メインメニュー
2016-02 の記事

薬膳で治す

こんばんは

三村整骨院・三村鍼灸指圧院です ☎03-3859-5653

生姜ドリンク(新井裕久氏、時事通信社薬膳で治すより引用)

材料(1回分)

生姜皮付き(10グラム)黒砂糖大さじ1、熱湯カップ1

作り方

生姜は千切りにしておきます。茶碗はあらかじめ熱湯を入れて温めておきます。

,硫垢瓩臣穗劼棒胡と黒砂糖を大さじ1を入れ、熱湯カップ1を加え、冷めないように
    5分間くらい蓋をしておきます。
アツアツをのみ、できるだけ早く床に入ると発汗して風邪が良くなります。

解説

黒砂糖は=味は甘、性は温、帰経は、脾、胃、肝経。

効能は温裏袪寒、活血、補気、応用として腹が冷えて痛い。

下痢、生理痛、産後、悪露が、でないなどに。

生姜=味は辛い、性は=温、帰経は肺、脾、胃経。

効能は解表、温裏袪寒、理気。

応用として風邪(風寒タイプ)、嘔吐、胃痛、腹痛、下痢などに。

葱(ねぎ)と生姜の粥

材料(1人前)

米20グラム、水250ml、生姜皮付き10グラム、ねぎ(白いところ)。1本、

作り方

米は研いで水けを切っておきます。生姜は千切りにしておきます。
    
     ねぎは5cmに細切りにしておきます。

なべに,諒討反紕横娃娃蹌譟∪胡、ねぎを加え、火にかけて、
    
    煮立ったら弱火にして粥を炊きます。

あつあつの粥を寝る前に食べます。

解説

ねぎはー味は辛い、性は温、帰経は肺・胃経。

効能は解表、温裏袪寒、理気、利水滲湿、

応用として風邪(風寒タイプ)冷えによる、腹痛、下痢、胸痛、リウマチ、など。

121-0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院
☎03-3859-5653

Posted at 2016年02月10日 23時39分22秒

薬膳で治す

こんにちは三村鍼灸指圧院です

薬膳で治す

薬膳で治す(時事通信社、新井裕久、中山祐子、ニーシャオ著より引用)

風邪に効く薬膳

漢方医学では同病異治、といって、同じ病気でもその人の

体質や症状によって治療法が全く異なることがあります。

たとえば風邪を例にとれば、寒の症状が比較的強く表れる、

風寒タイプと、熱の症状が比較的強く表れる、

風熱タイプでは、これに与える漢方薬も薬膳も異なります。

風熱タイプはの風邪は一般に春に多く、

風寒タイプの風邪は一般に冬に多くみられます。

風熱タイプの特徴        

熱っぽい、黄色あるいは、粘りのある鼻汁や痰が出る。

体の節々は痛まない。のどが痛い・赤い、のどが渇く、

冷たいものを好むなどの症状が出ます。

自覚症状として熱感のあるのが特徴ですが、

体温計で計って熱がも寒気があるようであれば、

風熱ではなく風寒のタイプに入ります。

風寒タイプの特徴

寒気がする、水っぽい透明な鼻汁や痰が出る、

体の節々が痛む、あまり喉は痛くない、赤くない、

あまり喉は渇かない、温かいものを好む症状が出ます。
121-0813
東京都足立区竹ノ塚6-9-7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03-3859-5653

Posted at 2016年02月10日 17時02分01秒