彩彩は「手作りお弁当・お総菜日本一」を掲げ、唯一無二のお店を目指しています。冷凍食品(フライなど)は一切使用せず、肉、野菜は全て100%岩手県産か国産のものを使用する徹底ぶり。もちろんお弁当の付け合わせの漬けものですら手作りのものです。そんな店で起こったあれこれ、取り組みや、店長の考えなどをつづるブログなのです。
メインメニュー

最近思うこと

このジャンルはわたくしの考えやグチっぽいことをつらつらと書くものなので、あまり深く考えないでください。お願いします。

彩彩では従業員が14名おります。やはり辞めていく人もいるため人を募集したりするんですが。

そこで思うこと。

 この仕事がなかなか見つからないご時世だって言うのに、根性のない人がとても多い。
彩彩には毎日400人〜500人程度のお客さまにお越しいただいています。だから仕事がひまなんてことはないのです。むしろもっともっと忙しくしたくらいです。でもそれを面接で説明して理解していただいて採用しても、「こんなに忙しいとは思いませんでした」といった理由で1か月も経たずに辞めていく人たちがいる。
 まぁ仕事を選ぶのは自由ですから仕方ないと言えばそうなのですが、彩彩で働いている人の中には仕事をしないと生きていけない人もいるんです。だから辞めていく人は決まって旦那さんがいて片手間で働きたいといった主婦の人たちや、結婚しないで親の世話になっている人たちが多いんです。要は背負っているものがないんですよ。必死さがないんです。

 彩彩では一人一人の働く量は確かに多いです。だからその人一人に仕事をたくさん押し付けているわけではないのです。朝早くから夜遅くまで働いている人もいます。それを知っていても週3回4時間程度の仕事を続けられない。一度やると決めたからにはもうすこしがんばってみてもいいのではないか。長く働いてこそ、その仕事の本質やおもしろさ、やりがいといったものを見つけられるのではないかと思うのです。
 彩彩の仕事は誰でもできる仕事をさせているのではありません。その道のエキスパートになってもらい、「この人に辞められては困る」と思わせてほしいんです。そうしてその人をどんどん評価してあげたいのです。
 山の頂上を目指し、山頂に着けばさらに高い山が見える。またそこに挑戦したいと思う。それは目指す山を一つ一つ登った人にしか分からない喜びだと思うのです。少なくとも私はそういう人生を送っていきたいと考えています。

Posted at 2012年01月12日 20時33分51秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*