メインメニュー
2012-01-06 の記事

古典素問金匱真言論篇第四

こんばんは
肩こり・腰痛治療の三村鍼灸指圧院・三村整骨院です。

肝心脾肺腎五臓皆為陰胆胃大腸小腸膀胱三焦六腑皆為陽
人体の臓腑を陰陽に分けると肝、心、脾、肺、腎の五臓は陰ですこれに対して
胆、胃、大腸、小腸、膀胱、三焦の六腑は陽と分けることができます。

所以知陰中之陰陽中之陽者何也為冬病在陰夏病在陽春病在陰秋病在陽皆視其所
それでは陰中の陰とは何か?と言いますと冬の病は陰中の陰、夏の病は陽中の陽、
春の病は陰中の陽、秋の病は陽中の陰となります。

在為施鍼石也故背為陽陽中之陽心也
鍼での治療はこれをよく理解して刺法を施療する必要があります。
五臓の陰陽をいえば、背は陽です、陽中の陽は心です

続きます

Posted at 2012年01月06日 00時10分00秒