メインメニュー
2014-06 の記事

薬膳で治す

6日24日薬膳で治す

こんばんは神経痛・腰痛治療の三村鍼灸指圧院です。

「薬膳で治す」(時事通信社)(新井裕久、倪曉、中山裕子)より引用

ピーマンの炒め物(ピーマン=温裏去寒)

材料(4人前)

ピーマン300g、油大さじ3、塩・コショウ少々

作り方

1ピーマンはよく洗って縦2つに切り種を取り、一口大に切っておきます

2鍋を熱し、油大さじ3をいれ、ピーマンを加え、強火で一気に炒め、八分通り火が通った    ら、塩、こしょう、で味をつけ仕上げます。

解説

ピーマンは味は辛い、性は温、帰経は脾、

効能
は温裏去寒、消食。
応用として冷えによる下痢、胃痛、食欲不振などに。


〒121東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2014年06月23日 22時30分54秒  /  コメント( 0 )

薬膳で治す

6日17日薬膳で治す

こんばんは神経痛・腰痛治療の三村鍼灸指圧院です。

「薬膳で治す」(時事通信社)(新井裕久、倪曉、中山裕子)より引用

陰虚体質の治療

補陰をおこないます。

カモ肉と、とうがん、玉竹のスープ

カモ肉(補陰・補気・健脾)

とうがん(生津・清熱)玉竹(補陰・生津)

材料(4人前)

カモ肉300g、玉竹(40g)、水カップ7、塩少々、

作り方

1、 神肉は1口大に切っておきます。
2、 とうがんは皮をむいて1口大に切っておきます。
3、 玉竹はみじん切りにしてガーゼの袋に入れて、
    外部に漏れないようにしておきます。
4、 鍋に水7カップをいれ、カモ肉と玉竹の袋を入れて火にかけて、
    煮立ったら弱火にして、ときどきあくを取りながら40分ほど
    煮立ったらとうがんを加え、柔らかくなったら塩少々で調味
    をして食します。
    出来上がりは汁が半分くらいになるのを目安にします。

解説
カモ肉=味は甘、性は平、帰経は肺・脾・胃・腎経。
 効能は補陰、補気、健脾、利水滲湿、
 応用としては、口渇、喀血、乾燥便、息切れ、食欲不振、
 むくみ、尿量減少などに、

とうがん=味は甘、性は涼、帰経は肺・大・小腸経・膀胱経。
 効能は生津、、清熱解暑、清熱解毒、利水滲湿、
 応用としては発熱、口渇、むくみ、下痢、排尿困難、喘息、
 糖尿尿、酒毒などに

玉竹=味は甘、性は微熱、帰経は肺、腎経。
 効能としては補陰、生津、 
 応用としては発熱、慢性的に熱っぽく、体液の消耗からくる
 口やのどの渇き、また肺結核、秋や冬期の空咳などに。

 
〒121東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2014年06月17日 22時40分10秒

薬膳で治す

薬膳で治す
6月12日
こんばんは神経痛・腰痛治療の三村鍼灸指圧院です。
「薬膳で治す」(時事通信社)(新井裕久、倪曉、中山裕子)より引用

陰虚体質の治療
かにと豆腐とほうれん草の煮物

解説

蟹(カニ)=味は甘、鹹。性は寒、帰経は肝・胃経。
 効能は補陰、補血、化痰、清熱解毒、活血、
 応用としては健忘、めまい、腰の無力感、乳腺炎、黄疸、
 骨折、脱臼などに

豆腐=味は甘、性は涼、帰経は脾・胃・大腸経。
 効能は生津、補気、健脾、清熱解毒、
 応用としては胃腸虚弱、食欲不振、下痢、口渇、咳・痰が多い、
 目の充血など

ほうれん草=味は辛、甘、性は平、帰経は医・大腸経。
 効能は補陰、補血、止血、理気、便通。
 応用としては口渇、便秘、貧血、血便、胸腹部の膨満などに。

〒121東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村鍼灸指圧院・三村整骨院 ☎03−3859−5653

Posted at 2014年06月11日 23時36分31秒

薬膳で治す

薬膳で治す
6月8日


こんばんは神経痛・腰痛治療の三村鍼灸指圧院です。

「薬膳で治す」(時事通信社)(新井裕久、倪曉、中山裕子)より引用

>陰虚体質の治療

補陰をおこないます

かにと豆腐とほうれん草の煮物

かに(補陰・補血。清熱)・豆腐(生津・補気・健脾・清熱)ほうれん草

((補陰・補血)

材料(4人前)

かに(缶詰め)小1缶(正味90g)豆腐2丁、ねぎ1/2本、生姜1かけ、

スープ(カニの汁のも混ぜて)カップ1、酒・酢・砂糖各大さじ1、塩少々、

水とき片栗粉大さじ1、ほうれん草1/2わ、油大さじ2、塩こしょう少々

作り方

1、ほうれん草はよく洗って、たっぷりの湯に塩少々を入れてかために茹で、

冷水に放ち、よく絞って5cmの長さに切っておきます。

2、カニは缶から出して汁は別の容器にとっておきます。

3、豆腐はたて半分に切って、2cm厚さに切っておきます。

4、ねぎは1cmの長さのぶつ切り、生姜は薄切りにします。

5、鍋を熱し油大さじ2を入れ、1のほうれん草を入れ、炒め、スープ

カップ1を入れ、この中に豆腐を加え、塩少々、酒、酢、砂糖各大さじ1

を入れて味付けをして、少し煮て、豆腐に味がしみ込んだら、カニを加え

て、さらに煮て、最後に水溶き片栗粉おおさじ1でとろみをつけて仕上げ

ます。

6、別の鍋を熱し、油大さじ2を入れ、1のほうれん草を加えて、さっと

炒め塩、こしょうで調味して仕上げます。

7、皿にほうれん草をのせ、5のカニと豆腐の煮物をかけて供します。

〒121東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2014年06月07日 23時37分47秒