悟をぜひ見に来てくださいね♪


Posted at 2012年02月07日 21時18分34秒  /  コメント( 0 )