メインメニュー
2012-12-06 の記事

移精変気論篇第十三・...

こんばんは(12月5日)
腰痛・筋肉痛の治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です

曇り空の一日のような気がしました

移精変気論篇第十三
黄帝問曰、余聞古之治病、惟其移精篇気、可祝由而己、今世治病、
毒薬治其内、鍼石治其外、或兪或不兪、何也 (古典素問)

黄帝が問うて言われる、余は大昔の病というものは、祈祷師が神前で加持祈祷し

精神的暗示を与えるということによって、病人の気分を変えるだけで治ったもの

だと聞いている。しかるにいまどき到底そのようなことでは治らない、それどころか、

薬物で体内にある病邪を取り除き鍼やメスで体の外表にたまっている邪気を追い出して

やっても治ったり治らなかったりすることがあるのは、いったいどうしたことなのか

医は食にあり[新井裕久著

小麦の加工法は、料理法は大きく分けて三つに分けられる。

その第一は饅頭、即ち発酵蒸しパンです。一般に小麦の全粒粉(粒の全部を粉砕し

皮や胚芽を分離していないもの)から作られるもので、できたものは淡褐色を

呈している。

「また会いたい!」といわれる女の気くばりのルール里岡美津奈著 明日香出版社より

体型も商品であるということを意識を持つこと

(肥満はプロ意識に欠けるということですね食事のコントロールは意志が必要)

できることを100%実行しようとすることは、やりすぎ、リクエストがないのに

でしゃばってはならない。一番必要だと見極めて優先順位をつけ取捨選択する

ことが必要です

(このことは我々の治療の世界でもいわれています。不必要に行うことは効果が

表れるどころかやりすぎて症状悪化を招くことがあります。優先順位をつけて

行うことは重要ですね)

〒121‐0813 東京都足立区竹ノ塚6−9―7オークビル201

三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

mmrnto@khc.biglobe.ne.jp

Posted at 2012年12月06日 00時21分52秒