メインメニュー
2012-12-13 の記事

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月12日)

腰痛・肩こり治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

今日も寒い日でした。昨日よりは温かいですが?

欲臨病人、観死生、決嫌疑、欲知其要、如日月光、可得聞乎

患者に接してその生きるか死ぬかの区別を診断したいと思います。

この要領を日月の光のように明らかにすることはできないでしょうか。

医は食にあり[新井裕久著]

南方の主食は米

中国の南や東は、広東、上海、湖北の地方では米がたくさんとれ、これが主食です、

米の場合は粒食として取ることが多い。米は精白しやすく、煮えやすいのです。

「また会いたい!」といわれる女の気くばりのルール里岡美津奈著 明日香出版社より

自分に余裕がなければ人にはきくばりができない

私の立場ですと余裕がなければ良い治療はできないということですね。

しごとに追いかけられているとひらめきが出ないことがあります。困った時は

余裕があれば、この痛みやこりはどこが原因か類推することができるのですが

余裕がないと余計な治療をすることがあります。余計な治療は刺激が多すぎて

マイナスのことがあるので反省です。いろいろなことに余裕は必要ですね!

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月13日 00時20分07秒