メインメニュー
2014-05 の記事

薬膳で治す

5月26日昨日はアジサイの植栽をしましたら根が強く大変でした

こんにちは神経痛・腰痛治療の三村鍼灸指圧院です。

「薬膳で治す」(時事通信社)(新井裕久、倪曉、中山裕子)より引用

陰虚体質(ほてり体質)の薬膳献立例

豚肉ときくらげの炒め物

解説
豚肉=味は甘、鹹 性は平、帰経は脾・胃・腎経。効能は補陰、補血。
応用として貧血、めまい、体力衰弱、空咳、口渇、便秘などに

鶏卵=味は甘、性は平、帰経は新・脾・胃・腎経。
効能は補気、補血、養心安神、
応用として口渇、遺精、肺結核、喀血、生理不順、脱毛、いらいら、不眠などに、

きくらげ=味は甘、性は平、帰経は胃・大腸経。
効能は補陰、補気、
応用として便秘、足腰の無力感、気虚による下痢、血便、痔など

〒121東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2014年05月26日 22時03分09秒

薬膳で治す

5月22日

こんにちは神経痛・腰痛治療の三村鍼灸指圧院です。

「薬膳で治す」(時事通信社)(新井裕久、倪曉、中山裕子)より引用

陰虚体質の薬膳献立例

豚肉ときくらげの炒め物

(豚肉(補陰、補血)、卵(補陰、補血、補気)、きくらげ(補陰、補気)

材料(4人前)

豚もも肉(薄切り)150g、卵3個、ネギ1本、生姜1かけ、
きくらげ(干し)大さじ3、塩小さじ1/2、こしょう少々、油大さじ4、

作り方
1、豚肉150gは一口大に切っておきます、卵3個は割ってほぐして
  おきます。

2、きくらげはたっぷりの水にもどし、よく洗い水けを十分切っておきます。
  ねぎ1本1cmの斜め切りにしておきます。生姜は薄切りにしておきます。

3、鍋を熱しあぶら大さじ3をいれ1の卵を加え、ふんわりとしたい卵を作り
  別皿にとります。

4、3の鍋に油大さじ2を足し、生姜を炒め、香りが出てきたら豚肉をいれて
   
  強火で炒め、ねぎ、きくらげを加えて炒め、塩小さじ1/2、コショウ少々、
   
  を加えて調味し、最後に3の卵をもどし、さっとかき混ぜて仕上げます。

〒121東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2014年05月21日 23時46分50秒

薬膳で治す

5月10日
こんにちは神経痛・腰痛治療の三村鍼灸指圧院です。
引っ越しのためブログを休んでしまいました。すみませんでした
「薬膳で治す」(時事通信社)(新井裕久、倪曉、中山裕子)より引用
陰虚体質の治療
代表的な漢方薬

六味丸、知柏地黄丸、杞菊地黄丸、などがあります。
食物
1、 補陰の働きのある食物を積極的にとります。
2、 生津のある食物(補陰食物より滋養作用が少し弱い)を積極的にとります。
3、 清熱作用のある食物を積極的にとります。ただし熱証の症状が強い場合ある、
4、 補血の働きのある食物を積極的にとります。
5、 健脾の働きのある食物を積極的にとります。
6、 補陽の働きのある食物を適宜とります。ただし熱証の症状のある場合は取らないほうが良いです。
7、 補気の働きのある食物を適宜とります。
取りすぎないほうがよい食物
辛味では温熱性のもの、例えば生姜(味は辛、性は温)コショウ(味は辛、性は熱)、からし(味は辛、性は熱)唐辛子(味は辛、性は熱)などがあります。
辛味のものは発散作用があります、温熱性のものは熱証をひどくする傾向があります。取りすぎると陰液を発散・消耗し陰虚をひどくしてしまう心配があります
〒121東京都足立区竹ノ塚6−9−7オークビル201
三村整骨院・三村鍼灸指圧院 ☎03−3859−5653

Posted at 2014年05月10日 11時37分08秒