メインメニュー
2015-04 の記事

薬膳で治す

4月15日
足立区竹ノ塚の三村鍼灸指圧院です

薬膳で治す=時事通信社、新井裕久、睨曉、中山祐子共著より引用

にらと松の実のあえもの

(にら=補陰、松の実=補陰、補血、補気)

材料(4人前)


にら3束、=300g、松の実30g、油大さじ1、塩小さじ1.ごま油大さじ1、
しょう油大匙1、

作り方
,砲蕕呂茲洗っておきます、なべのたっぷりの湯を沸かし、油大さじ1、
塩こさじ1、を入れた中でかために茹で、冷水に入れて冷やし、絞って5cmに
切っておきます。

中華鍋にごま油大さじ1をいれ、熱したら、しょうゆ大さじ1を入れ、
煮立てたら火を止めます。この中に,凌紊韻鮴擇辰拭△砲蕕鯑れ
手早くあえて、器にもり、この上に松の実(みじん切りにしてもよいです)
をのせて食します。

">(メモ)にらなどの緑黄野菜をゆでる時にはfont> たっぷりの湯の中に油と塩を

少々入れると、青々としたすっきりとした色にゆであがります。、

解説
にらは=辛、温、効能は補陽、活血、応用としてインポテンツ、
遺精、下腹部・腰・膝が冷えて痛む、喘息、吐血、鼻血、外傷出血、嘔吐など、

松の実=甘、微温、効能は補陰、補血、通便、応用として口渇、皮膚につやがない、
空咳、痰は少ない、めまい、便秘、多汗症などに

121−0813
東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村鍼灸指圧院 電話03−3859−5653

Posted at 2015年04月15日 23時31分31秒